スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

越後 出雲崎 「荒海や 佐渡によこたふ 天の河」 -奥の細道 part2-

scsf20090813_izumozaki1.jpg

出雲崎町
良寛の出生地で、松尾芭蕉の奥の細道にも登場した。江戸時代には幕府直轄の天領地となり、北前船の寄港地、佐渡島からの金銀荷揚げの地として栄えた。日本における「近代石油産業発祥の地」であり、紙風船の生産日本一でもある。遠浅の海が広がり、夏になると臨海学校に県外から生徒が訪れる。2008年、黒人演歌歌手ジェロの海雪の舞台となった。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


実際に行ってみて感じたが、出雲崎は芭蕉やジェロよりも、良寛出生の町という方が有名らしく、あちらこちらに良寛ゆかりの地が点在していた。

とりあえず、芭蕉の銅像があるという「道の駅 出雲崎町越後天領の里」という海に面した場所にアルヘンティーナを停め、テクテクと歩いてその芭蕉の像を探してみる。


scsf20090812_izumozaki5.jpg

発見。海、さらにこの日は天気が悪くて見えなかったけど、佐渡の方向いて設置されている芭蕉像。


scsf20090812_izumozaki6.jpg

後ろには、荒海やの句が記されている。


scsf20090812_izumozaki7.jpg

しっかし、なんか簡単なアスレチックが設置されているような公園にポツンとあるんだもんな・・・。
子供がよじ登ったりしてたけど、芭蕉像に。


scsf20090812_izumozaki8.jpg

この天領の里という道の駅には、海側に数十m伸びた「夕凪之橋」のという展望台のようなものが設置されていて。その先端までテクテクと歩いていくと、鎖と小さい錠前があちらこちらにひっかっけてあった。


scsf20090812_izumozaki9.jpg

どれにも、何か願いが書いてあるんだけど、どうやら恋愛成就のようなものらしく。ここに鎖と錠前をつけると永遠の愛が成就するらしい。伊豆の恋人岬とか、海に面した場所にはこういう云われのところは多いよね。


scsf20090812_izumozaki10.jpg

出雲崎町は古い町並みを残そうとしているところらしく、こうした瓦屋根の家々がまだ見られる。
国道に並行する1本奥の道は、そうした家屋を残すための場所として指定していたり、観光地化の努力が見られる。

scsf20090813_izumozaki7.jpg

scsf20090813_izumozaki8.jpg

最初に書いたとおり、芭蕉おりも良寛生誕の地としてのアピールが強く、その屋敷跡にはお堂と日本海を向いた良寛の銅像が保存されている。


scsf20090813_izumozaki10.jpg

良寛生誕の地と並んだ、町並みを保存している通りには、芭蕉が宿泊したという宿とともに、芭蕉園という小さな公園がある。

scsf20090813_izumozaki11.jpg

芭蕉を偲んだ句碑。

荒海(あら海)や、の句は出雲崎を詠んだものではなく、ここからの佐渡を眺めることができたらしい。当時、佐渡島は流刑の地という認識が強かったので、日本海の遠くに見えた苦難を印象つける佐渡と、そこにかかっている美しい銀河の対比がこの一句となったと言われているとか。
銀河の序という一文に記されてるけど、出雲崎は宿泊した場所という記述のみというのも、イマイチ地元で芭蕉が盛り上がっていない理由なのかもしれない。
スポンサーサイト

宝珠山阿所川院 立石寺 「閑さや巖にしみ入る蝉の声」 -奥の細道 part1-

SCSF20090624_yamadera2.jpg

山形に来るにあたって、今回は事前に色々とネットで下調べをしていて。いつもいつも無計画だと、時間もロスするし、意外なところをスルーするから。ポチポチと山形周辺の情報を集めていた時に一番興味を引いたのが、この「立石寺」。

立石寺(りっしゃくじ)は、山形県山形市にある天台宗の寺院。山号は宝珠山。本尊は薬師如来。寺号は詳しくは宝珠山阿所川院立石寺(ほうじゅさんあそかわいんりっしゃくじ)と称する。山寺(やまでら)の通称で知られ、古来より悪縁切り寺として信仰を集める。寺名は古くは「りうしゃくじ」と称した。

元禄2年(1689年)に松尾芭蕉が旅の途中で訪れ、その時のことが『おくのほそ道』に書かれている。
また、当地で名句「閑さや巖にしみ入る蝉の声」を詠んでおり、参道に句碑がある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


もともと、1000円ドライブにテーマを持たせた方がモチベーションも上がると感じていただけに、車で奥の細道をまわってみるか、と。実際に松尾芭蕉の行った順番に巡るのは難しいのだけど、wikiにもある26ヶ所は年内にも行ってみようかな、と。

ちなみに、このカテゴリはいくつかある奥の細道の英訳から「The Narrow Road to Oku」をチョイス。理由は、この響きが一番個人的にしっくり来るから。

SCSF20090624_yamadera1.jpg

さくらんぼ狩りの翌日、当地の友人にお礼を告げて山形市内に向けて車を走らす。東根市から1時間弱で立石寺に到着。一般的には「山寺」と称されているらしく、最寄駅も「山寺駅」。


SCSF20090624_yamadera3.jpg

適当な駐車場にブランコを停めて、石段をあがっていく。


SCSF20090624_yamadera4.jpg

まずは、本堂。ブナ材の建築物では日本最古と言われている。


SCSF20090624_yamadera5.jpg

ここには恵比寿様がいて、体を撫でながらお祈りをすると願いが叶う?のだとか。
次々来る参拝客に撫でられてつるっつるの恵比寿様が。


SCSF20090624_yamadera6.jpg

本堂から、山道に向かうところには松尾芭蕉の像が。


SCSF20090624_yamadera7.jpg

こちらは、芭蕉と奥の細道を回った門下の曾良。


SCSF20090624_yamadera8.jpg

この「山門」から山寺の石段がスタート。入山料は300円。


SCSF20090624_yamadera9.jpg

一番奥まで800余段の石段が続く。無料でワンコも入ることが可能。
テトたんも一生懸命石段を登る。


SCSF20090624_yamadera10.jpg

まず見えてくるのが、この「せみ塚」。短冊にしたたられた芭蕉の句が、その下に埋められた石塚らしい。


SCSF20090624_yamadera11.jpg

これが「弥陀洞」。切立った石の壁に阿弥陀如来を似せて彫ったモノ。


SCSF20090624_yamadera12.jpg

すぐに「仁王門」が見える。あの運慶の弟子によるものと言われている。

SCSF20090624_yamadera13.jpg

ヒーコラ言いながら上がってきた山道も、仁王門を過ぎるとかなりの高さに。
振り返るとこんな景色が。


SCSF20090624_yamadera14.jpg

ガツガツ登っていくと、参道の終点である「奥の院」と呼ばれる如法堂にたどり着く。


SCSF20090624_yamadera15.jpg

奥の院、左側の「大佛殿」には阿弥陀如来が安置。
撮影はできるものの、禁止されているので当然自重。


SCSF20090624_yamadera18.jpg

これが奥の院全景。


SCSF20090624_yamadera17.jpg

一生懸命石段をあがってきたテトたんも、予想以上の勾配と暑さに、ちょいとお疲れ。


SCSF20090624_yamadera16.jpg

奥の院から華蔵院と呼ばれる山内寺院に行く途中に、重要文化財である「立石寺三重小塔」。
岩の中に安置されていて、作られたのは1519年。室町時代のこと。


SCSF20090624_yamadera19.jpg

立石寺で一番有名な絵図ら。百丈岩と呼ばれる岩の上に立つ納経堂と、その眼科に広がる景色。
これが、冬になると雪が積もってなんとも言えない景観になる。
納経堂は、この山内で一番古い建物で、県の指定文化財に。

SCSF20090624_yamadera20.jpg

納経堂の横にある開山堂。立石寺を開いた慈覚大師の遺骨が安置されている。


SCSF20090624_yamadera21.jpg

その開山堂の奥から、五大堂と呼ばれる展望台のような御堂に行ける。
山の上から見下ろすようなこの眺めはなかなか。

問題は300年近い歴史のあるこの建物の落書き。
こういうのをやる輩って、自分の行為を正当化する。特に海外から来たり、海外に行った人間ほど愚行に及んだりする。建物を傷つけたり、穴掘ってなんか埋めたりとか。たぶん、その場所に行ったことを証明するだけの自己満足なんだろうな。本当に残念な人たちだと思う。


SCSF20090624_yamadera22.jpg

再び開山堂の横を抜けて、今度は参道を下る。
下りはそんなに大変じゃなかった・・・というのは、それは気持ちの問題で、実は結構足にきていた。
朝方は雨が降っていたので、登るのが大変だなと思っていたけど、この時はかなり天気が良かったし。

しかし、この立石寺。かなり観光地化が進んでいて、山道も人がいっぱい。当然、話声が色々と聞こえて「静けさや」という雰囲気とはほど遠い感じ。芭蕉が訪れた夏とは、時代も様子も違うんだろうなぁ。

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。