スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つれづれ

SCSF20090415_view.jpg

先週末の長野までの1000円ドライブは、諸々の事情で延期。

そんな訳で、代官山から出ない生活なのでこれといって特筆することがないってのが・・・。
直近、仕事である案件につきっきりになっている(その仕事が楽しいからなんだけど)。

■ルーティンの仕事
■テトの散歩&テトとラブつく
■掃除とか、洗濯とか家事全般
■ジム
■スクール

以外の時間帯はほぼその仕事をやっていて。睡眠時間まで削っているからもはや「仕事」という範疇を超えてしまっている感じ。

でも、そんな仕事だか遊びだか趣味だか区切りがつかないことをやっているうちに、1億円っていう今期の目標はさらっとクリアできそうで、勝手に結果がついてくるのは楽といっちゃぁ、楽。一方で、もともとの目標設定が低くて、やっぱり10億ぐらいを目指さないといけないのかなぁ、と漠然と考えたりも。10億でも100億でも、やるべきことはわかっていて、その道筋ははっきりと見えているんだけど、その桁があがるほど稼働が厳しくなるから二の足を踏むんだが・・・。

でも、そんなイメージを具体的に意識させてくれる今の仕事には感謝している今日この頃。
3年目も、思ったより恵まれている自分がいたり。


******

写真はベランダから見た恵比寿方面。
最近、ようやく薄着でベランダに出ても耐えられる気候に。ウチは代官山の一番の高台にあって、更に最上階の部屋なので吹きつく風がシャレにならないほど寒かった。それが最近では、日中はベランダのテーブルまでノートを持ちだして、太陽の下で仕事ができたり、ぷくぷくしながらコーヒーを飲んだりと、なかなか快適な状況に。

こりゃ、夏に向けてプールサイドにあるデッキチェアでも買って日焼けでもするか、なんて思ったり。

******

最近、ジムに行く頻度が週3、4回程度に落ちてしまっていて、体の絞り込みがイマイチ。

6月末までに体脂肪率を一桁に持っていくために有酸素を多めにしているけれども、もうちょっとキチンとやらないといけないことを痛感して、先週から二部練に。これで、全く行けない日をカバーする予定。
さらに、ウェイトに関しては集中を増すメニューに。

簡単に言うと、1日あたりの鍛える部位をせばめるということ。


あと、ボクシングをスタート。
ある日、自分は拳での打撃の技術がないことに気がついたから。ガチの喧嘩の時に、タックルしたり、蹴ったりはできたけど、拳を使ったことがない。

まあ、この年でそんな必要はないと思うが。

これが、パンチを繰り出すときの自分がマジしょぼい。
初めてジャンプシュートを練習した時の桜木花道ぐらいにしょぼい。

頭の中のイメージでは、幕の内一歩だったのに・・・。

デンプシーロールができるまでの道のりは遠い。
スポンサーサイト

コムロとオバマとドコモ

逮捕前日夜中、たまたまWikiで小室哲也の項目を調べていたら、途中で編集が途切れていた。略歴の2000年以降の部分がごっそりと。なんでだろ?と思ったんだけど、その数時間後に連行されたことや、某掲示板では数日前から今回の件が書き込まれていたというから、そういうことも関係しているのかな。

自分が初めて自分のお金で買ったCDはTM NETWORKだった。CAROLというアルバムだったと思うけど、当時バンドブーム全盛で同級生がBOOWYなんかにが人気だった頃に、シンセの機械音の音楽にちょっと夢中になってた。音楽もそうだけど、曲名やプロモーションのコンセプトなんかにセンスを感じていて、今でも自分のクリエイティブな部分に多少なりとも影響があると思う。

詐欺であることを本人も認めているし、犯罪なのは間違いなさそうだからこれは罪を償わないといけないんだろうけど、生粋のアーティストである人間がお金に追い回されてしまったらこうなってしまうのもしょうがないのかな、とちょっと同情もする。マイケル・ジャクソンの時も思ったけど、こういう人達に一般的なお金の価値観を持ちなさいというのがムリじゃないかな。結局は本人の責任で残念な結果に終わってしまったのだけど、だからといって周囲があーだこーだというのもちょっと違うと思う。

今回の件でマスコミ、一部のテレビ局の報道には本当に嫌気が。たとえば、100億稼いだのにそれを数年で使い込んだ・・・とあるけれど、ビジネスの世界で生きようとしたならば、そのプレイヤーがプロだろうが素人だろうがそんなお金はあっという間になくなる金額。一般の生活レベルと比較して浪費がどうのこうの、というのはちょっと的が外れている気がする。あと、一部のコメンテーターが小室の楽曲を批判したり、なんでかサザンと比較していたりするのも呆れた。才能すら否定して優越感を感じたいだけなのかね。たぶん、根底に流れているのは才能や実績にどうあがいても敵わないと思っていた人が窮地に立たされてたのを見て、胸がスッとする思いなんだろうな。。。よっぽど残念な人達だ。

罪を憎んで人を憎まず。音楽に関しては非凡な才能を持っている人なんだから、いつかその音楽で復活をしてもらいたいなぁ、と。昔からのちょっとしたファンとしてはそれだけを願う。



午後にタクシーでケータイのニュースを見ていたら、オバマ勝利確実の速報が。ほぼ予想通りだったとはいえ、歴史的な瞬間を感じて、ちょっとだけ興奮。ドラマの24とかでしか見たことがなかった黒人の大統領誕生というのは、何かアメリカが変わろうとしている意志が具現化した結果なんだろな、と。何よりも凄いなぁ、と感じたのは1億8000万人の人達が熱狂的なまでにこの選挙を盛り上げたという事実。それだけ、一国のリーダーに対しての思いが強くて、特別ってことか。コロコロリーダーが変わって、いつも支持率が半分にも満たない冷めた国にいると、そういうアツさが羨ましい。



DoCoMoの冬の新機種が本日発表。今回から90×とか70×という機種名から変更して、4つのシリーズ分け(STYLE、PRIME、SMART、PRO)で登場。その数なんと22機種・・・。今までのAll in Oneなものと違って、あえて機能をそぎ落としているもあって、ちょっと選択が難しそう。機能重視路線からいけばPRIMEから選ぶのがいいんだろうけど、まだ全部把握してないからじっくり比較して次のメイン機種を決定する予定。

それよりもDoCoMoにお願いしたいのは、その新機種の紹介ページの使い勝手が異常なまでに悪くて、ちょいとイライラするからなんとかして欲しい、というところ。。。

仕事に関しての備忘録その2

徐々に5月の数字を〆始めつつ、かつ1stQの数字もまとめているんだけれども、ざっくりとだんだんと見えてきた感じ。

1/26に今季の目標を掲げた

1 売上目標4000万円
2 純利益400万円(但し、投資案件によって変わる可能性アリ)
3 四半期ベースでの黒字達成

とりあえず、通期の1/4を終えている段階で、売上が1000万を超えているのでラップ的には問題なし。3の四半期ベースの黒字も最初っから見えていたのであんまり意識をしていないかった。で、2の通期の純利益の400万だけれども、1stQで200万強っぽいので、目標自体かキャッシュの使い方を見直す必要がある。

現状は、無借金かつ投資という投資を行っておらず、キャッシュフローは営業関連しかない。ここに投資なんかについて考えていく必要があるのかも知れなくて、残念ながらこうしたことに関しては自分がまだてんで何もできてないし、何も考えていないことを認めざるを得ない。

純利益400万って目標は単純に売上の10%ぐらいかなぁというアバウトな感覚によるものだった。ちなみに、自分が関わる小売業においては8%が優良かどうかの境目と言われている。8%以上であるならば優秀、それ以下なら並以下ってことだ。さらに個人的な意見で言うと、売上が140%以上の成長をしていない限り、3%以下の純利益の会社は将来性が見えないと思っている。100億の年商の会社が3億以下の純利益で、翌年の売上目標が140億以下ならば、停滞か終焉の方が近いってこと。あと、よくベンチャー系の会社で、先行投資を理由に黒字化にならない事を言い訳にしているところがあるけれど、その場合は売上の伸びが200%以上の成長をしていないとダメ。

創業からの年数や、売上の絶対数で当てはまらない場合もあるけど、10期以内の会社であるならば間違いはないと思う。Hashはこの条件に当てはまるから、このベースは意識をしないといけないし、意識したい(それを言っている人間が経営しているんだし)。ただ、Hashは小売業でないので8%程度の純利益では問題が生じる。1stQは、現在のところ22%ぐらいの純利益なのだけれど、利益を追いつつも投資をして、さらに社内で働く人や周りに十分な還元を行っていく必要もある。このバランスをどうやって実現していこうか、ということをもうちょっと考えていこうかな、と。もちろん20%の純利益は結果として残していきたいし、200%の成長もまだ続けていきたい。


3年目の目標は、

1 売上目標1億円
2 純利益2000万円(但し、投資案件によって変わる可能性アリ)
3 新規事業の黒字化

となる予定だから、そうした部分も踏まえて方法を模索する必要があるな。

Happy

SCSF20080402_copenhargen.jpg


言葉ではなんとでも言える。大事な事は、行動。
それだけを見ていれば、自分にとって本当に大切な人がわかる。
自分の事を大切にしている人がわかる。

だから。

約束を守ること。
嘘をつかないこと。
言い訳をしないこと。

それが何よりも大事なんだろう、と。

そういう人達が本能的にわかってしまう自分は、
キツイんだけど。

でも、大事な人達を幸せにするということを、
続けていかないといけない。
その人達は、
自分のことを大切にしてくれるから。

約束も守ってくれるし、
嘘をつかないし、
言い訳もしないから。

だから、あなたのくれたメールが
とても、とても嬉しかった。

ありがとう。

と、ちょいと飲みすぎて余計なことを考えてしまったから、
テトたんと一緒にもうそろそろ寝ときます。

zzz。

Buenas Noches.

数字が全てを癒す

SCSF20080324_sakura.jpg


もうそろそろ来るだろ、と思っていたら、やっぱり来た。

コンサルティング先のクライアントのB to C事業。1ヶ月でテコ入れを行って、徐々に効果が出始めたこともあって月次の売上が昨年1年間と同じところまでになりそう。ほぼ計画と感覚通りに進めていたことと、現場担当者がしっかりと全てに対応してくれたから当然といえば当然。特別な事は何もやっていないし、基礎に立ち返っただけで、結果なんてものは必然的についてくるもんだけど。

結局は、こうして結果が数字に反映されると周りの見る目が変わってくる。そんな空気や動きが来ているなぁ、って感じるのは悪い気分じゃない。結局、どんな状況でも数字という結果が全てを癒してくれるのです。仕事はスポーツと同じようなもの。プロスポーツのようなもの。ポイントを競い合い、最終的にそれで優劣がわかれるのです。そして、それが何よりもの評価になる。

だから、過程や経験を偉そうに語るのはどうでもいい。

「自分だから、これができた。」
「気合いを入れて頑張る。」

そんな延々とした自慢を語る人や精神論をぶちまける人ほど、結果の数字にはさほどこだわない。
そして、最終的に負けていく姿を何度も見てきた。

誰よりも評価されるべきは、現場でコツコツと動いて実際の数字に繋げていく人達。
過去最高の売上高更新。残り1週間で更に上げていくように頑張りましょう^^。

Black&White of Me

SCSF20080207_sho.jpg


サッカーワールドカップの予選の試合があった。
ちなみに「ワールドカップ」という表記は、FIFAだか電通だとかが権利を主張してがちゃがちゃ言っているので、もっとオフィシャルなテキストでは書けない。

珍しくTVをつけていたけど、まあ勝って良かったね。岡田監督になってなんとなく注目度が下がったけど、これぐらいの方がいい結果が出たりして。でも、どうであれ楽しみがちょっと減るから、きちんと日本も南アフリカには出場して欲しい。

---
で、その試合にあわせて簡単に料理をして、モグモグしていた。その前にカクヤスに電話をしてビールを配達。雪だったし。

簡単に計算したんだけど、500ml×24本がなくなるのに3日。つまり、一日8本を平均で飲む計算。これで4ℓ。その前に大抵、オフィスで1ℓ(500ml×2)飲むから、平均で一日5ℓ飲んでいる。今年に入って飲んでいない日はないから、年間では1825ℓを飲むことになる。おお、これってプールとかで換算できるんじゃん?と思って、調べてみたら、25mプールは約480000ℓ必要なんだと。これって、0.4%弱にしかならない。

そういう訳で毎日ガロン飲もうがたいしたこたぁ、ない。

今日、Keiちゃんとhongo君と食事の話になったが、あんまり食ってないのは間違いない。あと2kgで高校時代の体重に戻る。15年振りの重さ。

嬉しいんだか、悲しいんだかわからずお風呂の中で飲む。でも、ま、いっか。昔、太ったから別れる、みたいなこと言われたことあるし。

---
夕方。電話でやり取りをしていて、キリキリするような空気を自分で感じていた。そして、あぁ、ここが自分の生きる世界なんだなぁ、と。自分は、ブログで眉唾の机上の理論を展開して満足したり、自慢話をしていながらも、本当の意味での結果は残せない経営者をせせら笑っているぐらいの方が、良く似合う。

嫌なヤツだけれども。

---
テトの散歩はさすがに今晩はムリ。ゴメンね。

lousy liar

SCSF20080127_dawn.jpg


24のシーズン3後半6本をまとめて先週借りてきていたんだけど、平日に忙しかったりして全く手をつけていなかったら、返却期限が迫ってた・・・。昨晩にようやく観出したんだけど、当然見終わることなく延滞料金を支払って日曜までにまとめて観る事に。なんか、あっさりニーナが死んだりしていた。。。
---

そんな間でも、ビールが20本以上冷蔵庫にあるとそうおいそれとなくならないという安心感か延々と飲み続けていて、気がつけば10本以上の缶が横に転がっているわけで。DVDの3本目の最後の方で力尽きて寝てしまった。
---

いつも通り、心臓をつかまれるような気分で見る夢で目が覚めた後に、とりあえず顔を洗ってからポチポチとblog巡りなんかをしていたけれども。この常に穴が空いたような気持ちはどうすればいいのやら。仕事をしたり、電話で話を聞いたり、相談をされたり、そんな間は気が紛れて落ち着いていることができるのだけれども。朝のこの時間帯は少々うんざりし始めている。

自分への嘘がこんなにしんどいものなんか?

と、自問自答しても別に何か変わるわけじゃないから、やらないといけないことを淡々とやるだけ。
さ、洗濯しよ。天気はいいし^^


仕事に関しての備忘録

SCSF20080126_officehash.jpg


以下、独り言。

ウチの会社は日計りの売上がほとんどないといっていいので、1月末の請求書を確定した段階で年間の売上も同じく確定。光熱費や通信費など若干動く可能性のある支出があるとしても、大きな買い物をこれからしない限り会社の業績は固めることができる。

そういう訳でこの2週間でほぼ決まる初年度の数字は、売上2100万円で、いわゆる純利益が-150万程度。うーん、残念ながら数ヶ月前にいけるかも・・・と思っていた黒字化は難しそう。残念。この大きな原因はやはり前期にまだ大きな売上をあげることができなかったことが理由。会社設立費用と合わせて280万ぐらいの赤字を出しているし。

資本金より大きいんですけど。

まあ、幸い手持ちのキャッシュの範囲で収まることができたのは良かったし、体制上利益の絶対額を追う方がわかりやすいので、それほど売上に関しては意識をしてない。ただ、売上は、仕事に臨む上でのモチベーションにわかりやすく繋げることができること、さらに今後何かの理由でデット(有利子負債)による資金調達の可能性も考えておくと、その部分でのある程度の成長性は常に見ておかないといけないなぁ、と。

下半期のみで言えば130万の黒字なので、キャッシュフローベースだけではなく、実態としても利益を出せる体質に徐々に変わってきているのは嬉しいし、多分にラッキーな部分があるとしても半年前と違ってちょっと先を見越して動くことができるのはとても楽な状態なってる気がする。

と、いうのも自分は仕事において「数字を読む」ことに長けているから。これは自分の長所だとはっきりと自慢できちゃうところ。つまり、良くも悪くもベースさえあれば数字をシビアに、しかも的中率高く予想できるので計画を立てやすい。

そんなわけで、既に来期の目標を徐々に固めているだけど、一方でリアルな数字が既に反映している「読める」第一四半期に関しては、既に黒字確定。固定費を1.5倍に引き上げたけれども、特に問題はなさそう。後はどれだけ積み上げることができるか、なんだけどできればここで溜まっている初年度の損失を全部返済するようにしたい。まだ数ヶ月あることに加え、見込める売上(というか利益)のうち、意識的に外しているものがいくつかあるので可能性はかなりある。

ここでこの条件をクリアしてしまえば、確実性を追うこれまでの方法の「継続」という選択肢に加えて「挑戦」というもう一個のオプションを増やすことができる。いわゆる投資となるわけだけれども、ここに関しては具体的なアイディアがまだあるわけじゃないから、これからゆっくり考えよう、と。

年間を通じての目標としては、
・売上目標4000万円
・純利益400万円(但し、投資案件によって変わる可能性アリ)
・四半期ベースでの黒字達成

こんな感じかな。3年目に売上で1億円を超えたいのだけれど、ただ単純に売上をあげることは簡単なので、現状の利益率を守りつつ動ける事業を考えていこう。

全体としては以上だけど、一方で個人的な目標もあって、年間の売上目標が3000万円、粗利で1500万円をあげること。これは自分ひとりのパフォーマンスの目標であって、逆算をして何をすべきかを考えていこうと思ってる。

つれづれ

SCSF20080118_cap.jpg


車での移動がしばらくないので(たぶん納車が月末)、この寒さに耐えかねて、ニット帽をまとめて購入。これで全部で2980円。カラーも使える3色で揃ってますしね。一部では

「ロン毛」

と囁かれている髪をまとめるのにもお役立ち。ちなみに、好んで髪が長いわけではありません。身近な人ほど、

「長い方が似合う。」

というのを考慮して。ファッションにおいては、自分に似合うスタイルは他の人の意見を聞くべき。


---
夕方から延々と来期のコスト計算の試算。ウチの会社は2月決算なので来月に初の通期の決算を迎えるわけで。その〆処理の準備をしつつ、頭の中は来期の四半期のことでいっぱい。幸い、仕事自体の方はすこぶる順調なので、あくまでも、

・クライアントの満足度>報酬
・収入-支出>ZERO

の部分を死守しつつ、ストイックに行くしかない。


---
lightがこんなことを言った。

「どんな辛い状況においても、SHOHEIが楽なようにしてほしいと思う。」

そう言葉を聞くことで、自分の心はかなり軽くなる。


騙し

SCSF20080114_shoe2.jpg


お気に入りのデニム1本、とうていはけないぐらいに破けた。かれこれ、3年以上はいていてたんだけど。昔、日本橋で買ってちょっと思い出があるものだったのになぁ。まだこういうのが続いている。

寒すぎるので、電車で部屋に戻ってきてから残った仕事を飲みながら片付け。それから、しばらく滞っていたブログのチェックやら、次に読む本の物色やら。


最近、経験則・・・というものを感じる時があって。ここ2年ほど試行錯誤しながら取り組んでいたことに対してちょっと先が予測できるようになってきた。物事には「騙し」という動きがあって、これは誰かが無意識に行ったり、意図的に行われるテクニックだったりする。野球でいえば空振りを誘う高めのボール球だし、バスケでいえばノールックだし、アメフトで言えばドロープレーだ(わかる人がわかればいい)。

騙し、というのは聞こえが悪いが、言い換えれば駆け引き。この駆け引きは初めて経験する時は100%の確率で引っかかる。間違いない。自分も全部引っかかってきた。その騙しに気がついた時には混乱を招くような失望感と変な汗が出たもんだが。

騙しも数回続くと、例え引っかかったとしても冷静に対処できるし、その内騙されることすらなくなってきたりする。その一方で、自分もそのテクニックを使ったりするようになるんだが。今日は、そんな動きを逆手に取る対応ができた。なんというか。全く波がたたない水のような心でじーっと見ていたというか。詐欺師とわかっている人が、自分を欺こうとしているのを見ているというか。そんな感じ。その対象が集団心理だっただけに、実態は存在しないけれども。


こうした感情の一方で、自分は好きな人になら騙されてもしょうがない、と思っている。それが、自己防衛の為に「あなたを傷つけたくなかったから」という言葉で固められていたとしても。

これはしょうがない。

自分は言葉よりも行動を見るから、話の中で感じる違和感を即座に感じることができるけれども、一方でその人を信じたいという気持ちが葛藤を始める。そして好きな人ならば、違和感が必ず負ける。

これはしょうがない。


ただ。違和感が勝った人は一生信じないことにしている。いくら言葉が立派でも、周りから賞賛を浴びていても。自分の感性と経験を信じることにしている。なぜならば、違和感が勝った段階で自分にとっては死んだ人と同じだから。

まあ、そんな事を思いながら今年になっても全く減らない酒の量に、そこに経験則を持てよ、とノリツッコミしながらガロン分積み重なった缶を眺めていたりしてる。
Next Page »

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。