スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弘前




既に一か月以上前になるけど、1週間かけて巡った東北夏祭りツアー。
画像を保存していたラップトップの不具合で、データが消えてしまったかも・・・という事態に見舞われたけれども、無事にPCは復旧。理由は、マザーボードの問題という、実にアナログなものだった。

そんな訳で、青森ねぶたの後をようやく思い出しながら書くことができる。
良かった。


青森にてねぶたを見たあと、ホテルに戻ってきて色々とWEBで調べていると、この時期東北のほぼ全ての有名な夏祭りが同時に開催されていることがわかった。


東北まで車で数時間といえ、せっかくのこのチャンスは逃したくない。
さらに、ねぶた祭りの盛り上がりが耳に残っている自分としては、他の祭りの様子も気になる。


そこで、急きょ翌日からの予定を全部入れ替えて、各県を回るスケジュールを組み直しす。
祭りの日程と照らし合わせて、徐々に南下するルートを取った。

次の目的は、弘前でねぷたを見ること。

青森を出発したのは10時頃。どうしても、田酒を買って帰りたかったのでホテルの人に聞いたところ、都心(つまり東京)の方での人気が高まっているために、一般のお店に出回っていない可能性が高いということ。それでも、ここならあるかもという地元の酒屋さんを紹介されたので、そこまで歩いていった。

青森港にほど近いところ、あまり人通りのない場所にポツンとある酒屋。開店したばかりらしく、店主さんがバタバタとしているところをお邪魔した。

「あのー。田酒ってあります?」
「ええ。ありますよー。どれにします?」

と、あっさり見つかった。一升瓶を買い求めて3000円ほど。WEBで買うより安いなぁ、やっぱ。


アルヘンティーナに荷物と田酒を詰め込んで、いざ出発。
青森から弘前までは、国道7号線を延々と南下していく。50kmほどしか離れていないので、時間も1時間程度。この日は朝から雨で、一旦かなり強く降っていたけれど、弘前に到着した時はいったん晴れ間ものぞいていた。

青森に出発する前にホテルを取っていたんだけど、チェックインの時間まで数時間あったので、駅前のマックに入ってイーモバイルでWEBにつないで仕事。あらかたその日にやるべきことをそこで片づけてホテルに向かった。

チェックインを終えた後は、弘前ねぷたが始まる午後7時まで、街の中を探検することにした。

弘前は御存じのとおり弘前城の城下町で、さらに青森の中でもりんごの収穫量が一番。加えて、昔から海外との交易が盛んだったのか、洋風建築の古い建物も街中にあるらしい。フランス料理が有名らしけど、これもまたそうした影響によるものなのかな。

scsf20090911_hirosaki1.jpg

ホテルについたあたりから再びぽつぽつと小雨が降り出した中、まず向かったのは一番近いところにあった旧青森銀行の建物。正式名称は「旧第五十九銀行本店本館」というらしい。ぱっと見は、コンクリでできたような感じだけど、実際には木造建築。重要文化財に指定されている。

scsf20090911_hirosaki2.jpg

中は、青森銀行の歴史や、日本の貨幣の移り変わりを展示した1階と、当時の会議室の様子などをそのまま保存した2階に分かれている。こういう洋館は小樽や横浜、神戸といった港町に多いイメージがあったんだが、海からも遠い弘前に残っているのは、また不思議に感じる。

普段は入館が有料らしいけど、この日はねぷた祭りのためか無料開放していた。

この旧青森銀行のすぐ近くに、弘前城が。その堀に沿って歩いていると、出番を待つねぷたの山車が待機していた。

scsf20090911_hirosaki3.jpg

ご覧のとおり、青森ねぶたと弘前ねぷたは名前だけじゃなくて、山車の形も大きく違う。伝説上の人物や生き物を立体的に作っているねぶたに対して、弘前ねぷたは扇型の山車に描いているものが多い。これには理由があるらしいんだけど、それは後ほど。

立ち並ぶねぷたの山車を横目に、そのまま自分は弘前城へと足を運んだ。

甲子園から代官山-1000円ドライブ part37-




白熱の甲子園を後にし、アルヘンティーナに乗り込んで一路東京を目指す。
ガスを入れたり、渋滞を回避したりしてたら、いつの間にか尼崎の方まで車を走らせていた。土地勘が全くないから、ナビに従っていたら連れていかれた・・・って感じだった。

SCSF20090910_koshien1.jpg

高速乗る時には、青空が・・・。試合中はポツポツと雨が常に降っていた感じなのに。これが雨男の宿命なのか。ちぇ。


上の地図を見ればわかるけど、帰りは実家にテトを迎えに行くために中央道経由で帰ることに。このルートをよく自分は選択するんだけど、実際のところは東名で東京を通過してさいたままで行った方が圧倒的に近い。たぶん、100kmは違う。でも、気分的に違う道を通りたいんだよね。

しかも、旧名阪を走っていたら東名の渋滞が40kmって表示されていた。。。この日は夏休み最後の週末のひとつ前の週。家族で遠出をするのには条件が整っている時だったから、納得ではあるが。数十キロの渋滞に全力で向かうほどMでもない。

とはいっても、やはり彦根から一宮までの名古屋手前でいつも通りの渋滞に巻き込まれる。なんでここが混むんだか謎。陽がすっかり暮れたあたりで、ようやく中央道に入る。このルートはフェアレディZのスペックの高さを楽しむことができるから好き。どんなワインディングだろうが、高低差だろうが、ほぼ一定のスピードでしかも抜群の安定感で走ることができるのはほんと楽しい。

恵那峡で一回ストップした後は、甲府の先までノンストップ。

そして。笹子トンネルから小仏トンネルまでお決まりの渋滞。。。もう、深夜の時間帯だってのに。
小仏トンネルとか、その渋滞発生のメカニズムがわかっているんだから(トンネルの出口までが上り坂になっている為。単純にトンネルに入るまでと登りの速度低下が複合的に大渋滞を産む)、なんとかしてほしいなぁ・・・て。

圏央道を抜けて、関越道から川越ICまで。

SCSF20090910_koshien2.jpg

実家でテトさん拾って、代官山到着がほぼ予想通りの午前2時ぐらい。
最近、大阪-東京間はほぼ完璧に時間予想がたつようになってきた。

夏の甲子園 第91回全国高校野球選手権大会

SCSF20090905_koshien2.jpg

日曜日。甲子園球場に昼過ぎに到着。
本当なら準決勝の2試合見ようかな、とも思ったんだけど、新世界で串カツとか食べてたら遅くなった。

車で高速道路を走らせて兵庫まで。30分ほどで到着して、駐車場を探したんだが・・・どこも満車で見つからない。しかも、夏の甲子園の時期だけ特別料金とかいって、倍ぐらいの値段に跳ね上がっているんですけど。それでも、甲子園駅からほど近いわかり難い住宅地の中で空車の駐車場を見つけて、なんとか球場に向かうことができた。

当然チケットは当日券なんだけど、球場に近づくと。。。すごい行列ができている。これから見る試合は、中京大中京-花巻東の試合。優勝候補筆頭のチームと春の甲子園準優勝で、今大会No.1ピッチャーがいるチームの対戦だけに、注目されているのはわかっていたんだけどまさかこれまでに人手とは。

どうやら内野席は全て完売、無料開放されている外野席は中に入ることすら困難だと。
そこで、最後に残っていた500円のアルプス席のチケット行列に並ぶことに。最初は三塁側の中京大中京の列に並んでいたんだけど、チケットの残数案内と列の長さを見ていたら、自分のところまで回ってこなそうと判断して、途中から一塁側の花巻東の列に並びなおした。

案の定、すぐに三塁側のチケットは完売。一塁側は15分程度並んでようやくチケットを購入することができた。そのまま並んでいたらどっちも買えなかったヨ。

SCSF20090905_koshien3.jpg

SCSF20090905_koshien4.jpg

出場校の旗なんかを眺めて、球場をグルっとまわり入り口へ。神宮球場を思い出させるような通路を通り抜けてアルプススタンドへ辿り着いた。

SCSF20090905_koshien5.jpg

既に試合は始まっていて、場内は超満員。
なんとか空いている席を見つけて試合を楽しみ始めた^^。

SCSF20090905_koshien7.jpg

丁度3回の裏あたり。花巻東は、エースピッチャーが怪我で試合に出ていなかった。

SCSF20090905_koshien6.jpg
SCSF20090905_koshien8.jpg

それにしても、人の熱気が凄い。アマチュアの試合にここまで人が集まるってのが、日本が野球では世界トップクラスの理由なんだろうなぁ。

SCSF20090905_koshien9.jpg

試合は途中から花巻東の投手陣がフルボッコにされて、ワンサイドゲームに。例のエースピッチャーも途中で痛みを堪えながら登板していたけど、150km/h以上の速球どころか130km/h程度の球を投げるのがやっとらしく、ホームランなんかも喰らってノックアウト。とにかく中京大中京の強さが光る試合だった。

SCSF20090905_koshien11.jpg

結局試合は11-1で終了。最終回は、スタンドの一番前で見ていたんだけど、得点差がつきすぎて呆然としている応援団の人も多かったけど、プロの試合と違って途中で帰る人もおらず、祈るように最後まで声を出している姿はいいものを見た感じ。

SCSF20090905_koshien10.jpg

試合が終わって、応援団に挨拶に来る選手達。みんな泣いていたなぁ。例の1番のピッチャーは最後まで頭を下げていた。怪我で本来の力が出せなかったのは無念だろうね。

SCSF20090905_koshien1.jpg

スコアはこんな感じ。
母校が出たら、アツいだろうなぁ。。。
Next Page »

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。