スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Birthday

scsf20090903_doraemon.jpg

本日は、ドラえもんの誕生日・・・と、Googleのトップページを見て知った。

ドラえもんの誕生日に隠された秘密
 ドラえもんの誕生日は西暦2112年9月3日とされています。この誕生日について考えてみましょう。ドラえもんの誕生日をはじめ体重など、ドラえもんのデータに1, 2, 9, 3という共通の数字の組み合わせがあります。この数字にはどのような意味があるのでしょうか?
 実はこの数字、連載当時ドラえもんの連載の対象が小学4年生だったことから、のび太を小学4年生に設定しドラえもんを見下ろさない身長に設定するということからきてるらしいです。連載当時のどの統計を元にしたデータかが分からなかったので、あいにく当方では統計の確認をとることができませんでしたが、その当時の小学4年生の平均身長が129.3cmだったそうです。



へぇ。。。
ちなみに、ドラえもんは22世紀、これから103年後に誕生する設定になっている。
当然、自分は生きていないだろうけど、まだ100年以上あるのなら、あの突拍子のない道具達のいくつかは実現されててもいいかな。。。なんて。


それとは関係ないが、Mのベビが誕生。
ちょっと前のことだったらしいけど、無事出産を終えて落ち着いたMから、写メで生まれたばかりの女の子の画像が来た。

scsf20090903_baby.jpg

さすが、ハーフ・・・カワイイ。これだけ、くっきりとした二重の赤ちゃん見たことない。
スポンサーサイト

逝った。

仕事で愛用しているラップトップ、DELLのXPS M1530。

どこにいくのにも一緒で、1000円ドライブにおいてもイーモバとのコンビで大活躍してくれていたんだけど・・・。先日あるクライアントのところで、立ち上げようとした瞬間に、ブシューっと画面が暗くなった。

それで、立ち上がらなり・・・逝った。

ディスプレイかビデオカードに問題があるのかもしれないけれど、とにかく故障をしてしまったようだ。
以前、家のマシンがテトの体当たりで壊され、メモリがぶっ飛んだ経験から、仕事に関する重要なデータはサーバに分散して保存してあったんだけど。。。


旅の写真はまとめて、基本このマシンに保存していた。。。


旅先では、膨大な量の写真を撮影するので、1日ごとにカメラからデータを落としていたのが仇になった。そんな訳で、現在のとこ東北夏祭りツアーの記事を更新することが不可能に(なぜなら、写真を見ながら記憶を辿っていくので、画像がないと曖昧になってしまうから)。

本当なら、さらに自宅のiMacにデータを移していたんだが、今回は忙しさを理由にちょっと放棄していたら、これだもんなぁ。

友人に質問されたりするんだけど、最近のこのブログに関してはリアルタイムで更新をしておらず、東北ツアーは既に一か月も前の話。その後に、大阪行ったり、フェス行ったりしてるんで、記憶のみの記事のエントリはちょいと不確か。泣ける・・・。


明日、メーカーに修理に出すけど、データが消失していなければいいが。



はぁ。

2000km近く移動した東北の旅の思い出が消えていないことを祈る。

R.I.P. Michael

SCSF20090708_mj2.jpg

My Spaceのストリーミング中継にて、マイケル追悼式を。
開始予定の30分前、午前1時半から回線をつないでPCの前で待機。会場はLAにあるStaples Center。NBAのレイカーズのホームやグラミー賞が開催される場所として有名なところ。延々とその入口の様子が映し出されていて、ときたまジャクソンファミリーが到着すると彼らを追うカメラに切り替わる感じ。

SCSF20090708_mj3.jpg

予定時間の午前2時を過ぎた頃に、会場内の様子が映し出された。メインステージにモータウンの大御所スモーキー・ロビンソンがあがる。バックのスクリーンにはマイケルの姿が。

SCSF20090708_mj4.jpg

スモーキーは、会場に来なかったダイアナ・ロスとネルソン・マンデラのメッセージを朗読。
それが終わると再びカメラはアリーナの内外の様子を映し出す。

SCSF20090708_mj5.jpg

オークションで1億円とも言われたチケットを入手して入場した人々。
既に満席。

SCSF20090708_mj6.jpg

スクリーンの「1958-2009」の文字が悲しい。

SCSF20090708_mj7.jpg

15分以上が過ぎて、ようやくクワイアーによるゴスペルが。

SCSF20090708_mj8.jpg

同時に、黄色いネクタイで揃えたジャクソンファミリーの手によってシルバーの棺が運ばれてきた。
この中でマイケルが眠っているのだと思うと、切ない。

SCSF20090708_mj9.jpg

SCSF20090708_mj10.jpg

メインステージの前に安置される棺。
花を添えられた派手目のデザインがマイケルには良く似合う。

SCSF20090708_mj11.jpg

牧師がスピーチを開始。マイケルの魂を鎮めるように、やさしく語りかけている。
My Spaceは通訳がついていないんだが、この時は英語が喋れて良かったと思った。

SCSF20090708_mj12.jpg

静まる会場。スポットライトがあたる棺。

SCSF20090708_mj01.jpg

ここから、いよいよ豪華なメンバーによるステージが。
子供時代のマイケルがスクリーンに映し出され、大きな拍手とともに登場したのは・・・。

SCSF20090708_mj13.jpg

いきなり、マライア・キャリー。
当然、歌うのは1992年のMTV Unpluggedからシングルカットされた「I'll Be There」。
ジャクソン5の代表曲で、当時はオーストラリアに住んでいたけど、長い間ヒットチャートの上の方にいた名曲。

SCSF20090708_mj14.jpg

さらに、アンプラグドでも一緒に歌っていたトレイ・ロレンツも登場。
当時はかなり細身のベビーフェイスだったけどしばらく見ないうちにずいぶん雰囲気が変わったな・・・。
余談だけど、彼が参加しているgroove TheoryのTell Meという曲は絶品。

SCSF20090708_mj15.jpg
SCSF20090708_mj16.jpg

棺に眠るマイケルに捧げるように歌う二人。

SCSF20090708_mj17.jpg

青いジャケット姿のマイケルがスクリーン映し出されて、次に出てきたのは。。。

SCSF20090708_mj18.jpg

これまたブラック界の大御所、クィーン・ラティファ。90年代当初はラッパーとしての活躍が目立っていたけど、最近は女優の方のイメージが強い。
この日は、気が強いラティファねえさん、という印象はなく悲しそうにマイケルへのスピーチを読み上げる。

SCSF20090708_mj19.jpg

ラティファの次は、スクリーンを見てもおわかりのライオネル・リッチーが登場。
最近は娘の方が有名だな。。。

SCSF20090708_mj20.jpg

歌ったのは「Jesus is Love」というゴスペルナンバー。
そのせいか、あの独特のリッチー節な歌い方ではなかったけれども。

「We Are The World」をマイケルの作曲だと思っている人がいるけど、実際はリッチーとマイケルの共作。

SCSF20090708_mj21.jpg

ピアノの前でほほ笑むマイケルの前で、熱唱するリッチー親分。

SCSF20090708_mj22.jpg

さらに続く、大御所スピーチ。

SCSF20090708_mj23.jpg

ジャクソン5時代に所属していたモータウンの創始者、ベリー・ゴーディ・ジュニア。

SCSF20090708_mj24.jpg

子供のころのマイケルの話なんかをしていたのは、さすがモータウンのトップ。
なかなかオチャメなおじいちゃんだった。

この時にスクリーンに写されていたマイケルは抜群にカッコいい。

SCSF20090708_mj25.jpg

ジャクソン兄弟の男性陣は、マイケルのキラキラ手袋を手に最前列でゲストのスピーチを聞き入っている。奥にはラトーヤやジャネット、マイケルのお母さんの姿も。

SCSF20090708_mj26.jpg

このあと、在りし日のマイケルのビデオが放映。

SCSF20090708_mj28.jpg

ここでスティービー・ワンダー登場。

SCSF20090708_mj29.jpg

超名曲、「Never Dreamed You'd Leave in Summer」を弾き語る。

SCSF20090708_mj30.jpg

歌詞は、マイケルに捧げる内容に変わっていた。

SCSF20090708_mj31.jpg
SCSF20090708_mj32.jpg

会場も厳かな雰囲気に包まれる。

SCSF20090708_mj33.jpg

次のスピーチは意外にもレイカーズの新旧エース、コービー・ブライアントとアービン・マジック・ジョンソン。HIVに感染しているマジックがまだ生きていて、マイケルが先に逝ってしまうのは皮肉だ。
マジックは、バルセロナオリンピックが開催されてドリームチーム1として出場した年に、マイケルの「Remember the time」のPVに出演をしてる。その時に、マイケルとチキンを食べた時のエピソードを話をしてた。ちなみに、「JAM」のPVで同じMJことマイケル・ジョーダンともマイケルは共演をしてる。

SCSF20090708_mj34.jpg

ステージを降りたゲスト達はこうしてジャクソンファミリーと抱き合って、お互いの感謝とマイケルへの哀悼の意を表す。

SCSF20090708_mj35.jpg

お次は、ドリームガール登場。

SCSF20090708_mj36.jpg

アメリカンアイドルからブレイクした、ジェニファー・ハドソン。
彼女は昨年家族が射殺される悲劇があったが、それを乗り越えてカムバックを果たしている。

SCSF20090708_mj37.jpg

歌ったのは、「Will You Be There」。個人的には大好きな曲。実際のトラックにも、最後の方にマイケルがしゃべるパートがあって、それがマイケルの声のまま会場に流され、スクリーンにセリフが出ていた。

そのセリフはこれ。

In our darkest hour
In my deepest despair
Will you still care?
Will you be there?
In my trials
And my tribulations
Through our doubts
And frustrations
In my violence
In my turbulence
Through my fear
And my confessions
In my anguish and my pain
Through my joy and my sorrow
In the promise of tomorrow
I'll never let you part
For you're always in my heart


SCSF20090708_mj38.jpg

次のスピーチは誰だかわからなかったんだけど、どうやら牧師さんのよう。彼が最後に「Thank you」と繰り返しマイケルへの感謝の言葉を叫んでいたのは印象的だった。

SCSF20090708_mj39.jpg
SCSF20090708_mj40.jpg

バックのスクリーンには、

「皆が声を合わせれば、不可能なことはない。」

という意味のセリフが。

SCSF20090708_mj41.jpg

ここで意外な人がステージに。
三大ギタリストの一人、ジョン・メイヤー 。

SCSF20090708_mj42.jpg

これまたカッコいいスクリーンのマイケルの前で、「Human Nature」を演奏。
てか、これがまたカッコいい。すげぇな、あのギターの音は。

SCSF20090708_mj43.jpg
SCSF20090708_mj44.jpg
SCSF20090708_mj45.jpg
SCSF20090708_mj46.jpg

クワイアーのボーカルに合わせてギターを奏でるメイヤー。しばし、見とれる。

SCSF20090708_mj47.jpg

次のスピーチも意外な人で、ブルック・シールズ。マイケルと付き合っていたことがあるんだっけ?
既に40歳半ばだが、やっぱキレイだな。感極まって泣いていた。

SCSF20090708_mj48.jpg

ブルック・シールズがマイケルが生前好きだった曲に、チャップリンの「Smile」(モダン・タイムスの曲)があったと紹介。

SCSF20090708_mj49.jpg

ここで、お兄ちゃんのジャーメイン・ジャクソン登場。

SCSF20090708_mj50.jpg
SCSF20090708_mj51.jpg

その「Smile」を歌う。キラキラ手袋と表情が合っていないのもまた切ない。


SCSF20090708_mj52.jpg

I Have a Dreamの演説で有名なマーティン・ルーサー・キング・ジュニアの息子がスピーチ。

SCSF20090708_mj53.jpg

隣の女性は娘だったのかな?

SCSF20090708_mj54.jpg

続いて、シーラ・ジャクソン・リー下院議員代表のスピーチ。

SCSF20090708_mj55.jpg
SCSF20090708_mj56.jpg
SCSF20090708_mj57.jpg

やはり、なんだかんだといっても黒人社会の中でのマイケルは、エンターテイナーとしての枠を飛び越えた特別な存在であることを実感する。

SCSF20090708_mj58.jpg

必ず、この人は出るだろう・・・と思っていたアッシャー登場。

SCSF20090708_mj59.jpg

歌ったのは「GONE TOO SOON」。

SCSF20090708_mj60.jpg

いつものダンスはなく、椅子に座ってしっとりと歌う。

SCSF20090708_mj61.jpg

なんか、辛そう。アッシャー、マイケルのこと大好きだったもんなぁ。何年か前にMTVかなんかアワードでマイケルと「YOU ROCK MY WORLD」で共演してた時は楽しそうだったし。マイケル2世みたいな人のひとりとして言われてるし。

SCSF20090708_mj62.jpg

ステージを降りても、やっぱり元気がない。ショックなんだろうな。

SCSF20090708_mj63.jpg
SCSF20090708_mj64.jpg

ここで、エド・サリバンショーに出演した時のジャクソン5の映像が。
流れている曲は「Who's Lovin' You」。

SCSF20090708_mj65.jpg

冒頭でダイアナ・ロスとマンデラのスピーチを読んだスモーキー・ロビンソンが再度登場。
「Who's Lovin' You」はスモーキーが書いた曲。

SCSF20090708_mj66.jpg

次に登場したのは、イギリス晩アメリカン・アイドルで、スーザン・ボイルなんかで話題になったBritain's Got Talent出身のシャヒーン・ジャファーゴリ君。

SCSF20090708_mj67.jpg

マイケル最後のロンドン公演で出演する予定だったらしい。

SCSF20090708_mj68.jpg

もちろん、曲は「Who's Lovin' You」。

SCSF20090708_mj69.jpg

棺の中で眠るマイケル捧げる。

SCSF20090708_mj70.jpg

そして最後のゲストのスピーチへ。

SCSF20090708_mj71.jpg

プロデューサーのケニー・オルテガ。

SCSF20090708_mj72.jpg

会場は追悼式の終わりに向けて、徐々にテンションが高まっていく感じに。
クワイアーが「We Are The World」を歌いだし、会場全体が飲まれていく。

SCSF20090708_mj73.jpg
SCSF20090708_mj74.jpg

そして、ステージに全員が集合して、「Heal The World」を大合唱。

SCSF20090708_mj75.jpg
SCSF20090708_mj76.jpg
SCSF20090708_mj77.jpg

この赤いシャツ姿でカメラの前にいるマイケルは、Remember The TimeのPVで一番最後に出てくるシーン、、、だっけな?

SCSF20090708_mj78.jpg
SCSF20090708_mj79.jpg

最後は、まずジャクソン5のメンツが順に参加者への感謝とマイケルへのお別れの言葉を述べ。

SCSF20090708_mj80.jpg

色々なところで話題になっていた、マイケルの娘パリスちゃんのスピーチ。
ジャネットが「Speak up.」と後ろからフォローしつつ、やはり「お父さん、愛してる。」という言葉は胸がつまりそうになった。Dadと呼ばれるマイケルが想像できなかったが、普通の形でないとしても親子は親子だったんだと。

SCSF20090708_mj81.jpg

ジャクソンファミリーとともに、マイケルの棺が退場。

SCSF20090708_mj82.jpg

SCSF20090708_mj83.jpg

再び、神父が出てきて最後の言葉を。

SCSF20090708_mj84.jpg

I'm alive and I'm here forever.

SCSF20090708_mj85.jpg

こうして終了。既に時間は5時前ぐらいで、外は明るくなっていた。
今回の追悼式典のプログラムはこんな感じ。


1.スモーキー・ロビンソン ダイアナ・ロスとネルソン・マンデラのメッセージ朗読
2.クワイアーによるゴスペル 兄弟が棺を運び入れる
3.牧師 スピーチ
4.マライア・キャリー&トレイ・ロレンツ 「I'll Be There」
5.クィーン・ラティファ スピーチ
6.ライオネル・リッチー ゴスペルナンバー 「Jesus is Love」
7.ベリー・ゴーディJr. (モータウンレコード創始者) スピーチ
8.マイケルのビデオ
9.スティービー・ワンダー  「Never Dreamed You'd Leave in Summer」
10.コービー・ブライアント&マジック・ジョンソン スピーチ
11.ジェニファー・ハドソン 「Will You Be There」
12.牧師/政治活動家 スピーチ
13.ジョン・メイヤー  「Human Nature」
14.ブルック・シールズ スピーチ
15.ジャーメイン・ジャクソン 「Smile」
16.マーティン・ルーサー・キングⅢ スピーチ
17.シーラ・ジャクソン・リー (下院議員代表)スピーチ
18.アッシャー GONE TOO SOON
19.マイケルのビデオ (ジャクソン5時代)
20.スモーキーロビンソン スピーチ
21.シャヒーン・ジャファゴーリ 「Who's Lovin' You」
 (12歳のBritain's Got Talentで有名な少年。マイケルのロンドン公演で歌う予定だった。
22.ケニー・オルテガ スピーチ
23.クワイアー 「We Are The World」
24.全員 「Heal The World」
25.ジャクソンファミリー スピーチ
26.パリス スピーチ
27.ジャクソンファミリー 棺とともに退場
28.牧師 スピーチ

docomo 2009年夏モデル18機種発表

SCSF20090520_docomoht-03a.jpg

リアルタイム速報を見ていたんだけど、ドコモのこの夏のラインナップが出揃った。
1000万画素のカメラを搭載したものや、ヱヴァンゲリヲンのコラボモデルなんかが注目だけど、やっぱり今回はいわゆる「Googleケータイ」と呼ばれる、Andoroidを搭載した「docomo PRO series HT-03A」に目が行く。

デザインは海外のスマートフォンや、iPhoneを髣髴とさせるもの。webにつなげることを主軸に置いているので、ワンセグやアプリ、ウィジット系の機能は省かれているものの、3G、GSM対応で世界中使えるし、320万画素のカメラとかは搭載されているので、例えばメールのチェックや簡単なwebの閲覧、ブログの投稿とには便利。

発売時期は、6月か7月とされているけど、噂による2万円台っていう価格が実現すればなおさら魅力的。

デザイン的には、ブルーレイディスクレコーダを始めこれでもかと昨日を搭載したSH-07AのRedやチェッカーフラッグのカラーパターンが新鮮なN-07A SPORTS EDITIONTMあたりが気になるところ。


そういえば、この不況でNTTについでdocomoが日本で二番目に利益を出している企業になったけれども、親子企業の関係値でいえば実際にはdocomoが日本一儲けている企業っていう見方もできる。各ケータイキャリア企業に100億単位でポポンと開発援助のお金を出しているという話も聞いているけど、それが実際のエンドユーザーの満足度に繋がっていっていればいいな、と。

静岡おでん vs. 盛岡冷麺

SCSF20090513_attack.jpg

四国旅行のネタを延々と書き続けているけど、実際には普通の人と同じように平日は代官山に戻ってきて普通の日々を過ごしております。なんか、ブログを読んでくれている貴重な人々に、

「仕事してんの!?」

と聞かれることが多く、最低限のことはやってますよー、と主張しておかないと、
リアルでダメ人間確定になるし。

ダメ人間・・・なのか?どうなの? 程度に留めておきたい。

そんな中、今週末はどこに行こうかと思っていたら、その週末に結婚式を 沖縄 で挙げる友人から、そのホテルと住所が頼んでもいないのにメールで連絡が来たので、一応車でどれくらいかかるか検索ちゃんしてみたところ、


距離2102km、所要時間42時間(フェリー込み)

と、ノリとか根性とかでどうにもならない数字が出てきたのでやんわりと沖縄行きは断っておいた。

そんな訳で沖縄はいつか気が向いたら・・・程度で(沖縄にそんなに興味がない)、直近どうするかというところでは盛岡静岡で悩んでいる。盛岡は、GW中に両親が遊びにいっていて、

「本場の盛岡冷麺はガチでウマイ」

という話を聞いたので確かめにいきたいから。

静岡は、クライアントの担当者の実家がそこで、話題になった時に「静岡おでんって食べてみたい」って言ったら、

「本場の静岡おでんはガチでショボイ」

という話を聞いたので確かめにいきたいから。

ただ、代官山からだと距離に違いがありすぎて(盛岡は静岡の3倍遠い)、とりあえずは静岡になりそうなムード。実は、ブランコのエンジンにトラブルが発生していて、簡単に言うとエンジンオイルの漏れなんだけど。既にメーカーに修理を手配をしているんだけど、さすがに往復1000kmは走る盛岡までは不安を感じる。それに比べると350kmの往復距離の静岡は、もはや近所。

気分的には、そこらのコンビニにおでんを買いに行くのと大差ない。


あとは、誰を拉致るかだけ決めておかないとな。

リアル豚インフルエンザ

連日ニュースで話題にあがる豚インフルエンザ。

ガチで死亡率が高いので感染したらシャレにならんのだけれども、、まだ日本でその感染者は見つかっていなくて、どこか遠い国が大変だなぁ、といった印象を個人的には感じてた。

そんな中、その被害を一番受けているであろうメキシコにいる大学時代の知人の人が、メーリングリストにリアルな現状を報告して送信してきた。自分は東京外大でスペイン語を専攻していたので、ブラジルを除くスペイン語圏の南米やスペインには知り合いが今でも多く滞在しているのです。


○○○(名前)です。

これを書いている現在、メキシコ国内での豚インフルエンザによる死者は100人を超えています。先週までメキシコ国内の新聞といえば、麻薬組織と警察の抗争の記事がほとんどでしたが、これも豚インフルの前に吹っ飛んでしまいました。

以前アジアで鳥インフルエンザが流行した際に、米大陸に住んでいて良かった、と思っていましたが、今度はこちらの番?です。

各種情報は既に皆様日本の新聞報道等でご存知でしょうから、メキシコに住んでいる私の体験記を書きます。

月曜日の朝、いつも通りに会社に行く通勤バスの中で、マスクをしているのは私を含め半分くらい。
工場に着くと、総務課が出勤してくる従業員全員に、インフルエンザ予防策のパンフレットが手渡されました。

同僚で南米パラグアイから来ている日系人の同僚が、工場から40分くらいのところでインフルエンザによる死者が出た、と私に言いました。

工場が稼動し始めると、従業員全員にマスクが渡され、全員着用を義務付けられました。私は購買部にいるので、普段粉塵防止用のマスクを買っている係の担当者が副社長に呼び出され、風邪対策のマスクを追加入手するよう指示を受けています。
後で彼に聞いたところ、どこの業者もマスクは売り切ってしまったとのこと。うちの会社の米国工場から空輸することも考えているようです。

メキシコではヨーロッパ各国同様、親しい男女(友人)の間では頬を合わせる挨拶が習慣ですが、この挨拶も、握手も今日から全くありません。日本人はともかく、体のコンタクトがある挨拶をするメキシコ人には、さぞかし奇異に感じることでしょう。

工場がある私のすんでいる州では、現在年に1度の市民祭りの真っ最中でしたが、州知事命令で、日曜一杯でこのお祭りも中止です。人が集まる所(クラブ、ショッピングモール、スーパーなど)は閉鎖が予定されており、私の上司も仕事そっちのけでスーパーに買出しに行ってしまいました。

出張、および業者の工場訪問が原則、今日から禁止です。
日曜日の朝から米国工場に出張に行った同僚は、少し風邪気味でした。無事に米国に入国できたのでしょうか。検疫に回されているのではないかと心配です。

お昼休みの食堂業者も、衛生面に留意していることを貼り紙で知らせていました。

昨年から単身赴任をしている私は、昨日息子が咳をしていたのが気になって、妻に電話してみました。今のところ、二人とも大丈夫のようでした。学校は既に全国で休校措置が取られています。家の近所の子供達も外でマスクをして遊んでいます。

17時半(定時)に帰宅するように、とのトップ指示。普段夜遅くまで仕事している購買課長も、「もう今日は帰るぞ。乗っていくか?」ということで、今日は家でパソコンをたたいています。

メキシコは日本にかなりの量の豚肉を輸出していますが、これも大打撃をうけそうです。それより大変なのが観光です。ちょうど今週休暇の同僚から連絡が来て、主なリゾート地(プエルトバジャルタ、カンクン、アカプルコなど)は人の集まる店が全て閉まっており、遊びどころじゃない、と嘆いておりました。

週末ラスベガスに遊びに行こうとしていた同僚の女の子は、結婚を間近に控え、最後の独身旅行が台無し(米国に入国できない可能性大)。
私の場合も、7月に従兄が遊びにくることになっているのですが、心配です。

既に米大陸の外でも患者が見つかっているようですので、皆さんも引き続き気をつけてください。

もともと今年は日本に遊びに行く予定はなかったですが、しばらくはこれもお預けになりそうです。



ガチ、怖い。

ウィルス系のパニックムービーは数多く見たことあるけど(アウトブレイクとかデスノートのLのとか)、リアルにこうしたことが発生すると、いかに脅威を与えるかがわかる。さらに、妹が看護師なのでこうした類の病気のやっかいさも聞いているし(妹は院内感染で結核になってしまい、結構大変だったらしい)。

みんな大丈夫なんだろか。とりあえず、最悪の事態にならないことを祈るのみ。
ただ、メディアの報道を見ると恐怖感をあおるばかりで具体的な対処法や、豚インフルエンザがどういったものかを伝えることが不十分な気がする。昨日も買い物をしていた時に、

「なんとなく、怖いから」

と豚肉を買うのを控える主婦を見かけた。積極的に情報を取りにいくならまだしも、垂れ流される情報を頼りにしている人から見ると、煽って視聴者の注意を引いているだけに見えるテレビってちょっと不安。

でも、日本に上陸するのも時間の問題なんだろな。
海外から日本に戻ってきた友人が、空港で渡されたとマスクを見せてくれた時にはリアル過ぎて、ひいた。

靖国神社

scsf20090409_yasukunishrine1.jpg

偉い人の参拝ぐらいでしか見たことがない靖国神社に。

目的は、花見。


横を何度も車で通ったことはあったけど、実際に中に入るのは初めて。このあたり、駐車場がバカ高いのと、あんまりスペースがないから心配だったけど、運よく割安な神社内の駐車場に停めることができた。

scsf20090409_yasukunishrine2.jpg

scsf20090409_yasukunishrine3.jpg

やっほいな人だかりで、千代田区界隈のリーマンの皆さんを中心に酒盛り真っ最中。
明らかに、会社ぐるみで花見・・・なんて人達もいて、ちょっと新鮮。そういうことってやったことないもんなぁ。中目黒沿いの雰囲気とは全く違って、TVで見る典型的な「花見」な感じ。

scsf20090409_yasukunishrine4.jpg

scsf20090409_yasukunishrine5.jpg

肝心の桜は、すでに満開を過ぎて散り始め。葉桜ってやつになってる。靖国神社出の花見も今晩が最終日だったし。

scsf20090409_yasukunishrine6.jpg


焼き鳥を食べている時間がほとんどだった。

花より焼き鳥。


運転の為に、飲めなかったのが残念。


けど、ド真ん中にこれだけの自然に囲まれた建造物があるのが東京の凄いところ。

やれ、政教分離だとか、外国からの反発だとか、そんな一部の人間の利害とか思想関係なく後世に残していけば良いのに、とか思うけど。

CHANEL J12

SCSF20090324_j12.jpg

4,5年ほど前に買って、メインの腕時計として使っていたCHANEL J12。
CHANELっぽさを感じない、おととし亡くなったジャック・エリュが担当したそのデザインと、ハイセラミックの独特の質感と重量感、何よりもありそうでなかったクロノグラフってことで一目ぼれをして、当時の取引先の唯一の在庫を強引に譲ってもらった1本。30万ぐらいだったから、結構お安かった。

そんな愛用の時計が、半年ほど前にベルト部分の金具の具合が悪くなってしまい、しばらく放置してて。年末に、その時計を買った取引先と話すタイミングがあって、オーバーホール(overhaul)をお願いすることにした。本当なら、3年ぐらいに一度やるのがベストと聞くので、タイミング的には遅いんだけど(だからベルト部分が壊れちゃったんだろな)、一生持っていたい1本だと思っているから、今からでもしっかりとメンテするべき。

オーバーホールは通常のメンテと違って、全てを解体してクリーニングをした後に再度組み立てるので、オーバーホール後は新品のような状態になる。壊れていた部分も、きちんとCHANELからパーツを取り寄せて修理。もともと、セラミックなので傷や汚れが付きにくい時計だけれども、5週間の期間を経てピッカピカになって戻ってきた。


それにしても、この時計はいいなぁ、と久しぶりに手にして惚れなおす。
ちなみに、この時計。一生持っていたいと書いたけど、もし自分に男の子の子供ができたら、大きくなった時に初めての自動巻き時計として渡したい・・・なんて思っている。

亀戸ホルモン&青山ゑびす堂

SCSF20090314_kameidohorumon1.jpg

今週は珍しく、ずーーーーーーーーっと夜は外食の予定だった。
いつも行っている店だったりもしたけど、2店ほど新しいお店に連れてってもらったり。

まずは亀戸ホルモン、恵比寿店。
亀戸のホルモン焼きの恵比寿の支店・・・。わかりにくい。。。

前々から、行こうよと誘われていて、しかも予約までまかせてしまった。恵比寿駅から線路沿いの坂を上がり切ったところ。沖縄料理の中村圭太の対面。
噂に聞いていたけど、かなりの人気店らしく。寒い中、待っている人がちらほら。店内ももちろん満席で。お店は、ホルモン焼きっぽい居酒屋のような雰囲気なのだけれど、女性比率がやたらと高いのはメディアの影響なの?

なんかレバ刺しが有名らしく。厚くカットされたレバ刺しは、口の中で溶けるような感じで美味。
ホルモンの盛り合わせを2種類ばかり頼んだらば、結構お腹がいっぱい。

もうちょっと、予約が取りやすければ家からも近いから使える店なんだけど。。。


SCSF20090314_ebisuya2.jpg

SCSF20090314_ebisuya1.jpg

それから、青山ゑびす堂。
あまり表参道の方にはいかないから、そんなにお店は知らない。Lotusとかカフェにいる時が多いし。
映画、余命1ケ月の花嫁で使われたらしい青山セントグレース大聖堂のすぐ近く。ここらへん、昔はaflootって美容院に来てた時には良く通ってたけど、ずいぶん街並みが変わったような・・・。

ここもまた予約までもおまかせしてついていったんだけど、〆サバがおいしいらしく。
わたくし、サバが大好き。光モノ全般が好きなのですが、特にサバが好物。サバを目の前にすると、サバチャンの音楽が頭の中を流れ、脳汁が垂れまくる。

店員がやたらフランクで、女性の扱いに慣れているところがほほえましいアットホームなお店。刺身メニューが自慢らしく、さっそく見せてもらった時に自分が異様にサバに食いついているのを察した店長さんが、盛り合わせをオーダーした後に

「サバ、大もりにします?」

と聞いてきたので、YESと即答しておいた。

別皿にサバだけ持って来て、バーナーでブォォォ!って炙る。で、いったん引っ込めて、他の刺身と盛り合わせ登場。で、もちろん激ウマで。まいうーで。幸せでしたよ。なんてお酒に合うんだろう、サバって。


それにしても、食事のこととなると自分の文章はほんとに拙いってか・・・、中身が薄くしか伝えられない・・・。

丸沼高原

日光白根山

土曜の早朝からスノボに。今回は、丸沼高原スキー場

6時半に迎えに行く約束が、いきなり寝坊をかまして集合時間に遅れる・・・。なんとか、30分程度の遅刻で済んで、メンバー全員で関越道を北上。沼田インターから降りて、尾瀬方面に40分ほど車を走らせてお昼ごろに無事到着。雨・・・って予報もあったんだけど、何やら天気は問題なくて快適。積雪量は例年よりもぐっと少なく感じるけど、ゲレンデ自体は問題なさそ。

着替えを終了してから、「まずはご飯」と入口のレストランで食事。
これが、えらく不味かった。。。めったに味に文句を言わない自分ですら、ちょいと拒絶。パスタなんかゴムみたいだったし。

そのまま、一回慣らしで短く滑ったあとにゴンドラで一気に山頂まで。ここからは、関東以北最高峰の日光白根山が写真のようにそびえたつのがきれいに見える。心配された雨はどこにいったのやら、な青空が広がっていて、快適。丸沼高原は初めてきたけど、スノボの人には滑りやすい印象。パークもしっかりと充実しているし。

夕方までガシガシ滑って、その日の宿に。

夜は男どもはTVの前に集まってWBC韓国戦観戦。野球経験者と野球マニアが2人いるので、そいつらの解説を聞きながら、ジャパンの応援。それにしても、上出来すぎる勝ち方だったなー。国際試合でオリンピック金メダリルの国を相手にコールド勝ちって。3年前のキューバとの決勝もスキー場から観戦したけれど、やっぱ代表の真剣勝負はみんなで見るとアツくなる。試合が終わった後も男どもは、

「今日のMVPは誰か?」
「松坂の出来は?」
「イチローのすごさって何?」
「一番燃えた瞬間は?」
「明日のスポーツ紙の1面は誰か?」

を延々と話あっていて、顰蹙をかっていたけど・・・。


翌朝は、8時に朝食を取ってそのままゲレンデへ。お昼ぐらいまでは、フリーランでゴンドラに乗って往復してたけど、キッカーを教えてもらうために終わりの方はパークに。自分はまだまだジャンプは下手だなぁ・・・。オーリーがきちんと出来ていないからなんだけど。それに、まだキッカーに入る瞬間に恐怖心がある。体重がテールにかかるんだよね・・・。もっと練習しないと。

渋滞を避けるために2時過ぎには出発。今回は珍しく運転はしなかったんだけど、ずっと助手席に座っていたから、爆睡する後ろのメンバーを横目にドライバーと延々とおしゃべり。それでも、たまにはこういうのもいいかな。やっぱ楽だし。

予定通り、一度も渋滞にはまらずに到着。快適、快適。
Next Page »

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。