スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノロ

ノロウイルス(Norovirus)は、非細菌性急性胃腸炎を引き起こすウイルスの一種。カキなどの貝類による食中毒の原因になるほか、感染したヒトの糞便や嘔吐物、あるいはそれらが乾燥したものから出る塵埃を介して経口感染する。ノロウイルスによる集団感染は世界各地の学校や養護施設などで散発的に発生している。「NV」と略されることがある。


症状
症状の始まりは突発的に起こることが多く、夜に床についていたら突然腹の底からこみ上げてくるような感触がきて吐き気を催し、吐いてしまうことが多い。しかもそれが一度で終わらず何度も激しい吐き気が起ったり吐いたりして、吐くためにトイレの便器のそばを離れられないといったことも起きる。しかも、無理に横になろうとしても気持ち悪くて横になれず、吐き気が治まった後は、急激且つ激しい悪寒が続き、さらに発熱を伴うこともある。これらの症状は通常、 1、2日で治癒し、後遺症が残ることもない。ただし、免疫力の低下した老人では、死亡した例(吐いたものを喉に詰まらせることによる窒息、誤嚥性肺炎による死亡転帰)も報告されている。(Wikipedia)








ノロウィルス感染の疑いがある件_| ̄|○。

昨日、実は夕飯を自炊してみた。誰でもできるビーフシチューですが。
夕方から仕込みをはじめて、2時間ほどかけて煮込んでいる間に・・・、なんか具合が悪くなってきてベッドに横になったり。

なんとか、シチュー自体は食べれるもの(?)に仕上がって、美味しく頂いたんだけど、食べ終わるぐらいから本格的に体調が悪くなってダウン。

それから一晩中、ちょっと汚い話なんですけど1時間ごとに起きてトイレに行くという最悪の夜を過ごしました。
結局その状態は昼まで続いて、現在も弱ってる。

ほんとは、久々の自炊のネタで書きたかったブログもそういう訳で全然料理を楽しむことができず残念。早く治さねば。。。
スポンサーサイト

ファントムブラッド

なんか、PCの調子が悪い・・・ってか、なんか動作が遅くなっていた気がしたので、カタカタといじっていた。

PCのスピードが結構重要な仕事をしているので、フリーズしたりすると結構知名的なところもある。なので、不要だなと思うプログラムを削除したり。やはり、IT業界に関わる者としては、自分が使うマシンぐらいはきちんとメンテナンスをしていないといけないよな、うん。

ん?あれ???
ネットが繋がらなくなっちゃった?

プロバイダの設定を再度しなおしてみたりしたけど、我がマシンは無反応。


うーん、最近昼間につながりにくくなる時とかあるからなぁ。やっぱりマンションの人が休みの日に一気にネット使ったりするからなのかな。新しい部屋に行ったらもうちょっといい環境にしなきゃ。

・・・ん?








LANケーブルが抜けている件_| ̄|○。

・・・。電器メーカーの問い合わせの80%は、取扱説明書で対応できるものだと聞いたことがあるが。
取扱説明書以前の問題で30分以上四苦八苦しているIT業界関係者と自称する馬鹿がひとり。

LAN差し込んだら、普通に繋がった。。。


***
久しぶりに一人で、ふらっと出かけることにした。

と、いうか観たい映画があったんだけど。諸事情でひとりで見に行くことに。
そういう訳で、電車に乗ってまずヤボ用があるので秋葉原まで。
改札抜けたとたんに帰りたくなった。。。何?この人の多さ?

でも、一応確認したいことがあったので、駅前のヨドバシカメラに。一階から入ると、ケータイ電話売り場のレジににディズニーランドと間違えんばかりの行列が出来ているのを横目に、エスカレーターで六階まで。

目的は、Nintendo DS(色はピンク)。

もちろん、売り場に、

DS、完売しました。(入荷予定もありません。)

という看板があって、そのまま踵を返してくだりエスカレーターに乗りましたけどね。いつになったら、普通に買えるようになるんだろう、DS。

そのまま、また電車を乗り継いでついたのは、豊洲。ららぽーとにある、ユナイテッドシネマに。

その前に、海側の広場にひとだかりが出来ていたので、ちょっとのぞいてみたら猿まわしやってた。


070225_170337.jpg


かわいいねぇ^^。周りにたくさんの家族連れが囲んでた。

映画館までいってチケットを一枚購入。

そしてのその映画は、これ。



070225_190023.jpg

JOJOの奇妙な冒険ファントムブラッド

JOJOでございます。
今更、なぜか一部が映画化になったのですけど、すでに連載開始から20年ぐらいたっているから、子供はわからんだろうに・・・と思ったら、PG-12指定(12歳未満はなるべく保護者が同伴。)だった。。。まあ、ちょっとグロい描写があるからね、荒木飛呂彦は。


※以下、ネタバレ注意。

それで、あんまり普段はネタバレは書かないけど。
観終わった後の感想としては、こんな感じだ。
070225_170516.jpg




まず話、ハショりすぎじゃね?

まあ、一部はJOJOの全作品の中でも一番短いんだけど、あれを2時間にまとめるのはちょっとムリがあるのかもしれん。だから、ある程度短くなるのはしょうがないとしてもだ。


スピードワゴンが出てこないのはどうよ。


03.jpg


だからって、ザコキャラの声をお笑いのスピードワゴンにやらせるというのも。。。な。
タルカスとか、ブラフォードといった結構強敵も、ちょっとしか出てないし。

さらにだ。これが一番納得がいかないのだけれども。

JOJOといったら、名言。

特に、DIO様の名言。これがないと始まらない。


「『波紋』?『呼吸法』だと?フーフー吹くなら…このおれのためにファンファーレでも吹いてるのが似合っているぞッ!」

「猿が人間に追いつけるかーッ!お前はこのディオのとってのモンキーなんだよジョジョォォォーーーッ!!」

「おまえは今まで食ったパンの枚数をおぼえているのか?」


↑以上、全部カット_| ̄|○。

これには、恐らく全国のJOJOファンも納得がいっているまい。ファントムブラッド製作委員会に文句を言ってやりたい。

それにしても、意外にお客さんが入っていたのだが、客層が今までの映画館では見たことない感じでね。。。アキバ系?
ある意味刺激的。2ちゃんでも人気だからな、JOJOは。

鍋パーティー

前日、Deathに良かったらおいで、と誘われたので「翌日、電話するよ。」と言っておいた。

色々と疲れもあったので、お昼ぐらいまでゆっくりと寝てた。起きてからケータイを見たら、Wちゃんからゼロックススーパーカップを観に行ってくる・・・というメールが。

ああ、今日はレッズvs.ガンバの試合があったんだな、と外出の準備をしながらTVで観戦。






前半のみで観戦中止。

レッズ、チームコンディション悪すぎ_| ̄|○。
この前の、海外遠征(Bull’s Cup)でも懸念していたけども、特に守りが・・・。怪我人が多いのもそうだけど、まだフィットしていない感じだなぁ。この前は、相手がバイエルン・ミュンヘンとかだったからあんまり心配していなかったけど、Jでは強いガンバとはいえ、この結果はちょっといただけない。
シーズンを通して、うまく具合にまとめていって欲しいもんだ。


***
中目黒にて、13とアイボと待ち合わせ。天気が良かったら西郷山公園に散歩に行こうと思っていたんだが、寒い。
なので、Framesでまずご飯。
で、13と今日の鍋どうする?と相談したところ、ある条件を満たせば行くことに決定。

そういうわけで、Deathに電話。








SHOHEI「ねえ、Wiiある?」

Deathが、鍋を主催するO夫妻に確認して折り返し。


Death「あるってよ。」

SHOHEI「じゃあ、行く!!!」

鍋の内容でなく、Wiiの有無でパーティー参加決断。
ついでに寒いので、散歩も中止。


***
17時に待ち合わせをして、途中で肉やらビールやら買いこんで。O夫妻の家に。久しぶりに会ったけど、元気そうだった^^。

食卓には、美味しそうな料理が並んでいたんだが、まずはWii。さっそく、ソフト(Wiiスポーツ)を入れてもらって、テニスやらボウリングやらを始めた。

観るのもやるのも初めてだったけど、大人数でやると確かにおもしろい、Wii。操作も簡単だし、リモコンも、まあきちんと反応してくれるし。

そして、鍋も美味しかった。これまた初めて食べる豆乳鍋。ビールもすすんでかなりみんなでご満悦^^。色々とありがとう、O夫妻。

全部楽しい時間だったです。





ただ、O夫妻の愛娘が仮面ライダーかなんかのお面を被った俺を見て号泣した以外は_| ̄|○。

なんで泣かれるのかなぁ、子供に。。。

禁断の領域

世の中ってのは、ホントに便利になったもんだ。

「牛肉 レシピ」

とググるだけで、今晩の夕食に何を作ればいいのか検索することができるんだから。

そういう訳で。

禁断の領域に入ることにした。それは・・・。







料理


ウンチク野郎のため、一旦料理の世界に入ってしまうと、その奥深さに、恐らく激しく勉強してしまうだろうという怖さからあえて手をつけていなかったが。

単純に、家にいる時間も結構長いので、外食ばかりだと健康に悪いし、今は色々と節約をしないといけない時期だから・・・というのが理由なんだけど。

そういう訳で、これから仕事で外出ついでにスーパーマーケットに寄って参ります。今晩のメニューは後ほど。

***






料理どころか、台所にも立っていない件について。

すみません。m(_ _)m

予定が変わって、結局外食。。。
POとDeathと13の4人で、渋谷で串焼き。そして、結構飲んだり。禁断の領域に踏み込むのは、もうちょっと先になるかも。

四等戸の最下級

うちの家系は、下戸でございます。

オヤジも飲まないし、数年前に亡くなったおじいちゃんも一滴も飲まなかった。オヤジなんぞは、結婚式の披露宴の席で、少量の酒で、高砂でぶっ倒れたぐらいなんだとか。

そういう訳で、子供の頃から家に酒のある環境がなかったため、初めて酒に口をつけたのはオーストラリアにいた頃。ビール一杯で酔いつぶれた。。。

なので、いわゆる飲み会という席は若いときから敬遠をし、酔っ払いを毛嫌いしていて、酒なんぞこの世から無くなってしまえばいいと思っていたね、20代の頃は。





32歳の今年になって「飲んでいない日」が二日しかない件について。_| ̄|○

あぁぁぁ。。。肝臓が壊れてしまうよっ!たぶん、自分のDNAレベルでは、酒の耐性なんぞないんだから。

ただ、下戸と化け物は無い、という言葉の通り、酒ってのは慣れてくると意外に飲めるもので。しかも、父方のDNAは酒の情報が入っていないけど、母方はかなりのんべいな家系だった。

だから、気にするほどじゃないのかもしれんが、週一回は休肝日を作った方がいいのかもしれん。ただ、自分の情報カテゴリの中で「健康」に関する引き出しが極端にないので詳しいことはわからないが。


そんなことより、下戸がなんでゲコというのかの方が気になったので、ちょっと調べてみた。


下戸は、律令制で「大戸・上戸・中戸・下戸」と呼ばれる四等戸の最下級である。
「戸」は課税などの最小単位で、家族の人数や資産によって四等戸が決められていた。
婚礼時の酒の量が、上戸は八瓶、下戸は二瓶であったことから、酒が飲めない人を「下戸」と呼ぶようになり、酒をよく飲む人を「上戸」と呼ぶようになった。
また、日本の「上戸」や「下戸」のように、貧富の差から飲酒量を喩えた言葉は中国にもあり、「大戸」や「小戸」と呼ばれている。



・・・軽く萎える。酒が飲めないのは貧乏なのか?

で、調べている過程で、下戸の有名人リストってのを見つけた。

これを見ると、見た目と酒は関係ないことがわかる。自分が感じた、「この人飲めないの!?」というのは、

■泉谷しげる・・・昼間っから飲んでそうなのに。。。
■植木等・・・あのテンションは素なのか。
■江本孟紀・・・普段から酔っ払っているようなキレ方をするけど。
■北島三郎・・・酒は演歌に必須だろ。
■高倉健・・・日本酒が似合うのに。
■舘ひろし・・・ワインとかのウンチクを語っていそうだが。
■友近・・・キャバクラのネタのイメージが強いせいかなぁ。
■ヒロシ・・・元ホストだろ?
■星野仙一・・・焼酎似合うのに。
■横山剣・・・バーにいそうな雰囲気は?
■レイザーラモンHG・・・ゲイバー?

ちなみに、自分も飲めない・・・っていうと、見た目は酒好きなのに、って言われる。

今晩は、フィジーのラムをロックで^^。いいのっ!昨日、酒を飲まなかったから!!

You're Pitiful

ふと知ったのだが、2月22日はジェームス・ブラント(James Blunt)の誕生日なんだと。

元軍人で大尉だったという経歴もびっくりするが、それよりも、あの面で自分と同い年ということが衝撃的だった。

んで、かの名曲「You're Beautiful」をきちんと見たことがなかったので、YouTubeを覗いてみたら。。。

どうやら、権利の問題で本人のPVはアップされてなかったんだけど、かわりにアル・ヤンコビックがパロディーやってんのを見つけた。。。

You're Pitiful - "Weird Al" Yankovic


My life is brilliant

What? Was I too early?
Oh, sorry
Should I
Do you wanna start over?
Or keep going?
OK.
Now? Now?

My life is brilliant
Your life's a joke
You're just pathetic
You're always broke

Your homemade Star Trek uniform
Really ain't impressing me
You're suffering from delusions of
Adequacy

You're pitiful
You're pitiful
You're pitiful
It's true

Never had a date
That you couldn't inflate
And you smell repulsive too
What a bummer being you

Well you just can't dance
And forget romance
Everybody you know
Still calls you "Fartypants"

But you'll always have a job
Well, I mean
As long as you still can work
That Slurpee machine

You're pitiful
You're pitiful
You're pitiful
It's true

You're half undressed
Eating chips off your chest
While you're playin' Halo 2
No one's classier than you

La la la la
La la la la
La la la la
Loser

You're pitiful
You're pitiful
You're pitiful
It's true

Your dog would much rather
Play fetch by itself
You still live with your mom
And you're forty two

Guess you'll never grow a clue
Well, it just sucks to be you


うーん。さすが、アル。ホームビデオで撮ったようなチープな作りと、自虐的な歌詞がたまらん。今夜はイート・イットで見せたキレは衰えていないのと、何気に歌がうまいのがいい^^。

あと、エミネムのLOSE YOURSELFをパロってる。きちんとラップしてんのな、アル。

Couch Potato - "Weird Al" Yankovic

帰宅

お役所関係の用事があって、午後から実家に。

実家はさいたま市にあるので、電車で1時間たらずのところ。実際には、通える範囲なんだけど、ひとつ問題が。

おれ、電車がキライ。

たぶん、見知らぬ人達と接近する空間が苦手で、さらに駅に止まるたびに色々と人が入れ替わるのが、なんか落ち着かないからなんでしょうな。これが、飛行機とかだと、離陸してから到着するまでに固定のメンツなのでストレスを感じないのですが。

そういう訳で、実家にもどる時はちょっと憂鬱。本を読みながら時間を潰してた。
家についてから、車で出かけようとしたら、母親が買い物に付き合ってくれってんで、市役所⇒ガソリンスタンド⇒ジャスコのコース。

ガソリンスタンドには灯油を買いに行ったんだけど、18lで1200円ぐらいするんだね。まだ、結構高いんだ。最近は、ガソリンだけじゃなくて、灯油もセルフになっていてノズルを手にしてタンクに給油。

ジャスコには、普通に夕飯の買い物。母親が何を食べたいか聞いてきたので、鍋をリクエスト。二日続けてですが、何か?
ピックアップはまかせて、カゴを持って店内を歩きながら、色々と商品や値段を見て楽しんでいた。ジャスコのような業態はGMS(General Merchandise Store)と呼ばれ、一般的には量販店と呼ばれるものに入る。他には、ダイエーとかヨーカ堂なんかが大手だけれども、日本の小売の中でも成熟しているから陳列の仕方とか、POPの書き方とかは所々に学ぶこともあって、自分のように流通の世界に身を置く人間にとっては興味深いのです^^。

で、実家に戻って、サッカーのU-22の親善試合を見ながら、仕事から戻ってきたオヤジを交えて鍋をつつく。

070221_183131.jpg


先日、ヒポに似ていると書いたオヤジは現在ダイエット中らしく、野菜中心の生活なんだとか。確かにちょっとやせて、ヒポっぽくなくなっていた。

それにしても、決定力のある日本代表っていつになったら見ることができるんだろうかね。。。

孤独感

一日、家でPCの前に座ってた。

目の前のベランダには雨に濡れた洗濯物が。。。天気予報が思いっきり外れて、ほんと憂鬱。これで、雨にやられるの3回連続ですよ。

夜は、中目黒の方に出て鍋。今日はほんと寒かったので、むしょうに「鍋食べたいっ!」という気分。なのでキムチ鍋を食していい汗かいてきた^^。



友人のブログに、ブリトニー・スピアーズのことが書いてあったので、何気に関連のニュースをまとめて見てみた。髪の毛を剃ったのは知っていたけど、なんか離婚をした後に彼氏がいたみたいなんだね。

で、その彼がインタビューに答えていた。

ブリトニー・スピアーズと交際2ヵ月で破局したアイザック・コーエンが、彼女との関係を英タブロイド誌に赤裸々告白した。先週末のNews Of The World紙のインタヴューで、アイザックはブリトニーとの破局の原因を、「彼女が離婚から立ち直っていなかったから」と語っている。

「相手が誰であれ、まだ新しい恋愛ができるような状態じゃなかったんだ。彼女が離婚から立ち直っていないのは明らかだった。初めて自宅に招かれた時、彼女の部屋にはまだウェディングドレスが飾ってあった。その夜、セックスしながらも、まるでケヴィンが一緒にベッドにいるような気がしたよ。彼女はまだ自分の人生をリセットできずにいたんだ」。

ブリトニーはずっと不安定な精神状態で、セックスに溺れ、「なぜみんな私を放っておいてくれないの? なんで私がこんな目に遭わなくちゃいけないの?」とよく口にしていたという。

「彼女はセックスが大好きで、あらゆることを試したがった。体を重ねている時はすごく幸せそうだった。でも、セックスが終わると、まるで小さな子供のように途方に暮れていた」。

アイザックはやがてブリトニーの多大な要求に応えきれなくなり、2人の短いロマンスはピリオドを迎えた。彼は最後にこうコメントしている。「ブリトニーのことは大好きだよ。別の場所で、別のタイミングで出会っていたら、きっと上手くいっていたんじゃないかな」


アメリカというのは面白い国で、著名人がセックスが好きだのという内容を普通に語る。以前、アンジェリーナ・ジョリーも「私は性欲が強い。」などと言っていたし。一方で、ドラマでベッドシーンをやった女優が思い悩んで自殺をしてしまう文化を持った韓国という国があったりして、性の倫理は場所が変わるとこうも違うんだね。

で、思ったのはブリトニーのセックスはどうでもよくて、25歳という若さで、名声とお金を得ながらも、私生活でうまくいかなくなるケースっていうのは、アメリカのショービジネスではよく聞く話。特に子役時代から活躍している人なんかに顕著な傾向で、ハイウッドではマコーレ・カルキンやドリュー・バリモアなんかが代表的。どちらも、ドラッグや酒におぼれたりしている。ちょっと違うけど、感覚がずれているという点では、マイケル・ジャクソンなんかはそうだ。ブリトニーも、ブレイクしたのは16歳だったけれども、8歳から芸能界に身を置いているので、芸歴は長い。

こうした、スターを押しつぶす一番大きな原因は孤独感なのかな。この孤独感ってのは、お金で解決できる問題じゃないし、たとえばふとした日常の瞬間に訪れる孤独感ってのは誰にでもあるものだ。

ただ、若くから成功を収めている人からすると、こうした孤独感ってものに耐えられるようにできていないのかも知れない。お金を持っていれば大抵の問題は解決できるけれど、こうした情に絡んだものは、メンタル面の成熟度が鍵だから、対処法を知らずに大人になってしまうと押しつぶされてしまうんだろうか。実際に、今回のブリトニーの件では、子役からスターダムに押し上げておきならが、そうしたメンタル面でのケアをしていない業界を非難する声もあがっている。

自分はこうした孤独感を18~24歳ぐらいまで感じていた時がある。まあ、若い時に誰もよく経験するようなものだけど。症状がひどい時には、いわゆるうつ病の一歩手前ぐらいまでなっていた。恋愛がらみが原因のひとつでもあったりした。ただ、その対処を自分の中で見つけることができたから、これからああいった状態になることはない。

そういうところでは、ブリトニーの元カレが喋っている内容から、彼女の気持ちの状態が推し量れるので、ちょっと同情をする。

Groove Theory - Tell Me



I've been doing my own thing
Love has always had a way of having bad timing
But to my great surprise
Ever since I looked in your eyes
I had one question for you

Tell me if you want me to
Give you all my time
I wanna make it good for you
Cause you blow my mind
I promise boy that I'll be true
You're the perfect find so
Tell me if you want me to
If you thought I'd sleep on this
Boy, you're cause all I dream about is our first kiss
And you're the first one to make me feel like this
And this is one opportunity that I can't miss, no, no
Boy, you wanna know the deal
You are wondering if the words I'm saying are for real
Cause you got more appeal
Than any man in this whole world
And baby
I got to know how you feel

Sweetheart
Now it's time to let you know
I don't wanna rush
We should take it slow
Boy, I can love you
Can you help me grow
Give me a new beginning
I'll give you a happy ending



1995年の曲。当時は、クラブでかかりまくっていた、ゆる系のソウル。個人的にターンテーブルをまわす時は、これぐらいのピッチの曲が好きなので自分もよく使ってた。

アメール・ラリューの声がトラックによく合っているのと、やっぱり、元ネタのメリー・ジェーン・ガールズのAll Night Longが名曲なんだね、というのを感じる。

ドライブなどでかけるよりかは、ラウンジ系で。今日みたいな雨の日に部屋で静かにしている時などがいい。

そういえば、一時期のこのレコードけっこう高値で取引されていたけど、ヤフオクで見たら1000円ぐらいだった。売る気はないが、ちょっと悲しい気持ちに・・・。

Tell Me: The Remixes Tell Me: The Remixes
Groove Theory (1995/10/10)
Columbia

この商品の詳細を見る

ふらふら

夕方から代官山まで。

物件の契約をするためで、もう一回部屋を見て色々と質問をして結局決めた。と、いうかどうであれ決めちゃってるんだけど。

自分は、買い物をする時にあれこれ悩まないようにしている。昔、人間は最初に決定したものに80%を落ち着く、という話を聞いたことがあって、直感で買いと感じたものに従うのが気分的にも楽だから。

だから、最低限必要なところ、例えばネットであったりとか、お風呂が使えるか、とか。それだけ確認できればよかったのですよ。


その後はLa Casitaでご飯。TACATEを飲みながら、サボテンのピクルスだったり、ケサディージャやりを食して、最後にテキーラで〆。

それからコーヒーを飲もうか、と中目黒のFramesに。そしたらば、隣の人達と意気投合をして、いつの間にやら飲み会になっていた。ワインを3本あけた。。。


久しぶりに帰りにふらふらになるほど飲んだ。キツイ。。。

恒例フットサル

懸念されてた雨もやんで、恒例の第三日曜日のフットサルの為に八幡山のコートに午後からお出かけ。

特にフィールドプレーヤーをやっていて思うのは、「止まれない」こと。。。足の速さが落ちたり、持久力が落ちたりってのはある意味しょうがないけれど、止まれないのはほんとに困る。。。

フットサルって、印象でいえばサッカーボールを使うバスケみたいなもんだから、重要なのはストップ&ゴー。ところが、身体を止めることができないから、切り返しとかも全然うまくいかないし、カットを切っても次の体勢がバラバラ。

そんな言い訳はどうでもいいのだけど、とにかく自分の下手さにほとほと参る(><)。


そういうわけで、せっかくマッサージをしてもらったのに、脚が痛いので、久しぶりにお風呂にゆっくりとつかることにした。シュートに飛び込んだときに擦りむいた左ひざが痛い・・・、けど、キャンドルをつけて、天井を見ながらぼぅっと考え事をする。

仕事のこと、友達のこと、次に見たい映画のこと・・・。ふぅっとゆっくりと心に浮かぶことを考えてた。


夜はTVを見ていたんだけど、日曜日の夜はやべっちFCを毎週チェックしてる。その時に必ずウイイレのCMをやっているんだけど、前から気になっていたWEB限定のCMヴァージョンを全部ひととおり見てみた。

2~4ぐらい続き物で色々なバーションがあるんだけど、自分はこの二つがなんとなく好きだった。

プレス篇
press.jpg


クリア篇
clear.jpg


押しなさいよっ!!
事務員・ケイ(26)が必死すぎ・・・。

ヒポ

ヒポポタマス、ってなんだかご存知でしょうか?

「Hippopotamus(ヒポポタマス)」は、ギリシャ語で馬を意味するhipposと、川を意味するpotamosを語源としている。

頭胴長3.5~4m、体重1.2~2.7トン。陸上動物としては、ゾウに次ぐ重さであると言われる。ずんぐりとした体つきはブタに似ており、実際、分類学的にはブタと同じイノシシ亜目(Suiformes)に属する。

頭部は大きく、顔の側面に目、鼻孔、耳が一直線に並んでいるのが特徴である。水中から目、鼻孔、耳だけを出して周囲の様子をうかがっている様子がしばしば見られる。鼻孔は自由に開閉することができ、水中でも水が流入することが無いようなつくりになっている。巨大な口には、長く先のとがった門歯と犬歯が生えている。下顎の犬歯は長さ40~50cm程度にもなる。














要するにカバのことなんですけどね。
b_08_02.jpg


英語では、訳して「ヒポ」と呼ばれているようです。まあ、なんでカバかというと、最近あだ名がひとつ増えまして。

「ヒポポ」(泣)

もちろん、カバから来てるんですけどね。むぅっとした時に、鼻の下を膨らましたところが似ている、と。
もちろん、最近ちょっとふくよかになってきたところも然り、と。

思えば、自分のオヤジなんぞは確かにカバに似ていたりするし、このまま年を取ると、リアルにヒポポタマニスに近づいていってしまう。

気をつけよ。

Only Holy Story - Steady & Co.



Only night Holy night
こんな静かな雪の夜に
少しだけ そっと祈らせて
聖なる鐘の音が 聴こえたら
降りそそぐ 奇跡にゆだねてみて

車窓から歩くキミを誘うから 雑跡から抜けだし車道から
乗り込み2人ベンチシート 眺める景色 紐解く恋愛のレシピ
肩寄せ合い深く腰かけ サンルーフ覗けば流れ星だね
カーステの調べ パワステとシガーで 音に乗り街はBirthdayを知らせ
揺れ動く観覧車 ライト乱反射 映し出す Baby my sunshine
その真心はどこの男のトコでもなく 俺の所
そう願って交わす口づけ 外は不意に白い雪降りつけ
車内はえらくSmokey こんなイブの日に描くStory
だからもうすこし鐘の音が 響くまでそれまでお願い
すぐ側でその笑顔を見たい そう願い 粉雪よ Hold me tight...

あふれる愛しさ 感じて
忘れられない口づけを
そんな星空の奇跡には
永遠を誓う一瞬 ふれていたい

冷たい粉雪一人で風の中を さまよいあなたのため
声をからし離れ離れ もう戻らない思いはなぜ
癒えない君 あの時の冷めたセリフとその涙に
今もいいそびれて 流れて はなれてく この想い
道の向こう 渡ってるとこ 真っ白い歩道に
なれない一人 あの時のように雪のままで 昔のStory 少し宥められて
今まではこの様に 消えてる気持ちはいない永遠に
夜明けまで続け このHoly 語らない空の向こうに

冷たい涙を隠しながら
愛された瞬間 忘れないで
こんな悲しい雪の夜は
永遠を知らない明日を見たい

どこへ行っても一緒だって つれだって居た時は過ぎ去って
あなたの手のぬくもり 消える夜に はやる心押し殺して
今じゃ遠く離れた場所で2人をつなぐのは電波だけ
ゲームはすでに終演ムードなのに 電源オフれない
言い争いが出来る距離を今じゃとても愛しく思うよ
今年ももうすぐ終わるよ 答えを探してもないよ
ため息が空へ上がり冷やされて雪へと変わり
それが辺りを飾り付け 時計は12を回り
You and I 飛べない ちっとも想いが追えない
Going out 冷めない そこにはもう居ない

胸の痛みに 慣れてきても
触れあうこころ なくさないで
こんな淋しい雪の夜は
永遠をいつも 夢見てたよ

Only night 静けきこのStory
Holy night 光を灯す様に
Only night 静けきこのStory
Holy night 響かせるこのSlow Beat


***
Steady & Co.の中で一番の名曲だと思っているこの曲。以前も書いたけど、俗に言うクリスマスソング。

kj(Dragon Ash)、BOTS(Dragon Ash)、ILMARI(RIP SLYME)MC、SHIGEO(元スケボーキング)の4人のユニットで組まれていたけれど、あれからもう6年か。。。サビのボーカルはwyolicaのazumiが担当していた。wyolicaは2年前に活動休止をしている。

確か、雑誌かなんかで読んだんだけど、このkjがギターを遊びで弾いていたときのフレーズをメンバーが気にいって、曲を起こしたという話がある。確かに、kjが弾きそうなメロディーではあるな。

元々作詞能力の高いkjだけど、こうしたフローでは、ほんと感心する言葉使いをする。ロマンチストなんだろうね。


「今年はまだ雪を見ていない」という一言を今日聞いた。確かに。去年はこれでもかっ!というほどのドカ雪も降っていたんだが。3月ぐらいに一回行くか、スノボにでも。

CHAMBERS CHAMBERS
Steady&Co. (2001/11/28)
ワーナーミュージック・ジャパン

この商品の詳細を見る

マッサージ

生まれて初めてアロママッサージというのをやってもらった。

自分は子供の頃から肩こり持ちで、朝も低血圧だったりするので恐らく血行がかなり悪かった。
同時に筋肉の質が固くなりやすいので、スポーツをやっていた時は、トレーニングの後にマッサージを受けたりしていたりすることはあったんだけれども、こうしたセラピーのようなマッサージははじめて受ける。



・・・と、いっても練習の実験台としてなんですけど^^。

自分の部屋のベッドにタオルを引いて、まずはリフレクソロジーから。こいつが痛い、痛い。。。元々、足裏をいじられるのが苦手なのに加えて、体のあちらこちらが健康でないのか、押されるとこ、押されるとこ鈍い痛みが走る。

とはいっても、あまり騒ぐと練習にならないので必死にガマン。そのうち慣れてくると、なんか気持ちよくなってきたり。

両足終わって、なんか力が入らないくて、だらぁん・・・といった感じ。
それから、いよいよオイルマッサージ。うっすらと花の香りがするオイルを塗られながら脚からゆっくりと。

これ、気持ちいいいわ。

リフレと違って、かなり心地よくて眠ってしまいそう。特に、背中と肩はPCの前に座っている時間が長いせいか、ゴリゴリいっているのがよくわかる。

結局1時間近くやってもらったんだけど、とてもよかった。また練習付き合いますぜ。


昼間は、不動産屋に行っていた。来月引っ越すことに決めた。新しい部屋は代官山になりそう^^。

まっこり

夕方からPOと渋谷で打ち合わせ。

その後、韓国料理屋に行ったんだけど、あんまりおなかも空いていなかったので飲みがメイン。

韓国といえばマッコリ。
070216_210738.jpg


マッコリとは、韓国の大衆酒の一つで、日本でいうどぶろくのことである。仮名表記では、マッカリ、マッコルリとも書く。

韓国では各家庭ごとに作られ、冠婚葬祭などの宴席で振る舞われる。原料は、米または小麦が多い。サツマイモ(コグマ)を原料とするものは、コグマ・マッコリと呼ぶ。発酵には、酵母によるアルコール発酵のほかに、雑菌の繁殖を抑えるための乳酸菌発酵を伴う。そのためほのかな甘みと酸味がある。アルコール度数は、6~8%程度。日本でも生産されている。(wikipedia)


言ってみれば、韓国の焼酎?まあ、そういう訳で2人で1㍑をあけてご満悦。

翌朝、二日酔いで撃沈。。。

明確で簡潔なビジョン

何かと電話の多い一日だった。

昼間は、商談とPOからの報告関係。商談とかって、メッセンジャーでできないのかな。そうすれば、複数の商談を同時にこなすことができるのに。対面とか、電話だと基本は一人だけだからな。そうすれば、もっと多くの仕事が短時間でこなせるのに。

商談自体は、数回に分かれてなんと夜中まで続いてようやくひと段落。とりあえず決めまでいけたので良かった。

そして、夜中には別の友人と話をしていた。ある会社に勤めている人なんだけど近々辞めることになったらしい。
その人は、かなり仕事自体はできるのだけれど、その会社自体が全く振るわないとこでやる気をそがれるのだとか。しんどくても、中身のある仕事をしたい、と。確かに。その会社自体は自分も知っているとこなので、その気持ちはとてもわかる。

これから仕事をやるにあたって、まず大事にしたいのは明確で簡潔なビジョンをしっかり持ってやるということ。

自分が嫌いな言葉ある。

「気合い。」

アニマルさんが連呼する、あれ。
心とかハート、意気込みとか、そういうの後回し。大事なことは、確実な技術と知識と立ち回り。そして確立され、自分の中に積み上げたものを継続し続ける時に、ほんのちょっとした差を埋める段階になって「気合い」というものは活きて来る。

だから、技術も知識も経験もない人が気合いとかいうの、ダメ。ただ、これってとっても日本人的な発想らしく。特に40歳ぐらいから上の世代はこの考えが強く、話をしていてめまいがする。。。

だから、自分の仕事における明確で簡潔なビジョンは、

「儲ける」

そうじゃない仕事は、ただの「ビジネスゴッコ」。だから、そうした意味ではしっかりと儲かることを前提に1年間頑張っていこう。

なぜ、1年か。それができたら次の明確な目標があるから。
でも、儲けれなければ意味がないから、だから明確で簡潔なビジョンはひとつ。

「儲ける」

その為に、まずはスキルとプランをしっかりと持って、高速の中で明確な判断をしていこうと思う。

Happy Saint Valentine's Day to Everyone

【バレンタインデーの歴史】

バレンタインデーの歴史は、ローマ帝国の時代にさかのぼる。当時、ローマでは、2月14日は女神ユノの祝日だった。ユノはすべての神の女王であり、家庭と結婚の神でもある。翌2月15日は、豊年を祈願する(清めの祭りでもある)ルペルカリア祭の始まる日であった。当時若い男たちと娘たちは生活が別だった。祭りの前日、娘たちは紙に名前を入れた札を桶の中に入れることになっていた。翌日、男たちは桶から札を1枚ひいた。ひいた男と札の名の娘は、祭りの間パートナーとして一緒にいることと定められていた。そして多くのパートナーたちはそのまま恋に落ち、そして結婚した。

ローマ帝国皇帝クラウディウス2世は、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由で、ローマでの兵士の婚姻を禁止した。キリスト教司祭だった聖バレンタインは秘密に兵士を結婚させたが、捕らえられ、処刑された。処刑の日は、ユノの祭日であり、ルペルカリア祭の前日である2月14日があえて選ばれた。バレンタインはルペルカリア祭に捧げる生贄とされたのである。このためキリスト教徒にとっても、この日は祭日となり、恋人たちの日となった。

この逸話には歴史的背景の説明が必要である。初期のローマ教会は、当時の祭事から異教の要素を排除しようと努力した跡がみられる。ルペルカリア祭は排除すべきだが、ただ禁止しても反発を招くだけである。教会がとった方法は、この祭りに何かキリスト教に由来する理由をつけることだった。そこで兵士の結婚のために殉教したバレンタイン司教の助けを借りることにしたと考えられる。こうしてキリスト教以前からあったルペルカリア祭は、バレンタイン由来の祭りであると解釈を変更され、祭りはその後も続いた。前述のくじ引きでパートナーを選ぶ話も、ローマの宗教行事は野蛮であるという印象を与えるために初期キリスト教会によって創作されたものである可能性もある。

聖バレンタインに関する伝説は複数あり、没年が異なっていたり、細部が異なっていたりするものが複数伝えられている。



と、いう訳でハッピーバレンタイン。2/14が一番盛り上がる日ってば、中学生とか高校生の時ですけどね^^。

ただ、今年は自分にとって生涯忘れることのできないほどの1日になりました^^。

070214_214238.jpg

ルール

なんでもそうだけど、「ルール(rule)」というものは重要。

一概にルールと言っても色々で、一般的にはスポーツのルールであったり、もしくは社会的な決まりであったりするものをイメージするはず。こうしたルールというものは、誰か、権威のある人が決めたり、一定の決まりの中で皆の意見として名文化されたり、はたまた伝統的なものであったり。どうであれ、共通しているのは、自分が決めた事というよりかは、どちらかというとゲームであっても社会であっても、そこに参加するにあたって既に存在をしていて守るべきもの、という意味合いが強い。

この場合のルールという単語は、「規則・規定」という訳に当たるものだけど、自分がここで意味するルールは若干違うもので、日本語にするならば「公式」の方にあたる。


以前から書いているけど、自分は確率論支持者のため、あまり運にまかせるとか、うまくいけば、というような神頼み的な事を好まない。だから、自分の行うことに関しては、事前にプランを想定して、シナリオを作成するようにしている。

このシナリオを作るために必要なのが「ルール」。しかも、この場合のルールは

「知識、経験、セオリーなどを元に、自分自身が作り上げるもの。」

になる。なので、誰に強要されるものでもないし、誰かに強要するものでもないのだけれど、重要なのはそれを徹底的に守るということ。なぜならば、自身の内なるルールのため、それを破ったとしても別段罰則を受けるわけじゃない。そのシナリオの結果も必ず悪いものに終わるとも限らないから、ラッキーパンチだった場合に、「運も実力のうち」なんていうもっともらしい理由をつけて肯定化をしてしまう。

ただし、ここで決めたルールというのは、統計的に守り続けていかないと、いつか大きなロスであったり、負けを被ることになる。シナリオ自体もきちんと描くことができないので、常に自分が何をやっているのかわからないような状況にも陥ってしまう。ルールを守り続けていても結果が伴わない場合は、ルール自体に原因があるということ。だから、時間をかけてそのルールをきちんと確立していくことが重要で、一旦確立したルールは鉄の掟として守り抜くことが大事。

ルールという言葉には「支配する」という意味もあるけれど、まさに、その決まりどおり自分自身を支配していかないといけないな。


一日、家にこもってPCワーク。書類をそろえたり、資料を作ったりそんな感じ。夜はシーズン2に備えてLOSTの復習。アメリカではシーズン3が始まってるんだね・・・。



前払い無人駐車場

学生時代から、何度となく駐車違反で痛い目にあっている自分は、ここ数年路駐を絶対にしないっ!と心に決めている。

そういう訳で、昨年から始まった民間の違法駐車の取り締まりにもひっかかったこともないのだけれど、一方で駅前のような場所に車を置きたい場合は駐車場を探すのに一苦労ということもある。

それで、週末は実家に戻っていたりしたので、珍しくほとんど車で移動していたんだけど、こんな駐車場があった。

070212_161312.jpg


どうやら、個人の空き地を駐車場にしているみたいんなんだけど・・・。紙に500円を入れて、それに車のナンバーを書いてBOXみたいなところに入れておく、という。初めてみた超アナログ方式の無人駐車場。

田舎の方に行くと野菜なんかの無人販売なんかがあるけれど、そんな感じ。ちなみに500円は24時間の料金。

監視カメラのマークがあったけれど、明らかにそんなものは見当たらないのですがね。。。とりあえず、きちんと支払っておいた。

スピード

アメフトで、RB(ランニングバック)やCB(コーナーバック)をやっていた自分は、ボディコンタクトがある時にトップスピードにのった状態でタックルする(もしくは受ける)場合が多かった。

この時に、当然衝撃が来るわけだけれども、一般的には重量(ウェイト)がより大きい方に分がある。さらに、アメフトのボディコンタクトにウェイトよりも大事なファクターが2つある。

ひとつが姿勢。当たるエネルギーは様々な要素で分散するため、その姿勢がより相手に伝わるようなフォームでコンタクトをすることが必要だ。

もう一つがスピード。これは数式にあてはめるとわかる。

例えば、xkgのものがykm/hのスピードで与える衝撃をzとした時、2xが同じykm/hであたえる衝撃は2z、zの2倍となる。

一方、同じようにxkgのものがykm/hのスピードで与える衝撃をzとした時、xが2ykm/hで与える衝撃は、zの2乗となる。

つまり、スピードが上がった時の方がそのインパクトは加速度的に大きくなるため、重量をあげるよりもスピードをあげる方が効率が良いのである。

ただし、重量というものは物体そのものが持つ要素だから常に不変だけれども、スピードというものはエネルギーを燃焼することによって生み出されるもののため、状況によって常に変化をしている。

言い替えると、スピードとは努力をしない限り保つことすらできない。それだけに、誰もが持つことができないし、実際にアメフトにおいても「トップスピードをキープしたままのタックル」はとても難しい。最初は、衝撃による痛みへの恐怖心がスピードを緩める。そして、次にタックルミスへの恐れからスピードが緩まる。

ただ、それを乗り越えて確実にトップスピードでパフォーマンスができることによるインパクトはかなりでかい。それは仕事においても同じことで、重量やサイズがなければスピードで対応すれば、驚くべき効果が得られるんじゃないか、と。その事は自信は当然わかっているのだけれども、そのことを伝えるのは意外に難しい。そんなわけで、アメフトで例えてみたけど、これで伝わるのだろうか。


昼はPOと電話で打ちあわせをして、来週のスケジュールの調整。

夕方からは、コンサルの仕事の為に外出。徐々にこちらの意図は理解してもらいながらも、やはり課題はスピード。現状のボトルネックを指摘にしながら、半月のスケジュールを作りあげた。とりあえず、週末の試作による結果待ち。

そのまま実家に戻ってきてのんびり。近くの温泉にでかけて、サウナで汗を掻いてきた。

久し振りに体重計に乗ったら、衝撃的な数字が出てた。。。書きたくない。。。泣

トップの言葉

ここ最近、企業の決算シーズンなので特にJASDAQやヘラクレス、東証マザーズなんかに上場をしている会社の数字を見ている。

感じることとしては明確に勝ち組と負け組みがはっきり別れてきている、ということ。問題だな、と感じるのは特に赤字を出した企業の多くが、

来期以降を見据えた積極投資時期と位置づけ広範囲にわたり投資を行った。

というような苦し紛れの理由を延べているということ。
こうした会社の業績を見てみると、やはり本業が確立されていないか、もしくは会社としての強みがないパターンが多い。そういう引け目が大風呂敷になっていくんだろうな。もしくは、問題の先延ばしか。以前も書いたけど、カネボウの粉飾決算が発覚する二ヶ月ほど前に社長のインタビューで、やたら強気の発言を見たことがあって、その時の違和感がハンパなかった。

やはり仕事をするにあたって自分達がなぜその事業をやっているのかをしっかりと把握して、強みを徹底的に伸ばしていくことが重要なんだと思う。そして大事なのは、ビジョンよりも結果を残していくための過程を明確にすることだろうと感じる。

逆に、きちんと黒字を出している会社は、特にトップの言葉が違う。視野が広く、危機感を常に持ちながら、自分達がやるべきことをしっかりとやっている感じ。仕事に筋が通っていて、会社としての存在意味を感じる。そうした方達のブログはやはり面白い内容のものが多く、仕事の面では勉強になる。

アトモスフィア

POと午後から3社ほどリソースにご挨拶に訪問。

最後に、クライアントからのリクエストに対しての具体的な相談のために、アパレルのメーカーを訪問。オリジナルアイテムの製作の企画。

具体的なコストや見通し、スケジュールなどの確認をしつつ明日のクライアントとの打ち合わせの準備をしていた時に、このリソースの方がとてもいい事を言っていた。


マーチャンダイジングにおいて一番重要なことは、コンセプトを明確にすること。どういうお客様に対して、何を売っていくかをしっかりとした考えとして持つべき。

そこには、自ずとマーチャンダイザーとしての個性が反映されていて、その個性がお店の雰囲気や空気となりお客様をひきつけていくんです。

○○○○(某大手アパレルメーカーのブランド)がかつて失敗したのは、数字やデータだけを見て、回転率は売上のみで商品を展開していき、売れ筋商品だけしか残さなかったことにあって、その効率重視な機械的な作業がブランドとしての個性を消していったのです。

そこがわからないマーチャンダイザーは、何を売りたいかを言わない。そして言えない。値段や、粗利のことばかり気にする。全体を見ることなく、どんどん離れていくお客様に気がつくこともないんです。



素晴らしい。激しく同感。

ブランドやお店を作っていくときに一番大事なことは「アトモスフィア」を演出すること。そこに一見強烈とも思えるような個性がなければいけない。マーチャンダイザーの重要な仕事のひとつだ。

この人は、ちょっと不良な人(笑)なんですけど。元々大きなアパレルメーカーにいた方で、現在でも自分でお店(洋服屋ではないんですけど)を持ちながら、色々なセレクトショップと仕事をしている。

音楽も好きな人で、サブカルチャーと洋服を結びつけるような文化を日本にも根付かせたいということをアツク語ってた。確かに。おしゃれにしても、物にしても、そこにある歴史や背景というのは様々な文化が交じり合って作られることを再確認させて頂きました^^。

ドノバン・フランケンレーター(DONOVON FRANKENREITER)

ここ数年、結構人気のサーフミュージック。メジャーなチャートにもランクインされていることも多かったのは知っていたけど、あまり触れる機会がなかった。ジャック・ジョンソンぐらいしか、知らんかった。

んで、POがドノバン・フランケンレーター(DONOVON FRANKENREITER)のSHIBUYA-AXでのライブのチケットがあるから、と誘ってくれた。
070207_183403.jpg


ドノバンの詳しいことは、これを見てもらうとして、お客さんはなんとなく70年代のヒッピーっぽい人が多く、PO曰く

「パンタロン比率が高い。」

って感じ。あぁ、なるほど。

ドノバンは、めちゃロンゲのおっさん。声がレニー・クラヴィッツ、プレイの雰囲気はジミヘンといった感じ?サーフミュージックよりかは、曲によってブルースやロック色が強くてライブはかなりの盛り上り。
070207_203904.jpg


楽しい音楽は、やはり幸せな生活には必要だな^^。

ムーヴ・バイ・ユアセルフ~ジャパン・ツアー・タンデム・セット(DVD付) ムーヴ・バイ・ユアセルフ~ジャパン・ツアー・タンデム・セット(DVD付)
ドノヴァン・フランケンレイター (2007/01/24)
ユニバーサルインターナショナル

この商品の詳細を見る
ドノヴァン・フランケンレイター ドノヴァン・フランケンレイター
ドノヴァン・フランケンレイター (2006/09/20)
ユニバーサルインターナショナル

この商品の詳細を見る

iPod nanoとアホスープ

いまさらですけど。

iPod nano購入。

070206_232441.jpg


なんとなく、今までiPodを持っていなかったんですけど(以前持っていたのは、あげてしまったので)、生活スタイルを以前のように戻すために絶対不可欠なのが、

音楽。

No music, No life. うん、いい言葉だ。そういう訳で、新宿のヨドバシカメラにお出かけ。2GBのiPodをポイントで購入。2年前に買ったプラズマテレビのポイントを使っているので、ここ最近お金を払ったことないな・・・ヨドバシで。

家に戻ってきてから、さっそくセットアップ。500曲入れば問題ないだろ?と思ってたんだが。

そんなことないんだね・・・。

曲のピックアップが結構大変。あれもいい、これもいい、となってしまうからとりあえずマストな曲のみを入れていたら、逆に200曲ぐらいに絞り込まれた。どうせなら、かなり絞り込んだ500曲のセレクションにしたいもんだ。


帰りに、スペイン料理を食べてきた。

070206_191916.jpg



パエージャとか、トルティージャとかベタなスペイン料理だったのだけど、やっぱ今の時期のオススメは、

ソパ・デ・アホ(Sopa de ajo)でしょ♪

アホとはニンニクのことです。
つまりニンニクスープのこと。体も温まるしマヂおすすめ。




そういえば、今日の発表は・・・かなり失望させられました。いい加減、目を覚まして危機感を持って欲しいものです。

スーパーボウルハーフタイムショー 殿下降臨

スーパーボウルのもうひとつのお楽しみ、ハーフタイムショー。

フィールドの真ん中にセッティングされた、「シンボル」。今年はあのお方が。
20070205.jpg


雨が降りしきる中、激しい花火とともに
殿下降臨っっっ!!!!
Let's go crazyからショーはスタート。
20070206153255.jpg


聞け!俺の歌を!
20070206153439.jpg


聞け!俺のギターを!!
20070206153307.jpg


聞け!俺の叫びを!!!
20070206153300.jpg


そして、雨の中最後を飾るのは「Purple Rain」。ライトに照りだされ、本当に紫の雨で歌いあげる殿下。
20070206153450.jpg


さあ、みんなご一緒に!
「プゥーポォレインッ、プゥーポレェェエンッ!!!」
20070206153506.jpg


ライトに映り出される、紫のシンボルを象ったギターを弾き鳴らす殿下の姿。
20070206153619.jpg


やっぱり、あなたは偉大なアーティストだっ!殿下に幸あれ!!
20070206153458.jpg




それにしても。おととしのジャネット・ジャクソンの事件から、放送がリアルタイムじゃなくなったスーパーボウルハーフタイムショー。昨年のストーンズもカットされるなんかの問題があったのに、ここに来て、プリンスを指名するNFLの関係者が一番危ない。

第41回スーパーボウル

Super Bowl XLI
Indianapolis Colts 29-17 Chicago Bears


今年のディフェンスが強いNFCチャンピオンのベアーズと、攻撃力が売りのAFCの覇者コルツの組み合わせとなったスーパーボウル。場所はマイアミ。


残念ながら天候は雨。41年の歴史においてスーパーボウルでは初めての雨天での試合。パスを主体とした攻撃を得意とするコルツには不利な展開が予想された。
2.jpg


日本時間の8時過ぎキックオフ。いきなり、ベアーズのリターナーのルーキー・ヘスターが92ヤードのキックリターンタッチダウンを見せる。
3.jpg


リードブロッカーをうまく使って抜け出し、独走するヘスター。デュビー時のディオン・サンダースを髣髴とさせる走りを見せて、いきなりのビッグプレー。
3-2.jpg


一方出鼻をくじかれたコルツは立ち上がりこそ堅さが見られたけれども、ベアーズDのアサイメントミスもあって1stクォーターにウェインに53ヤードのパスを通して追いすがる。
4.jpg


ベアーズも、すぐさまQBグロスマンからの4ヤードのタッチダウンパスがムハンマドに通ってリードを広げる。
5.jpg


2ndクォーターに入って、フィールドゴールでの3点の後にランイングバックローズの1ヤードラッシュが決まってコルツが逆転のタッチダウン。
6.jpg


後半に入って、勝敗を分けたのがターンノーバー。要所でインターセプトやファンブルを犯したベアーズに徐々に自滅していった感じ。第4クォーターのハイデンの56ヤードインターセプトタッチダウンで勝負アリ。
7.jpg


雨は強くなったり、弱くなったりしながら試合中ずっと降っていた。こうなると、ポジションによってはヒマだったりするんだよね、ランが多くなるし。
8.jpg


それにしても、こんなにファンブルの多いNFLの試合を初めて見た。雨のせいもあるけど、それだけハードタックルの応酬だったのかな。
9.jpg


ずっと注目されながら、スーパーボウルまで辿り着けなかったコルツのスターQB、ペイトン・マニングだけれども、ペイトリオッツ戦を制して一皮むけたのか、雨という悪条件の中でもノーハドルオフェンスなどを織り交ぜながら、堅守のベアーズ相手に安定したクォーターバッキングを展開。ラン・パスをバランス良く使ってオフェンスをリードした。派手さはなかったけど、MVPに値する活躍だった。
10.jpg


一方でベアーズのグロスマンは、要所でのインターセプトやエクスチェンジミスなどを泣かされた感じ。QBサックを恐れて必要以上に下がるなど、ハート面でも弱さを露呈してしまった感じ。
11.jpg


ただ、ベアーズのディフェンスは前評判通り、ラインバッカーのアーラッカーを中心にいいデフェンスをしていた。コルツの最初のタッチダウンのカバーリングのミスが悔やまれるかな。
12.jpg


コルツのキッカーヴィナティエリは、前半終了間際にフィールドゴールを外した以外はやはり安定したキックを披露。ニューイングランド時代を含めて4つ目のスーパーボウルリングをゲット。
13.jpg


今回のスーパーボウルは、史上初の黒人ヘッドコーチ対決だったのも注目。かつての師弟関係の勝負は、トニー・ダンジーに軍配があがった。
14.jpg


かかげられた純銀のロンバルディトロフィー。雨に塗れて輝く表面にはコルツの選手の姿が映る。
fullj.getty-73045473cc084_super_bowl_xl_11_12_25_pm.jpg


全体的に、いいゲームだったな。雨だったのであまり派手なプレーはなかったけれども、最初のヘスターのリターンタッチダウンはびっくりした。
ただ、一方でこれだけクォーターバックで差がついたゲームも珍しい。マニングが活躍するのはある程度予想できたけど、グロスマンのミスが目立ったのは痛かった。
毎年、優勝候補にあげられながらスーパーボウルにたどり着けなかったのに、決して好調とはいえなかったレギュラーシーズンを送った今年に頂点に立つのはある意味面白い^^。

何よりも嬉しかったのは、時間を気にせずリアルタイムで見れたことだけど。。。

生活に英語を

現在、脱皮中。

上半身(含、顔面)の皮がびりびりとむけ始めているのですよ。また、一回り大きくなったらヤダな。誰かさんに

ハラノシタマルマル

という、ニックネームを頂戴しているし。(伊坂幸太郎の「アヒルと鴨のコインロッカー」に出てくるネコの名前が由来。。。)

肩と背中は、日焼けがひどくて、シャワーのお湯ですら変な声が出るほどに赤くなってしまっているため、とりあえず肌に水分を・・・とNIVEAのアクアミルクを塗りたくってる。


フィジーでは英語で会話をすることが多かったのだけれど、ちょっと苦労した。そら、そうだ。しゃべる機会がないのだから。仕事で英語を使う時が多くなるので、ブラッシュアップをしないとマズイ。

自分は、そういう時に別に英会話スクールに通うわけでもなく、本で勉強するわけでもなく。やり方は二つ。

○思考を全部英語に切り替える。
頭の中で考えるときに英語で考えること。

○映画、字幕ナシ。
そういう訳で、日曜ロードショーのMIBも副音声で観てた。2はイマイチだったけど、1は結構面白いよな。トミー・リー・ジョーンズっていい味出すなぁ。

これで結構どうにかなる。ちなみに、英語に切り替えている時は、独りで家にいる時なので一人言も英語。

「Damn!」
「Gosh!」
「Oops!」
「Sh×t!」
「Fu×K!」


そんな感じ。
・・・カースばっか。

明日はいよいよスーパーボウル^^

どろろ

妹夫婦と、アーバンドック ららぽーと豊洲ユナイテッド・シネマ豊洲にて。
dororo_main.jpg

どろろはご存知の通り、手塚治虫氏のマンガが原作。小学校の頃に原作を読んだことがあって、それなりに面白かった。アトムにしても、ブラックジャックにしても、手塚治虫のマンガはその裏側に強烈なメッセージが加わっていることが多く、ただ単純に近年の映画技術を駆使して実写化しても納得する作品にはならないだろうな、と観る前から思ってた。

ph_04.jpg

実際に(観てはいないので、断言できないけど)ここ数年のデビルマンやキャシャーンのような前評判が大きな作品が公開後に全く話題にあがらなくなるように、評価でも興行でも失敗しているところを知っていると、原作のそれなりのファンは、20億円も制作費に投じた結果どうなったのかが期待半分、不安半分といったところ。

ph_07.jpg

48箇所を魔物に奪われた百鬼丸役に妻夫木聡。彼って人柄が良さそうだけに、影がある役が似合わないと思うんだけど。ストーリーの中でも、体のパーツを取り戻す度に、微妙に演技を変えていたのはわかったけど、ちょっとやり切れてないかな。

ph_03.jpg

柴咲コウがどろろ役。彼女ってデビュー当時から「ハンサム」だと思っていたから、こうしたオトコっぽい役ははまるけど、ちょっとやっぱり顔がキレイすぎる感じも。どろろは、ブラックジャックでいえばピノコに当たるだけに、子役みたいな子に演じて欲しかった。(そこらへんは、ストーリーが若干いじられているからしょうがないみたいだけど。)

実際に観ての全体的な感想としては、魔物との闘いを描くアクションと、ストーリー性を描くヒューマニズムな部分がどっちつかずな感じ。138分というフィルム自体の長さはそのテンポの悪さを表しているような気がする。このバランス感覚は、映画自体のウリと原作の出来の良さを天秤にかけた時の製作側の頭を悩ますところであるかもしれないけど。個人的には、もっと割り切ってアクション側に傾いてよかったと思う。

どろろ Complete BOX どろろ Complete BOX
手塚治虫 (2005/09/21)
コロムビアミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る

Trip To Fiji Xtra Fiji Photos

Picasaにその他のフィジーの画像をまとめました^^。
ご興味があれば、どうぞ。

Trip To Fiji Day4&5 Fijian Resort&Bye Bye Fiji

最終日は、一日ホテルのビーチでのんびりしたり、シュノーケリングをしたりして過ごしました。
今回宿泊したシャングリ・ラ フィジアンリゾートはフィジー初の4つ星ホテルで、日比谷公園の約2倍の面積を持つ小島全てが敷地になってる。

プールは全部で3つあって、全て海に面しているんだけど、よりオーシャンビューなこんなプール以外にも、バーが隣接された大人限定のプールや、逆に子供用の浅いプールなんかがあって、全体的に家族連れにはとってもいいみたい。実際、ファミリーで来ている人が多かった。
DSCN2275.jpg


ホテルの中もこうした感じで、緑が豊かでのんびりした感じ。
DSCN2285.jpg


何より、このオーシャンビューのサンセットを体験するとホントにヤミツキ。
DSCN2229.jpg


日本とは違う高く澄んだ空の下では、時計が必要ない時間が過ぎる。
335100339_132.jpg


翌朝は早いフライト。同じくエアーパシフィックでナンディを出発。眼下に見える島を名残惜しく見ながら、短いバケーションを終えました。
336910373_83.jpg


空港までの車で聞いたんだけど、最近フィジーは有名人にも人気が高く、この前は平井堅がお忍びで来ていたんだと。フィジー似合うな、平井堅。
336912651_38.jpg



とにかく、まだまだ満喫できるフィジー。来年また来るからね^^。それまで、Bye-bye。
Next Page »

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。