スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弘前




既に一か月以上前になるけど、1週間かけて巡った東北夏祭りツアー。
画像を保存していたラップトップの不具合で、データが消えてしまったかも・・・という事態に見舞われたけれども、無事にPCは復旧。理由は、マザーボードの問題という、実にアナログなものだった。

そんな訳で、青森ねぶたの後をようやく思い出しながら書くことができる。
良かった。


青森にてねぶたを見たあと、ホテルに戻ってきて色々とWEBで調べていると、この時期東北のほぼ全ての有名な夏祭りが同時に開催されていることがわかった。


東北まで車で数時間といえ、せっかくのこのチャンスは逃したくない。
さらに、ねぶた祭りの盛り上がりが耳に残っている自分としては、他の祭りの様子も気になる。


そこで、急きょ翌日からの予定を全部入れ替えて、各県を回るスケジュールを組み直しす。
祭りの日程と照らし合わせて、徐々に南下するルートを取った。

次の目的は、弘前でねぷたを見ること。

青森を出発したのは10時頃。どうしても、田酒を買って帰りたかったのでホテルの人に聞いたところ、都心(つまり東京)の方での人気が高まっているために、一般のお店に出回っていない可能性が高いということ。それでも、ここならあるかもという地元の酒屋さんを紹介されたので、そこまで歩いていった。

青森港にほど近いところ、あまり人通りのない場所にポツンとある酒屋。開店したばかりらしく、店主さんがバタバタとしているところをお邪魔した。

「あのー。田酒ってあります?」
「ええ。ありますよー。どれにします?」

と、あっさり見つかった。一升瓶を買い求めて3000円ほど。WEBで買うより安いなぁ、やっぱ。


アルヘンティーナに荷物と田酒を詰め込んで、いざ出発。
青森から弘前までは、国道7号線を延々と南下していく。50kmほどしか離れていないので、時間も1時間程度。この日は朝から雨で、一旦かなり強く降っていたけれど、弘前に到着した時はいったん晴れ間ものぞいていた。

青森に出発する前にホテルを取っていたんだけど、チェックインの時間まで数時間あったので、駅前のマックに入ってイーモバイルでWEBにつないで仕事。あらかたその日にやるべきことをそこで片づけてホテルに向かった。

チェックインを終えた後は、弘前ねぷたが始まる午後7時まで、街の中を探検することにした。

弘前は御存じのとおり弘前城の城下町で、さらに青森の中でもりんごの収穫量が一番。加えて、昔から海外との交易が盛んだったのか、洋風建築の古い建物も街中にあるらしい。フランス料理が有名らしけど、これもまたそうした影響によるものなのかな。

scsf20090911_hirosaki1.jpg

ホテルについたあたりから再びぽつぽつと小雨が降り出した中、まず向かったのは一番近いところにあった旧青森銀行の建物。正式名称は「旧第五十九銀行本店本館」というらしい。ぱっと見は、コンクリでできたような感じだけど、実際には木造建築。重要文化財に指定されている。

scsf20090911_hirosaki2.jpg

中は、青森銀行の歴史や、日本の貨幣の移り変わりを展示した1階と、当時の会議室の様子などをそのまま保存した2階に分かれている。こういう洋館は小樽や横浜、神戸といった港町に多いイメージがあったんだが、海からも遠い弘前に残っているのは、また不思議に感じる。

普段は入館が有料らしいけど、この日はねぷた祭りのためか無料開放していた。

この旧青森銀行のすぐ近くに、弘前城が。その堀に沿って歩いていると、出番を待つねぷたの山車が待機していた。

scsf20090911_hirosaki3.jpg

ご覧のとおり、青森ねぶたと弘前ねぷたは名前だけじゃなくて、山車の形も大きく違う。伝説上の人物や生き物を立体的に作っているねぶたに対して、弘前ねぷたは扇型の山車に描いているものが多い。これには理由があるらしいんだけど、それは後ほど。

立ち並ぶねぷたの山車を横目に、そのまま自分は弘前城へと足を運んだ。
スポンサーサイト

甲子園から代官山-1000円ドライブ part37-




白熱の甲子園を後にし、アルヘンティーナに乗り込んで一路東京を目指す。
ガスを入れたり、渋滞を回避したりしてたら、いつの間にか尼崎の方まで車を走らせていた。土地勘が全くないから、ナビに従っていたら連れていかれた・・・って感じだった。

SCSF20090910_koshien1.jpg

高速乗る時には、青空が・・・。試合中はポツポツと雨が常に降っていた感じなのに。これが雨男の宿命なのか。ちぇ。


上の地図を見ればわかるけど、帰りは実家にテトを迎えに行くために中央道経由で帰ることに。このルートをよく自分は選択するんだけど、実際のところは東名で東京を通過してさいたままで行った方が圧倒的に近い。たぶん、100kmは違う。でも、気分的に違う道を通りたいんだよね。

しかも、旧名阪を走っていたら東名の渋滞が40kmって表示されていた。。。この日は夏休み最後の週末のひとつ前の週。家族で遠出をするのには条件が整っている時だったから、納得ではあるが。数十キロの渋滞に全力で向かうほどMでもない。

とはいっても、やはり彦根から一宮までの名古屋手前でいつも通りの渋滞に巻き込まれる。なんでここが混むんだか謎。陽がすっかり暮れたあたりで、ようやく中央道に入る。このルートはフェアレディZのスペックの高さを楽しむことができるから好き。どんなワインディングだろうが、高低差だろうが、ほぼ一定のスピードでしかも抜群の安定感で走ることができるのはほんと楽しい。

恵那峡で一回ストップした後は、甲府の先までノンストップ。

そして。笹子トンネルから小仏トンネルまでお決まりの渋滞。。。もう、深夜の時間帯だってのに。
小仏トンネルとか、その渋滞発生のメカニズムがわかっているんだから(トンネルの出口までが上り坂になっている為。単純にトンネルに入るまでと登りの速度低下が複合的に大渋滞を産む)、なんとかしてほしいなぁ・・・て。

圏央道を抜けて、関越道から川越ICまで。

SCSF20090910_koshien2.jpg

実家でテトさん拾って、代官山到着がほぼ予想通りの午前2時ぐらい。
最近、大阪-東京間はほぼ完璧に時間予想がたつようになってきた。

甲子園で高校野球-1000円ドライブ part36-




高校野球を生で見たい・・・そんな思いつきで、アルヘンティーナに乗り込み大阪へ向かう。
既に月一回ペース以上で大阪に車で行っていると、東名高速の道は見慣れてきた。

SCSF20090905_osaka1.jpg

いつも圧巻されるナガシマSPAランドのギネス級のジェットコースターを見て、関西へ。
今回は、夜中に出発するつもりが、寝過ごして早朝に東京を出たので、大阪に入ったのが正午過ぎになった。

SCSF20090905_osaka2.jpg
SCSF20090905_osaka3.jpg

昼間に大阪市内に入ったので、高速料金も若干高め。

そのまま、難波のホテルで一晩を過ごす。

SCSF20090905_osaka4.jpg
チェックイン直後。

SCSF20090905_osaka5.jpg
夜の大阪。

翌日は、いよいよ甲子園へ。

東北夏祭りツアー 盛岡から青森。 -1000円ドライブ part35-




翌日。
宿泊した雫石プリンスホテルはゴルフ場(冬はスキー場)と併設されているので、入り口もそれっぽい作り。岩手県の最高峰である、その名も岩手山が正面に見えた。

scsf20090819_tohoku9.jpg



ねぶたが始まる夜の7時までに青森につけばいい・・・と、時間に余裕が出たのでもう一度盛岡市内まで戻って、お昼を食べることに。


実は、前日にさんさ踊りについて調べようと思ったら、ホテルの部屋にネットが繋がっておらず、さらにイーモバイルの圏外だった為に、ケータイでモブログを見て回っていた。

そしたらば、東北の祭りを巡る・・・なんていうブログを発見。所謂4大祭りをはじめとした東北の夏祭りがこの時期に集中して開催されることを初めて知る。そのモブログでは、まずさんさ祭りを見てから青森のねぶたを見に、電車で移動するルートを取っていた。

記事を読んでいると、盛岡では前沢牛の焼肉駅弁を食した、とある。

これは美味そうだ。
たしかに、車で移動していると駅弁みたいな楽しみはあんまりないかもしれん。

そこで、盛岡駅で前沢牛弁当を探すことにした。
駐車場に車を止めて、駅の方を見ると人だかりが見えた。

scsf20090819_tohoku10.jpg


近くまで寄ってみると、ミスさんさやら、ミス太鼓やらが集まってパフォーマンスとさんさ踊りのPRをするらしい。

ミスさんさの皆さん。

scsf20090819_tohoku11.jpg


ミス太鼓とともにさんさ踊りを披露するミスさんさ。

scsf20090819_tohoku12.jpg


wikiで調べると、いわゆる東北三大祭りと比べると知名度が低く、歴史も浅いみたい。
盛岡地方に伝わる伝統の踊りを統合して、パレードとしてイベント化したものらしい。

この日の午前中の盛岡は、とにかく暑かったので、PRイベントは軽く見て、すぐに涼しい駅構内の弁当屋に向かった。無事、前沢牛弁当を発見。

scsf20090819_tohoku13.jpg


日陰になっている駅前のベンチに座り込んでもぐもぐと食べる。この弁当、中で瞬間的に温める機能付き(石灰かなんかの化学反応を利用するものだと思うけど)で、駅弁なのにホッカホカの状態で味を楽しめる。

いやぁ、これがまた美味い。吉野家も美味しいが、肉の質は違うねぇ。

scsf20090819_tohoku14.jpg


無事、目的のお昼も食べれたので、盛岡を出発。
再び東北道を走って、青森に到着したのは16時ぐらいだった。



しかし。

盛岡から高速に乗った時の青空。

scsf20090819_tohoku15.jpg


青森に到着した時には曇り空。

scsf20090819_tohoku16.jpg
(ちなみに、週末割引でこの区間1000円。)


さらに市街に入ってきたら、雨が降ってきたお。


orz



この日の夜は、祭り開始当日ということもあって、出発前に青森駅前のホテルを確保していたのでそこまで車を走らせてチェックイン。

しかし、この小雨とはいえ、この雨の中ねぶた祭りは開催されるのか心配だったけど、どうやら雨の日はビニールを山車に被せて行うから、よっぽどの大雨じゃなければ予定通り行われるらしい。


それを聞いて安心したので、青森名物を食べに行くことにした。

scsf20090819_tohoku23.jpg

ホテルからスグ近く、青森駅からも徒歩数分のところにある居酒屋、「小政」。

scsf20090819_tohoku18.jpg

いかにも、地元の店って感じの酒のラインナップと料理メニュー。
ねぶた前ってことで、店内がめちゃめちゃテンパっていて、凄い勢いで店主のご夫婦がカウンターの向こうで動いている。たまたま、お店に入れたんだけど、席が空いているのに注文が捌けていなくて、その後のお客さんは全部断っていた。チェーン店みたいなところだと許せないけど、そういうところも、また微笑ましい。


魚の中で一番好きといってもいいニシン。

scsf20090819_tohoku19.jpg


食感が楽しい、つぶ貝。

scsf20090819_tohoku20.jpg


魚介系の店に来ると無性に食べたくなるイカ。

scsf20090819_tohoku22.jpg


そして、メインイベント。
帆立貝焼きみそ。

scsf20090819_tohoku21.jpg

貝焼き味噌(かいやきみそ、かやきみそ)とは青森県津軽地方を中心に伝わる郷土料理である。味噌貝焼き(みそかやき)とも呼ばれ、特に秋田県では後者の方が一般的である。ホタテガイの殻を鍋の代わりとし調理することからこの名が付けられた。

作り方
大振りのホタテガイの貝殻に水を入れて火にかけ、焼き干しなどでだしをとり、味噌、とき卵を加え半熟のうちに火からおろす。現在では好みに応じ、豆腐、ネギ、カレイの切り身、ホタテなどを入れる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


美味すぎる。これがまた、店の外か伝わってくる祭りの雰囲気も手伝って、地元の名酒、「田酒」とめちゃめちゃ合う^^。東北の料理は日本酒で楽しむのが一番。


お腹も満たされたところで、いよいよねぶたが始まる。

東北夏祭りツアー まずは盛岡。 -1000円ドライブ part34-




事の発端は、仙台と盛岡での仕事が入ったこと。
週末から車で向こうに行って、空いている時間でどこか見て回ろうかなぁ、なんてポチポチと調べていたら、青森のねぶたがその週末から始まることを知った。

ふむ。行っておくか。

と、軽いノリで土曜日の夕方に出発。
家を空けている期間が長いので、テトは妹夫婦のところで姪っ子のちはるの幼稚園の夏祭りを見に行ってる両親に預けることに。妹夫婦は茨城の守谷というところに住んでいるので、そこまでまずは首都高と常磐道を乗り継いで到着。

ちはるの幼稚園に到着して、ついでにちはるがお神輿を担ぐ姿を見て、テトをお願いしますと預けて守谷を出発。

scsf20090819_tohoku1.jpg



scsf20090819_tohoku2.jpg

scsf20090819_tohoku3.jpg

scsf20090819_tohoku4.jpg

通常だったら浦和から東北道を行くんだけど、茨城からだと常磐道から磐越自動車を経由して郡山の先で東北道に合流する方が速い。なんだかんだと途中で時間をくってしまったために、予定よりも2時間ほどビハインド。

今回は走れるアルヘンティーナ(Z33)での移動とはいえ、仙台を過ぎた頃には既に夜8時をまわってしまっていた。盛岡まで1時間程度だが、青森までとなるとさらに200kmほど走らないといけない。確実に深夜だし、ねぶた開催前の青森で宿が確保できるかわからない。最悪ネットカフェで一夜を過ごすことになるが、運転時間が長かっただけに、ちょっとそれは避けたい気分になった。

そこで、ケータイから盛岡のホテルを確保。
9時をちょっと過ぎたあたりで盛岡駅前に到着していた。

scsf20090819_tohoku5.jpg

scsf20090819_tohoku6.jpg

scsf20090819_tohoku8.jpg


ちょうど、盛岡では「さんさ祭り」という世界最大の太鼓パレードの夏祭りが始まった日らしく、駅からちょっと離れた繁華街は結構な人で賑わっていた。

どうせ盛岡に来たんだから、とりあえず冷麺を食べたい・・・と思ったんだけど、土地勘がなく、さらに時間的な余裕もなかったもんで、適当なお店で冷麺を食べる。

うん、美味しいんだけど。果たして、これが両親が絶賛していた冷麺の本当の実力なんだろうか!?なんて思いながら、とりあえずホテルに向かった。

ホテルは盛岡から少し走ったところにある雫石のプリンスホテル。

とりあえず、あっという間に寝てしまったのだけど、ねぶた祭りを見に行くだけのつもりが、この日にさんさ祭りを知ったことで、大きく後日の予定が変わるのであった。

神戸ドライブから東京 -1000円ドライブ part33-



Mと別れて、東京に向かう。
途中で、甲子園球場を外から眺める。


scsf20090819_kobe12.jpg

次の高校野球は見に来るか。
甲子園ボウルも見てみたいし。


帰り道は、旧名阪道路を利用。東名阪がやたらと混んでいたんで、回避した。
飲茶を食べたのが結構遅い時間だったんで、tomoちゃんも自分もイマイチお腹が空かず。

来る時にも寄った浜名湖SAでスタバを買って、ついでにテトのおトイレの為にちょっと散歩。

名古屋を抜けたらいたって順調で、ほぼ予定通り午前1時ぐらいに東京に到着。
恐らく、こんだけ長い時間車に座っているのが慣れていないtomoちゃんにはちょっとキツかったかな。
途中で仮眠していたけど、ほんとお疲れ様^^。

Kobe Ramble day2

scsf20090819_kobe1.jpg

神戸2日目。

tomoちゃんとMを迎えに行くまでに時間があったので、ペットホテルでテトをピックアップして近くで朝マック。

指定の時間が来たので二人を車で拾って、灘にある酒蔵をめぐることに。
灘五郷と呼ばれるあたりは、日本一の酒造業地帯で、多くの酒蔵が軒を連ねているらしい。前日に六甲山に向かう途中でその付近を通り、気になったので足を運ぶことにした。


まず訪れたのが、神戸酒心館。「福寿」と酒蔵があるところ。
入り口は、古い門構えだけど、中は会社っぽいビルになっている。

scsf20090819_kobe3.jpg

scsf20090819_kobe2.jpg


見学できる場所には、コンサートホールみたいなスペースがあって、そこでのイベントを準備していた。小売をしているスペースでは試飲と様々なこの酒蔵の日本酒が買えるんだけど、ドライバーの自分は試飲を自重。

国際コンテストで1位を取ったという純米吟醸酒を購入。
東京に戻った後に飲んだんだけど、これはかなり美味しかった。いい日本酒は、あのクセのある甘みがなくて、水のように飲むことができる。



scsf20090819_kobe4.jpg

次に訪れたのは白鶴。CMでも知られている大手メーカーだけに、敷地もかなり広い。
色々と歴史を調べていて初めて知ったんだけど、よく知られている白鶴と菊正宗は、柔道の創始者である嘉納治五郎が出身の「加納家」の一族で、地元でも屈指の名士ということ。この二つの会社が、日本で屈指の進学校である灘高校を創設したのも知らなかった。


scsf20090819_kobe5.jpg

テトはもちろん中に入れないので、外でお留守番。


scsf20090819_kobe6.jpg

先ほどの神戸酒心館と同じく、記念館があるので、その中を見学。
酒を造る過程を、佐渡の金山のように人形を使って展示してある結構大掛かりなものだった。

大手メーカーってこともあって、なんとなくお酒を買う必要を感じず、何も購入せずに出発。

scsf20090819_kobe7.jpg

すでにお昼ぐらいになっていたので、酒造巡りは終わりにして次に向かったのは元町高架下。
東京でいえば、上野のような場所。若者向けの店が結構多く、B系や109のような商品を扱う服屋が目についた感じ。ただ、M曰く、結構店の入れ替わりが激しくて、流行によって並んでいる商品がコロコロ変わるんだとか。


scsf20090819_kobe8.jpg

scsf20090819_kobe9.jpg

向かったのはそんな高架下の外れにある中華料理屋、「老香港酒家 小菜館」
三宮駅のすぐ近く。

食べ放題の香港式飲茶三昧を堪能^^。
飲茶は特にオーストラリアにいた時に良く食べた。シドニーには中華街があったし、何よりも料金が安かったから。横浜の中華街にはよく行くけど、なぜかあんまり食べないんだよね飲茶は。

もりもりもワゴンで運ばれてくる料理に、目を輝かせるMと自分。小食のtomoちゃんは途中でギブアップしていました。あんまり食べれない女の子は不利だよなぁ、こういう食べ放題って。

飲茶で好きなのは「鶏の足」。豚足のように、コラーゲンたっぷりで、ムチっとした食感がたまらない。


scsf20090819_kobe10.jpg

scsf20090819_kobe11.jpg

tomoちゃんはどちらかというと、デザートが目当てだったようで、飲茶を食べた後に神戸中華街に移動。そこで、下調べをしていたマンゴーのカキ氷のお店に。なんかモリモリと盛られたボリューム満点のカキ氷をtomoちゃんは楽しそうに食していた。

ここのカキ氷、氷が粉雪のような感じで独特の味。トッピングが色々と乗っているからか、あんまり頭がキーンとなるような冷たさじゃくて、美味しい。


その後、お土産を買ったりしているうちに、神戸を出発する時間が。
Mを自宅まで送り届けて、色々とお礼を伝えてtomoちゃんと東京に向けて出発した。




Kobe Ramble

scsf20090816_kobe1.jpg

上の写真は、大阪市内の高速に入った時のお値段。
さらに、大都市料金が別に加算されるので、東京インターから神戸までは3000円程度になる。

てか・・・。豪雨。

すっかりこの数ヶ月で雨男に成り下がった自分すら凹むほどの雨が打ちつける。

大阪市外を抜けて、神戸に到着した時には幸い雨は小降りになっていましたがね。


兵庫駅でMと待ち合わせ。大きなお腹を抱えて、ヨチヨチとやってきた。予定日まで一ヶ月ぐらいになると、ここまで張るのだねぇ。先月会った時よりも、さらにひとまわり大きくなった感じ。

名付け親のMと初めて対面するテト。いつも通りシッポを振りながら愛嬌を振舞っているけど、ゴッドマザーなんだからね^^。しっかりとその出会いをかみ締めなさい、テト。

scsf20090816_kobe2.jpg

とりあえず、tomoちゃんも自分もお腹が空いていたので、Mオススメのイタリア料理のお店に。「OTTO」というところ。たぶん、イタリア語で「8」を意味するんだと思う(スペイン語で8がochoだから)。

須磨海浜公園の横にあるんだけど、カジュアルで美味しかった。ピザはなかなか。

scsf20090816_kobe3.jpg

scsf20090816_kobe4.jpg

その後、ちょっとMのご実家に立ち寄って、Mの愛犬ハオに久しぶりの対面。
昔は、もっと黒いトイプーだったんだけど、だいぶ白っぽくなっているのはテトと一緒。相変わらず落ち着きがなくて、チョコチョコしてたけど。3年振りだったから、あんまりハオは自分のコト覚えていないみたいだった。ちょっとさびしい。

scsf20090816_kobe5.jpg

scsf20090816_kobe6.jpg

scsf20090816_kobe7.jpg

scsf20090816_kobe8.jpg


その後、どうしよっかということになり、なんとなくフィリーに乗ることに。
神戸の港を一周するルミナスという船に乗り込んだんだけど・・・。


3人ともクルージングの半分以上を爆睡。

まぁ、ほとんど昨晩から寝ていなかったからね。。。

明石海峡大橋に近づいた所で目が覚めて、写真をパチリ。
四国に行った時に渡ったけど、海から見るとまた違った印象。


scsf20090816_kobe9.jpg

scsf20090816_kobe10.jpg

その後は、港を眺めながら神戸ハーバーランドで網焼き。
海鮮を中心に美味しく頂く。

夕食を終えた後、一旦自分は近くのホテルにチェックイン。テトは併設されているペットホテルに預け
て、六甲山からの神戸の夜景を見に行くことにした。

六甲山からの展望台はいくつかのスポットがあるんだけど、一番アクセスが良くて、さらに気象に影響されないという「鉢巻展望台」に向かうことに。灘区から、ひらすら道を登っていくんだけど・・・。

この登り道がハンパない。

いろんな道を運転したことがあるけど、これだけの斜面でカーブがキツイ道ってそんなに経験がない。それが、神戸市街地からスグのところにあるのが凄い。

今回の神戸には、アルヘンティーナ(フェアレディZ Z33)ではなく、ブランコ(デリカ スーパーエクシード)で来ていたので、エンジンがヒーヒー悲鳴をあげていた。

そんなこんなで、なんとか鉢巻展望台に到着。
駐車場には結構な数の車が停まっている。3人ともテクテクと展望台に向かって下を眺めると・・・。





scsf20090816_kobe11.jpg

濃い霧で夜景がよく見えない・・・。

ほとんど、霧が出ない展望台って聞いていたのに・・・。
タイミングが悪いっていうか、雨男の自分が悪いっていうか・・・。


霧が晴れるまで待つ時間はないので、そのまま戻る途中で高度が下がったらだいぶ視界が良くなっていた。

scsf20090816_kobe13.jpg

本当なら、展望台からこれぐらいの明るさで見えたはずなのに。


朝から盛りだくさんだった一日も、Mのところに泊まるtomoちゃん二人を送り届け、自分は元町駅近くのホテルに戻って終了。

すっかり疲れていたらしく、買ってきたお酒を開けることもなく、ベッドで眠りに落ちていた。

神戸ドライブ -1000円ドライブ part32-




TOMOちゃんと、もうすぐ赤ちゃんが生まれてくるMに会いに行こうよということになり、金曜日の夜中に東京を出発。おたがい、グダグダしていたこともあって予定より1時間ほど遅い夜中の3時になってしまった。今回は、名づけ親のMに初対面させるために、テトも一緒。

ここ三ヶ月で4回目の関西への運転だけど、全部雨が降っている・・・。静岡あたり、ちょうど先日の地震で崩れてしまった地点でもはや豪雨。このあたりは2車線かつ大型トラックの往来が激しいので、雨がキツイと運転に気を使う(この時は、地震の前だったので普通に通行できた)。

豊橋あたりで夜が明けてきた。東名から外れて、伊勢湾岸自動車に。この途中にナガシマスパーランドという富士急のような遊園地があるんだけど、このジェットコースター(スチールドラゴン2000ていうらしい)の眺めは異常・・・。落差約100mて。



正直、乗りたくない・・・。

毎回渋滞する東名阪自動車道をノロノロと走って、新名阪に合流。
大阪市内は混んでいたみたいだけど、今回は神戸まで一気だったのでスムーズに京橋ICまで。高速を降りて、兵庫駅前に11時に到着。

走行距離:526km

新潟から帰京 -1000円ドライブ part31-





出雲崎町ゆかりの人は、良寛や芭蕉だけじゃく、こんな有名人もいる。

scsf20090814_izumozaki1.jpg

ジェロ。

彼の人生と出雲崎がどういう関係があるかしらなけど、デビュー曲「海雪」の歌詞に、

「あなた 追って 出雲崎  悲しみの日本海♪」

というサビがあるのは知っている。
出雲崎町観光協会のHPのトップにもジェロが出ているし。

民家のあちらこちらにこのステッカーが貼られていたから、地元じゃぁ人気者っぽい。


だんだんと暗くなり始めて、さらに雨も降り出したので、アルヘンティーナに乗り込んで出発。
北陸自動車道から関越自動車道を走らせて埼玉東松山ICで下道に。


scsf20090814_izumozaki2.jpg

関越道では東松山から先が大都市圏と規定されているので、ここまでで1000円。
実家にテトを迎えに寄って、首都高にて代官山に。

佐渡島、本当なら、4~5日滞在したかったところ。
トキや、北側の豊富な自然が見れなかったのはちょいと残念。

通常の佐渡フェリーは往復でアルヘンティーナのサイズ(5m未満)で3万弱。
やっぱり往復2000円てのは魅力的すぎるキャンペーンだったなぁ。
300km程度と、距離もさほど遠くないのも良かった^^。

走行距離:306km
Next Page »

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。