スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mozilla Japan - Firefox 3

SCSF20080620_firefox3.jpg


Firefox3が正式にリリースされていたようで。β版から使用していたけれど、ここしばらくはメインのマシンでFlockを使っていたので、あんまり気にしていなかった。

けど、Flockの目玉であるSNSブラウザの機能が自分にとってほとんど無意味だったことと、特定のWEBサイトを見るとなぜかクラッシュするので正式リリースされたFirefox3に切り替えることにした(サブのマシン2台は既にFirefox3がメイン)。そういうわけで、さようならFlock。アンインストール。

なんか、ダウンロードのギネス記録に挑戦したいたらしく24時間で800万数以上を記録したんだと。すごいねぇ。一方で公開されて5時間程度で危険性の高い脆弱性が見つかったりするのは、WEBの集合知ならではのスピード感ですな。

そして、とりあえず現状の速さには満足してますよ、Firefox3。
スポンサーサイト

ThinkPadX300か、MacBookAirか

SCSF20080124_thinkpad300.jpg
SCSF20080124_macbookair.jpg


仕事でノートを使う機会が増えるので、来月まで一台・・・と考えているのだけれども、そのスタイルに強烈な魅力を感じているMacBook Airの強力なライバルとなる1台が。

ThinkPad X300(仮)。ネタ元はココなんだけど、元々ThinkPadのキータッチが大好きで、その使用感に絶大な信頼を置いている自分としては見逃せない。慣れているし。

【ThinkPad X300】
ディスプレイ : 13.3インチLEDバックライト付WXGA、解像度1440×900
CPU/チップセット : Intel Merom デュアルコア・ハイブリッドLV版(Santa RosaクレストラインSFF GMS 800MHz)
メモリ : 最大4GB
ストレージ : 64GBフラッシュメモリドライブ
光学ドライブ : DVDドライブ
バッテリ : 最大4時間
ポート : USB×3、PCカードスロット
入力 : フルキーボード+タッチパッド(トラックポイント)

【MacBook Air】
ディスプレイ : 13.3インチ(対角)LEDバックライト付クリアワイドスクリーンTFTディスプレイ WXGA (1280x800)
CPU/チップセット : Core 2 Duo 1.6GHz(4MB)
メモリ : 2GB
光学ドライブ : オプション
バッテリ : 5時間
ポート : USB×1
入力 : 12種類のファンクションキー、逆T字型矢印キーを装備したJIS配列準拠フルサイズキーボード(BTOオプションで米国仕様のUSキーボードを選択可)

ビジネスユースで使うなら、圧倒的にThinkPadなんだよな・・・。ただ持ち歩く時の満足度(というか、優越感みたいなもん?)はMacに軍配があがる。あとはコスト次第だけど、Officeとかのソフトのインストールを考えれば、ThinkPadになる可能性が高いかな。

まあ、どちらにせよ正式な発表を待つしかないかな。

NHK職員のインサイダー疑惑

SCSF20080119_stock.jpg


NHK職員の査問より事実確認が先だ-池田信夫 blog

このエントリを見て思ったんだが。NHKだからモラルが高い、という先入観があるから衝撃が走るのかな、と。また、株式市場がどれだけインサイダ情報を規制したところで、それを100%防ぐことなんかできないしね。これが他のメディアなどに全くないことか、といえばそんなこたぁないと思うし。あのライブドアショックの時だって、おかしな動きしてたもんな、ライブドア株だけ。

そもそも、特に日本の株式市場でいえば例えばイチ個人投資家と、証券会社のディーラでは情報伝達のスピードが全く違う。自分はちょっと前にある上場企業のインサイダ情報を知っていたんだけれども、その好材料を発表する数日前に役員にストックオプションの権利が付与される取締役会の決議なんかが発表されているのを見て、合法だけれども腐ってんなぁ、と思ったりもした。

だから、国営放送の構成員がそういうルールを自主的に守るなんてことに期待なんてしなくていいし、特に憤ることもない。

MacBook Air

SCSF20080116_macbookair.jpg


薄い・・・。年末からノートPCを買うことを検討しているんだけど、1種類候補が増えた。明らかにオフィスにあるMacBookより持ち運びが楽だしね。1.36kgて。ただ、光学ドライブがついていないのはなぁ。行きわたってからブログ上の評価を見て決めよ。

でも、iPhoneがDoCoMoから出たら間違いなく買うだろうし、なんか最近Apple信者みたいになってきたな。。。

キングコング西野の批判における実名と匿名の考えを読んで

20071228005_nishino.jpg


なんか、芸能ネタが多いのですがね。オダギリジョーと香椎由宇や麻生久美子や松たか子の結婚や、新庄の離婚なんかには興味がないのだけれど、ウェブが絡んでくると目を引く。

M-1の決勝にも残っていたキングコング西野のブログは、かなりのトラフィックがあって有名・・・と知ったのはある日の笑っていいとも。実際に読んで見ると、お笑い芸人というか日々の内面的な部分を綴ってあって「真面目」な印象を受ける。ただ、自分は自分でそういうことを書いても、他人の内面が前面に出たブログをそんなに読まないので(個人的に知らない人は理解にちょっと時間がかかるから)、リーダーに突っ込んではあるけど読み飛ばすことが多かった。

それで、この記事。

 お笑いキングコング西野がブログ上にて2ちゃんねらーに喧嘩を売って大炎上

 表に立つ-西野公論

まあ、正論。2ちゃんねるというウェブ上の空間を否定することは結構簡単。匿名のダークサイドが色濃い書き込みも多いから。一方で、あれだけメジャーな掲示板ゆえの利点もある。
例えば、友人はケータイの端末そのもののプログラムを開発しているのだけれども、新しい機能を搭載した端末を発表した直後は、とにかく2ちゃんねるを監視するという。予想外のバグなんかが発生した時に、一番最初に2ちゃんねるで書き込まれるから、というのが理由らしい。

キングコング西野のエントリの焦点は「批判」だけれども、実名を明かしてそれを行うことは確かに匿名よりも難しい。一方で、彼のブログにはこうしたエントリに対して、彼が言う論議を行う場所はない(コメント欄がない)。こうなると、2ちゃんねるでまたそれが話題になり、お互いがそれぞれのフィールドで勝手に言い合いをしているという状況。まあ、このままグダグダで終わるのだろうけど、こうしたネットの匿名性故の論争というものはまだ続いていくのかな。

そういえば、最近の小飼弾氏のブログにこんなエントリがあった。

 実名って不平等だよね-404 Blog Not Found

彼が言う「名前付きの意見に、そうでない意見より重きを置く」という点でより信頼が置ける、という部分を読むと、キングコング西野が正論だとしてもねらーよりも信頼が置けるのかというとちょっと疑問が残る。

世界一高い豹柄のネコ「アシェラ」



以前友人から話だけ聞いていた、世界一高いネコ「アシェラ」。
お値段は22000ドル、日本円で240万ぐらいと。

アメリカのバイオテクノロジー企業が開発(?)をしたもので、誰しもが豹を飼いたいと思う願いをかなえたのだとか。それで、既に100匹売れているらしい。

 豹そっくりのハイブリッド猫、240万円で販売中-カラパイア

豹を飼いたい願望がほぼ0なので、このニーズは自分には理解できないけれど。飼い主にかわいがってもらって、ネコが幸せならハイブリッドだろうが、高額だろうが関係ないような気がする。お金の話が主題になるから、ちょっときな臭くなるけど。

楽天市場の2007年総合ランキングTOP10

20071227012_billys.jpg

なんとなく、売上に貢献するのがムカつくような狭い心をで、リンクはナシ。

楽天市場の2007年総合ランキングTOP10(来年になったら、たぶん変わっちゃう。)
  1. ビリーズブートキャンプ DVD版
  2. コントレックス 1,500ml×12本入
  3. 【送料無料】禁断のスイーツ福袋
  4. 豆乳クッキーダイエット
  5. オリジナル microSDカード 1GB
  6. メダリストプラス2箱セット
  7. microSDカード 2GB
  8. 新しくなった豆乳おからクッキー
  9. 厳選&お手頃6本セット
  10. カニしゃぶ食べ放題福袋

2位以下が全てリピートが望めるか、複数持つ可能性がある商品であることを考えると、ビリー隊長はすごかったんだね。


ヤッタコトナイケド。

この前、実家のDVDプレイヤーに入っていたのはビックリした。

セレブ(笑)

20071227009_paris_hilton_table.jpg


祖父の財産の行方が孫を直撃するっていう報道がよくわからんが。

パリス・ヒルトンの祖父、財産の大半を寄付する意向
[ニューヨーク 26日 ロイター] 米人気タレントのパリス・ヒルトンさんの祖父、バロン・ヒルトン氏(80)が26日、資産の97%を死後に慈善目的で寄付する意向を示した。同氏の現時点での総資産は、推定23億ドル(約2600億円)。
 バロン・ヒルトン氏が代表を務めるコンラッド・N・ヒルトン財団が声明で発表した。
 同財団はもともと、同氏の父でヒルトンホテルズグループ創業者の故コンラッド・ヒルトン氏が設立。アフリカにきれいな水を供給したり、目の不自由な子どもたちへの教育を受けさせたりするプロジェクトを支援している。
 この件について、孫のパリス・ヒルトンさんのコメントは取れていない。


ヘッドラインのつけ方だけれども、ロイターはまだこうした内容だが、

# パリス・ヒルトンさん、遺産は大幅減…祖父が慈善寄付へ(読売新聞)
# ヒルトン家の資産を慈善団体に寄付へパリスさんへの遺産消える!(産経新聞)

なんて感じでね。読売も産経もただのゴシップ誌ですか?むしろ、バロン・ヒルトン氏の判断を前向きに報道しなよ、とか思う。

それにいいんじゃないか?3%でも78億円だし。本人の稼ぎも結構あるし。

それでまあ、関連のトピックスを見ていたら、こんな記事が。

 パリス・ヒルトンはなぜお金持ち?

このエントリ、かなり笑わせてくれる。
まず、セレブの使い方。

#時価総額全米7位、売上高40兆円、世界最大の小売業であるウォールマートのことを壁紙を売っている会社だと思っていたとはさすが”セレブ“です。

#さてではなぜパリス・ヒルトンはウォールマートも知らないほどセレブなのでしょう?

#ここでお金持ちのタイプについて考えたいと思います。お金持ち(セレブ)には2種類のタイプがあります。


ちょwww。あの、セレブ=お金持ちっていう連想をMBAまで取得したファイナンシャル・プランナーが書いていることに驚き。さらに、セレブだからウォールマートを知らないのではないのですが。それがパリス・ヒルトンクオリティなんですけど。

加えて、お金持ちの概念も面白い。

お金持ち(セレブ)には2種類のタイプがあります。

1. ずば抜けた個人の能力によって大金を稼ぐ人たち:キャサリン ゼタ ジョーンズの一年間のCM契約料は24億円、イチローは5年間でマリナーズと108億円の契約など

2. 株式の値上がり益によってお金持ちになった人たち:1973年生まれでグーグルの共同創業者のラリーペイジはグーグル創業後10年で2兆円の資産を持つまでになる。動画投稿サイト“YOUTUBE”の創業者はグーグルに買収されることによって400億円分のグーグル株を取得、世界第2位のお金持ちウォーレン・バフェットは株式投資だけで6兆円もの資産を築くなど。


この部分って、2の株式の値上がりを強調する為に1の例をあげているみたいだけれども、この2通りしかないのか、とw。証券会社だけを生きてきた非常に狭い見解。非上場による事業の成功で金持ちになった人もゴマンといますが。しかも、それは個人ではなく組織の力ですが。こんな人に自分の資産運用なんぞを聞きたくないなとか思うんですけど。これがこの世から消えた山一證券クオリティなのか?

パリスを典型的な頭の悪い金持ちのような扱いをしてますけど、もうちょっとなんとかならないのかね?マネーコンジェルジュとか言っているぐらいなら。

ブログで性格診断!emo エモ



いくつかのSCSFのブログで(こういう場合にほんっと使えないアメブロとか除いて)、emoっていうブログパーツを使ってみてる。

 ブログを書いたら自分がわかった!emo

エントリする文章で使用されている単語から性格診断をして、その内容によってブログパーツの表情が変わる、というもの。

今日の表情とか見たら、よだれとか垂らしてますけどね、自分のemoとやらは。
それで、emoのサイトにログインして分析レポートってのを見ると書いているブログの診断結果が表示される。

20071227007_emo.jpg


自分が好きなしばしばしたベイビー!?

しばしばって・・・何?

口ぐせランキングのところの1位が「自分」だからかなぁ。2位に「the」が来ているけど、英文を書いていたら必然的に一番多くなるのが冠詞だから、英語を含めたラテン語系ではこのサービスが成り立ちにくいのかな、とか思ってしまう(スペイン語とかだったらelとかlaが入ってくるだろうし)。

ざっくり言うと、自己中心的で我がままで、ちょっと内向的な現実主義者で、柔軟な自由人といったところか?


・・・当たってるような気がする。

エントリの内容によって、この診断結果は表情とともに変化していくみたいけれど、1年後とかどうなってるのかを想像すると、ちょっと面白い。

プラスの言葉と精神論

20071227004_blueback.jpg


このエントリを読んで思ったんだが、

 マイナスの言葉を使うな。プラスの言葉を使え。ってホント?-FPN

『「お疲れ様」という挨拶の代わりに、「お元気様」と挨拶をしている会社があるそうです。』という記述があるんだけれども、これは実際に前職であった。理由としても似たような意味。疲れていないのに、お疲れってネガティブな印象を言われると、仕事に差し支える、と。

さらに、2つのみかんを用意して片方にありがとうといい続けると、もうひとつの方よりも腐るのが遅くなる、という実験映像まで見せられて、ポジティブな言葉を使いましょうということだった。

当初聞き流していたのでどうでもよかったけれども、組織がこういう方向に動き出したらもうおしまい。日々の生活に精神論的なものを取り込んでしまうから。そもそも、「お疲れ様」という言葉の「疲れ」という言葉の意味に着目しているだけ。実際に自分達がこういう決まり文句的な言葉を発する時には、その時のメンタルの状態で印象が変わる。元気に言えば、それで済むだけであってその言葉が含む個別の意味なんぞを見る必要なんてない。「お疲れ様」はそれひとつが挨拶であって、通常使わない「お元気様」なんて使う方のストレスの方がよっぽど大きい。これは、言語を屁理屈で考えるタイプに多い思考で、言語が生き物ということを理解していない人に見られる傾向。

みかんの実験に関しても同様。

 覚えておきたい、ニセ科学リスト-妄想科學日報

このエントリの中にある次の記述が、似たようなもの。

水からの伝言

「水に"ありがとう"と書いた紙を見せると綺麗な結晶が、"ばかやろう"だと汚い結晶ができる」という宗教的説話。単に思い通りでない結果が出た時は失敗として処理してるからそう見えるだけ。

逆説的に、水に良いことか悪いことかの判断を委ねるという思考停止。


平たく言うと、ありがとうネタもみかんネタも、効果に関しての根拠などない精神論的な話。それを社員に強要させるなんぞ、いってみれば悪質な霊感商法とさほど変わりがない。

思考停止、という記述があるけれどもこれはピッタリの表現だと思う。何か問題点があった時に、その原因を考えずに他のところに原因を求める安易な姿勢が、こうした楽な方へと人を導いていく。

例えばパチンコやパチスロの世界では、こういうものをオカルト、と呼ぶ。例えばパチンコなんかは、完全確率方式で大当たりの抽選を行っている為に、理論上1/300の確率の台だとしても分母の7倍ぐらいのハマリは十分に想定できる範囲。つまり、2000回以上まわしても、1回も当たらない可能性はある。ところが、こうした理屈を理解していないと2000回も当たっていないなら、もうそろそろ当たるだろうと考えてしまったりする。典型的な負け組の思考回路である。


同じネガティブな言葉でも、使っちゃいけない場合はこの思考停止の状態を晒す場合。つまり、何か仕事を振られた場合に即答で「無理」「難しい」と返す人は多い。無理というのはとてもネガティブな言葉で、かつ便利。自分はこの言葉を仕事においては即答で使用することを自ら禁じている。それは、実際に内容が困難と思えるものでも、1回方法を考えるステップを踏むようにしないといけない。それを経たうえで、

「○○という理由で無理です。その代わり○○というのはどうですか?」

と別案を同時に出すようにしている。つまり思考を停止するのではなく、更に前に推し進めるように活性化させることが大事。

なんにせよ、一般的な挨拶や敬語などの言葉の使い方以外で、何よりも先にこうした言葉の精神論を掲げる人達に一流はいないのがどの世界も一緒。安易な方法で楽できるほど甘いもんじゃないよ。

Next Page »

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。