スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある週末、色々

■すくすく

子供が大きくなるのは早いもので。

テトがやってきてから2週間。露骨に成長している・・・。
もちろん、体も大きくなってきているんだけど、

イタズラを覚えるのも成長中_| ̄|○。

歯が生えている最中なんで、違和感があるから、
何でもかんでもガジガジ、ガジガジ。
おかげで、自分の手はDVを受けたように生傷が絶えない。
ちょっと目を離せば、色々と服をひっぱりだしては、
ブンブン振り回すし。
大人しいのは外にいる時と、ご飯の時、そして寝ている時だけですよ。

まあ、そんなヤンチャなところもかわいいのですがね^^。


■さらに高みへ

さすがに韓国戦は心が折れた。
あの負け方は、かなりしんどい

羽生はさぞ悔しいだろうなぁ。
結局、この大会で何度も惜しいシュートを打ったけど
1点も決められなかったから。

案の定、次の日の新聞には「オシムジャパン、弱い」
なんて文字が見えたけど。

結局は、「個」の力なんだと思う。
オシムジャパンなら、個の力で1点を無理やり奪える人。
仕事とかもそうだけどね。

まあ、課題が見えたからいいというふうに考えることもできるけど。
ちょっと萎えて、お風呂に入ってビール浴びるように飲んでたら、
激酔っ払って、俺の命が危なかった・・・。
070729_024800.jpg



■散歩

そんな、ベロンベロンになった次の日、
テトが寝ている俺の顔を踏みつける、

「朝ゴハンはやく食べたい攻撃」

で無理やり起こされた。

準備をしながら、シャワーを浴びてテトにご飯を上げて、
ちょっと遊んであげた後、テトが寝たのを確認して、
三軒茶屋まで歩いて行ってみた。

家の近くを流れる蛇崩川の遊歩道が三茶まで続いているのは
知っていたので、強い日差しの中をテクテク散歩。
ちょっと距離あるなぁ。

買い物なんかを済ませて、今度は246沿いを太子堂の方から帰った。
途中、世田谷公園の中を歩いてきたけど、テトの来週の散歩デビューは
丁度いいとこかな?
070729_112319.jpg



■人気者

tomoちゃんとご飯の約束して、テトを連れて中目黒のFramesへ。
入り口近くの席に座っていたら、もうテトたん大人気。

店員さんもお客さんも、カワイイ、カワイイと
テトをなでたり、抱き上げたり。
何回も「犬種はなんですか?」と「この子のお名前は?」
の質問に答えてた。
ええ、カワイイのは当然です、我が娘ですから^^。
070729_201310.jpg

テトたんがやってきた(FC版)
テトたんがやってきた(ameblo版)
スポンサーサイト

英国からの便りと今日はアツイ

■海を越える孤独

外国語大学に通っていたこともあってか、
現在、海外で生活している友人が結構多い。
専攻の関係で、スペインと南米、
それからやっぱりアメリカなんかにいる人が多いんだけど。

今でも短期間にやはり外国に行った時に思うんだけど、
日本ってのは狭い世界なんだな、と。
そして、そんな世界を飛び出して海外で生活するのは大変なんだな、と。

この島のネイティブである限り、言語や民族性や宗教や肌の色を
気にして生活することは、ほとんどない。
ところが、海を越えてしまえばその全てを意識しないといけなくなる。
そんな中で生活の拠点を置くってのは結構しんどいんだろうな。

子供の頃、ロンドンに憧れたときがある。
英語を話せるようになりたい、
しかも、ブリティッシュイングリッシュを学びたい、
そんな気持ちからだったんだけど。

スコットランドヤードとホームズの活躍や、
J・R・R・トールキンの架空の世界を読みながら、
エルトンジョンのYourSongや、
ジョージマイケルのFreedom! '90を聞きながら、
想いをはせていた時もあるっけ。

but..i'll survive.
そんな最後の言葉に寂しさと強さの両方を感じるけど、
自分も、テトも、そしてみんなが待っているから、
厳しかったらいつでも戻っておいで。
DSCF0258.JPG.jpg



■アツイアツイ

昨晩はテトが3時ぐらいまで、テンションMAXだったので
その相手をしていたら、起きたのが遅くなった。
午前中はzzzなテトを無理やりバッグに入れて、
オフィスに向かったけど、
さすがに陽も結構高く昇っていて暑かったので、
テトにはキツかったのか、バッグから這い出してきて、
いつもどおり、

「だっこー!かたぐるまー!!」

とせがみ、ずっと人の胸の中や肩にアゴを乗っけて、
ベロをだして、アツイアツイとキュンキュン鳴いてた。

自分もオフィスに到着し頃には着替えなきゃいけないほど
結構汗をかいていたしね。

そんなテトは、冷房が効いたオフィスで、
いつもどおり両足を伸ばしてのんびりお昼寝中。

美しい人と引越完了

■You're Beautiful

あなたは美しい あなたは美しい
あなたは美しい それは本当だ
わたしはあなたが人ごみのなかにいるのをみた
そして何をしたらいいのか分からない
君と一緒になることができないんだから

                James Blunt

■引越し完了

赤帽に来てもらって、デカGEの冷蔵庫、プラズマテレビなんかを
部屋に運び込んだ。

まあ、通常の引越し業者さんと違うので、
作業自体はお手伝いをしないといけないので、
自分も汗だくになって重い荷物を持ち上げていたけど。

最近、あんまり腰の具合も良くないので、
気をつけてはいたけど、やっぱり前に屈んだ時にくる、
ピリっとした痛みは抜けないや。

で。

まあ、だいたい予想通りだったんだけど。

冷蔵庫がデカすぎて、キッチンに納まらない_| ̄|○

しょうがないからリビングに置いたんだが・・・、
これうるさいんじゃないかね・・・。

あとは、引越し終わった後に、玄関のオートロックを
鍵を持たずに出てしまって、
32歳が壁をよじ登って2階の階段部分から侵入したりという
アクシデントはあったけど、
2時間弱で引越しは終了。

と、いうか、あんま意味ないな。オートロック。

週末は、収納が全くないこの部屋を
いかにまとめていくか、
いや、それ以上に、
テトに荒らされないようにレイアウトしていくか。

これに頭を悩ませている予定。

目を離すと、なんでもかんでもガジガジするからね・・・。

20070727213643.jpg


テトたんがやってきた(FC版)
テトたんがやってきた(ameblo版)

そして、美しき思い出

ありがとう、と君に言われると
なんだかせつない
さようならの後も解けぬ魔法
淡くほろ苦い
The flavor of life




昔、確かこの歌詞を書いたこともあったな。
そして、同じように書いたことがある、
自分が付き合っていたことがある
一番スタイルがいいと思っていた子の事なんだけど。

共通の友人とこの前飲んだことがあって。
ちょっとメールのやり取りをしたんだが。

その中で、こんな感情を感じさせてくれる文があった。
自分が何もしてあげれなかったのに。

こういう、特別な優しさみたいなものに、
ここ最近は全く触れていなかったので、
ちょっと心に入ってきた。

敗北とCOLOR

■必然の敗北

サウジアラビアに準決勝で負けたわけだけど。

数日前から、いくつかのブログでも日本が敗れるという予想があった。
実は、自分もその可能性はかなり高いと思っていたんだが、
その予感が当たってしまって、非常に残念。

予想の理由は2つ。
サウジアラビア自体、チームが非常に良く出来ていて、
単純に強いということ。
もうひとつは、日本側の論調。
W杯で辛酸をなめたオージーに勝ったことによって、
既に優勝は見えたようなムードになっていた。
過去の実績では、日本に有利なサウジアラビアは、
負けるはずがない、という感じだったんだろうな。

この雰囲気って、W杯の時のオーストラリア戦前と同じ。

更に、実際に試合が始まってからもうひとつ敗れた理由が出てきた。

「個」の力に圧倒されたこと。

特に3点目は相手FWひとりの個人技にやられた感じで、
こうした敵をどれだけ止めることができるかが、
もっと上のレベルに到達する為に必要なんだろな。

色々な意味で、この敗北は必然だったような気がする。

まだ韓国戦が残っているけれど、ひとつの結果は残しているから、
また、代表チームには引き続き頑張って欲しいな。


■おんなっぽい

tomoちゃんとご飯を食べよう、とDEPTの地下にあるCOLOR代官山に。

テトをどうしようか、と思ったんだけどぐっすり寝てたから、
お留守番しててもらった。

tomoちゃんは、海外に戻ってしまったMの友人なんだけれども、
Mは向こうで元気にやっているらしい。よかった。

彼女は、どうやら男らしいだの、おっさんだの言われているらしいが、
こう話をしていると、やっぱりどの女性よりも女っぽいんだよなぁ。
たぶん、男性っぽさを印象づけるのは、
柴咲コウのように顔の作りがはっきりしているからかな。


■回復傾向

テトの具合がかなり良くなって来た。
昨晩はほとんど咳もせず、
むしろ、

あそんでー!あそんでー!!

と夜中に、お気に入りのおもちゃをくわえて構って攻撃。
ワンコらしく、そのおもちゃを投げると、
ガランとした部屋を広々使って走りまくって、
そのおもちゃをくわえて戻ってきて、また投げてとせがむ。

えぇ、小一時間ばかり付き合うはめになりましたよ。

でも、元気になってきてくれて、ほんとに良かった^^。


テトたんがやってきた(FC版)
テトたんがやってきた(ameblo版)

ケンネルコフと欲すること

■犬パラインフルエンザウイルスが原因

思い込みは怖い。

テトの症状があまりにも良くならないので、
さすがに心配になって、病院に連れてった。

カゼだと。
ケンネルコフという子犬がかかりやすい、
インフルエンザみたいなものらしいんだけど。

ウイルス性の空気感染の為、完全に防ぐことはできないみたいだけど、
色々と初めてなので、ちょっと獣医さんの話を聞いて動揺した。

あのまま、しゃっくりだと思って放置していたら、
最悪の場合を考えてしまって、ちょっと落ち込んだり。


夜に、特に咳がひどくなって嗚咽がひどいので、
数十分寝ては、テトを横において背中をなでてあげるって感じで、
ほとんど寝れないんだが、とにかくテトが治るまでは
甘えて来る時は受け止めてあげないと。


■What I want...

tomoちゃんと、延々と電話で話をしていた時に思ったんだが。

自分は、思っているほど自分の事を理解していないのかもしれん。
自分が、本当に何を欲しているのかがわからん。

「どうしたいの?」

と問われても、

「わからない。」

という回答しかできない。

もっと正確に言うと。
状況が全く理解できない。

夜中の遊歩道

■ゆっくりと新生活

テトのしゃっくりの一番の原因は気温差らしく、
ブリーダーさんのところでは室温を一定にしていたんだけど、
今は部屋に冷房が入っていたり、昼夜の温度差が激しいから、
まだ体が慣れていないんだ、と。

とりあえず、部屋になれてもらわないと。

昨晩は、初めてテトを連れて歩いて帰った。
桜で有名な目黒川の上流部分が暗渠化されていて、
遊歩道になっているのだけれど、その道を延々と歩いていく。

持ち帰らないといけない荷物なんかもあったので、
テトをバッグに入れて、RIMOWAのトロリーをゴロゴロ引いていったんだが。

・・・遠い。。。

ある程度は覚悟していたが、やはり駅2つ分ぐらいは結構な距離。
慣れればそんなにでもないが、テトが自分で歩けるようになるまでは、
ちょっと大変。

途中で、テトのしゃっくりが始まって、

「だっこしてー!」

とバッグからしがみついて来るので、
ナウ○カよろしく、左肩に乗っけて帰ってきた。

070723_224428.jpg


家電とかは、まだ運び込んでいないので、ガランとした室内。
ベッドもないために、とりあえず布団で寝てる。

昨晩は涼しかったので、エアコンもOFFにして寝ていたんだけど、
2時過ぎぐらいから、テトのしゃっくりが激しくなってしまい、
結局4時ぐらいまで断続的に続いたので、
ずっと布団の横に寝かせて腹をさすってあげていた。

早く万全の体調になってね。

ちなみに、上の写真の奥で寝ている黒い物体。
テトです^^。


テトたんがやってきた(FC版)
テトたんがやってきた(ameblo版)

身勝手としゃっくり

■Leave me alone

身勝手な人間はどこまでも身勝手で。

自分の要求は、相手の気持ちなどおかまいなく押し付けるのに、
自分のやって欲しくないことは、一時の感情で平気で相手にやる。

更に、面倒くさいことに、
最後には自分が上であるようなモノの言い方や見方をして。

虚栄心を保ちたいのか。
自尊心を守りたいのか。
劣等感を認めないのか。
罪悪感を感じないのか。

どうせ、何も考えていないんだろうけど、
いっそのこと、全ての過去を忘れ去ってどこかに行ってほしい。


■Hiccup

テトの体調不良の原因は「しゃっくり」、が全てと判明。

ブリーダーさんのところに電話をして、聞いてみると、
環境の変化もあるけれども、
何よりも室温が変わることによる影響が大きく、
あまり部屋の温度を下げないように、と。

んで、26度以上に室温を保ったら、ちょっとおさまった。
1週間程度で慣れるらしいんだけど、
まあ、大事でなくてよかった。

マヂでしゃっくり死するかと思いましたよ。

teto01.jpg

テトたんがやってきた(FC版)
テトたんがやってきた(ameblo版)

降臨と引越しと体調不良

■神、降臨

日本代表対オージーの試合は、後半から観戦。

てか、その直前まで物件の契約をしに青山まで行ってたんだけど、
正式な手続きを取ると、異常に長いんだね・・・。

試合自体は、セットプレーから先制されるも、
高原のナイスゴールで即座に追いつき、
相手の退場による数的有利もあり、
負ける感じはしなかったものの。
勝越しの1点も遠く。

PK戦に。

ここで神、降臨。
やはり川口は大舞台に強いなにかがあるんだな。
最初の2本をバチッと止めて、ほぼ勝負アリ。

選手以上に声をあげてガッツポーズを取る自分の横で、
テトがちょっとドン引き。


■引越し

で、日曜は一旦実家に戻って車を持ってきてから、
その実家に置いてあった荷物と、
オフィスにある荷物を一部新居に運び込んだ。

070722_144616.jpg


070722_144603.jpg


ガス屋に来てもらって元栓を開けたり、
結構動いたので汗だくになったりしたが、
とりあえず、これで生活はできますな。

元々ある程度知っている土地だけど、
住むとなるとまた別なので、
時間がある時にウロウロしてみる。


■体調不良

で、車が苦手っぽいテトを一旦友人に預けて、
実家に戻ったんだけど、
その友人から電話が入って。

「テトがもどしちゃったよ。」

と。

車酔いかなぁ。
と、遅くなったけど恵比寿まで戻って
テトを預けた友人宅まで行くと。

鳴き声がちょっとおかしいのと、
しゃっくりが出てる。

ただ、ネットで色々と情報を調べたのだけれど、
あんまり心配ないということで、
一晩様子を見ることに。

色々と環境が変わったりしてるので
ストレスもあるのかもなぁ。

070721_225043.jpg

ダイナモと鍛錬

■ある朝とつぜん




写真は友人のヤマダ氏撮影のもの。
さすが、写メとはちょっと違う。


11時ぐらいに、ケータイから鳴り響くトムキャットのタフボーイで目が覚めた。
なんだろ、と思って出ると。

今日、フットサルの試合なんだと・・・。

完全に明日と勘違いしてた。。。


あわてて、テトを友人に預けて
そのままいつもの八幡山のコートまで。

既に2試合目をやっている最中だったので、
アップをしてから3試合目から出た。

それにしても。
以前も書いたが、シュートを打っても、打っても、



枠に飛ばねぇ_| ̄|○
やなぎ○わや、ま○などの日本のFWの皆さん、
今までボロクソ言っていてゴメンナサイ。

加えて、暑さもあるんだけど10分間走りきれない・・・。

あぁ、20歳の頃の、
まさに中盤のダイナモばりの底なしの運動量はどこに。

単純に普段の鍛錬が足りないだけなんだけど。

自分はもともと1歩の速さといった、瞬発力がそんなにない。
ただ、30mぐらいの距離を走らせた時のスピードが速いので、
スペースができた時やタメがある場合に抜け出すことはできる。

それから、もともと守りから速攻に行くパターンが好きで、
更に、読みからの決め打ちで動きだすために、
ある程度、攻守の切り替えと移動を繰り返さないと、
持ち味も何もでないんだよね。。。
技術があるわけじゃないし。

その為には、絶対的な運動量が必要なんだけど。
それが思いっきり普段の生活で削られている・・・。

やっぱ、もうちょっと練習と鍛錬が必要だねぇ。

プロと素人とあと少し

■展示会

仕事で展示会関連の制作物を作っているんだけど。

実は、自分はギフトショーのような展示会に関しては、
あんまり興味がなかったりする。

正直言うと、展示会に本気で期待を寄せている
メーカーや卸バイヤーやマーチャンダイザーなんて
いるのかな、と思ったりする。
そして、そんなおめでたい人がいるなら、
ちょっと会ってみたい。
相手がプロなら。

なぜなら、そこで新しい取引先の開拓なんて出来ないんだよね・・・。
業界は広いようで狭いから、それだけのブースを出すことができるような
メーカーや卸は既に知っているところばかりだし。

どちらかというと、知り合いに顔をあわせて、
「最近、どんな感じ?」
っていう話が多い。
まあ、業界の社交場って感じ。
本当の仕事はそんなとこじゃできないし。

これは、自分の知っているプロバイヤーの統一した意見で。
今日、そんなバイヤーのひとりがある展示会から戻ってきて、
同じようなことを言っていたのを聞いて思い出した。

うがった見方をすれば、
展示会で本気で商品の仕入れ先を探すなんていうのは、
素人でしかないってことだ。
偶然の出会いみたいなもんはあるけど。
例えるなら、
コンパで結婚相手を探す感じ?

ただ、これから出てくる商品の傾向とかはつかめるし、
ウィンドウショッピングのようにまわって、
その商品たちが自分の店にどんな感じで売れていくか。
そういうイメージはできる場、なのかな。

どちらかというと、
こういう展示会に出店をして、
自分達の作るものをお披露目をしたいという、
そういう気持ちはある。

ある意味、Show Off、だな。

あ、でもバーゼルとかは、いつか行ってみたい。
そこに入れるのが、ひとつのプロとしての証だから。


■引越しまであと少し

明日、引越し。
正確に言うと、部屋の契約終了。

とりあえず、簡単に荷物を運び込むのは日曜になるけど、
家具系は赤帽にお願いをするので、
生活回りが整うのは、来週になるかな・・・。

ペット可、の部屋なので、
テトと気兼ねなく暮らせるのだけれども、
また、トイレを覚えなおさせないといけないのは、
ちょっとメンドイ。

がんばっておぼえてくれ、テト。

In the name of love

■それがプライド

One man come in the name of love
One man come and go
One man come he to justify
One man to overthrow

In the name of love
What more in the name of love



昼間は、友人とテトをお披露目にランチしたり、
住民票を取りにいったりと、バタバタと。

で、なんだかんだとオフィスに戻ってきたのが7時過ぎ。

tomoちゃんとご飯を食べる約束をしていたので、
テトをバッグに入れて、ちょっと外出。

メキシコ料理を食べながら、話をしていたんだけど。

なんだろう。たぶん自分の持ち方の思考が近いんだと思う。
特に「自分自身」のあり方について。

これがプライドであり、自尊心であり。
そういうものだから、
色々と話を聞いていると、
その経験から、人の思考ってば構成されるもので、
結局、プライドの話になった時に、
どこまで甘えを自分の中で、
自分自身も外部にも、
許容するかというのが問題になるような気が。

そして、そのプライドには何かベットするものが必要になる。
存在か、人生か、方針か、友情か、愛情か、地位か、名誉か。

その名の下に、そのプライドを貫けるかどうかは、
結局意志の問題で、
その意志というものの強さってのが、
外部にあふれ出すものになるんだろうな、と。

それがまた、強さ、だったりもする。

おすわりとめんどくさい

■賢い

070719_112632.jpg

やべぇ。

このカッコのこの目線はやべぇ。
これを見て、ニヤニヤしている、俺キメぇ。

トイレもちょっとづつできるようになってきたので、
まずは、おすわりの練習をやってみた。

餌でつるわけだが。(^^;ゞ

テトはたぶん食い意地が張ってるので、効果あると思ったら。
テキメンだった・・・。

いつも食べてるドッグフードを一粒見せて、
おすわりと言いながら、お尻を押して座らせる。
動いちゃったら、もういっかい餌を見せて、同じことの繰り返し。

2回ぐらいでできるようになりやがった。。。

そしたらば、おすわりって言っていないのに
やたら、俺の近くに来てすわるようになってしまったのだけども。。。

ご飯、たべたい、と・・・いう目線で見るのはヤメて。

テトたんがやってきた(FC版)
テトたんがやってきた(ameblo版)


■しびれを

ある仕事のプロジェクトが進んでいて、
その打ち合わせの為に昨日テトをPOに預けて出かけた。

3社合同での話だったのだけれども、
最初に他の仕事の内容があがってしまったために、
なかなか本題に入れない。

自分はどうしても、まず目的を果たしたいという姿勢が強いので、
しびれを切らして、途中でその話を止めてしまった。

まあ、打ち合わせ自体はきちんとやったんだけど、
その帰りに、同行したO君に、

「ああいう話の入り方、苦手ですよね、SHOHEIさん。でも大事ですよ。」

って、言われた。

ああ、そうだなー。と。

人一倍めんどくさがりやの為に、
物事のプライオリティーが高いものから終わらせたいという
気持ちが強いので、順序を守ろうとしてしまう。

効率とか、重視しているからかもしれんが。

犬の十戒と社会的信用

■犬の十戒

子犬もどうやら夢を見るらしく。
テトも寝ている間に、ぴくぴく体を動かしながら、
時たま

「ぅうー」

と唸ったり、

「クッチャクッチャ」

と口を鳴らしたりしてる。

そんで、時たま目を覚まして、
自分の寝床のクッションの寝やすいポジションを探しなおして、
また、寝る。

かわいーのぉー。

テトが来たブリーダーさんのサイトに、
「犬の十戒」というものがあった。
犬を迎えるにあたって十の飼い主が心に留めておくべき重要なことが、
犬の目線から書いてある。


Place your trust in me
It's crucial to mywell-being.

私を信頼して下さい...
それだけで私は幸せなのです。



070718_111444.jpg

犬も人間も想いは一緒だね^^。


■契約終了

はぁ。ようやく物件の調整が終了。
疲れた・・・。

やっぱり、信用が社会的にまだないってのは結構大変。
イラっとくる時が結構あったけど、
向こうが言っていることも、まあ理解ができるし、
しょうがない。

本当は週末に引越しをしたかったけど、
ちょっと伸びそう。

扇動とくまさん

■地震

自分はあんまり地震を怖いと思ったことがないんだけど、
どちらかというと、今回の新潟県中越沖地震で、

東京に大地震が来る!

という論調で報道するメディアの扇動の方が怖い。

まあ、そういう論調の放送の方が数字が取れるんだろうけど、
一方でこれって民族性なのかな、とも思ったりする。

基本、ネガティブ。みたいな。

例えば、昨日アジアカップのベトナム戦がやっていたけれど、
先制点を取られた段階で、

やべーよ!やべーよ!!

って感じになりすぎ。特に松木さん。
崩されて得点されたならまだしも、
ある意味不運のオウンゴールで、しかも前半8分なら、
あせる必要全然なくね?

実際に試合も勝ったけど、それよりも緒戦でカタールに引き分けて
ぎりぎりに追い込まれた!みたいになってたけど、
それなら、前回のドイツワールドカップで、
最初のオーストラリア戦を落とした段階で、
既に望みがないことになるじゃんか。
あの時はまだいける!みたいな論調だったけど・・・。

ちょっと話がそれたけど、こういう自然災害は普段の備えがとても大事だし、
実際に現地では死者も出たりして大変な事になっているのも
重々承知をしているけれど。

必要以上に悲惨さをアピールするのはどうかなぁ、と。
そして、それをネガティブに受け取るのはどうかなぁと。
冷静でいたい。


■くまさん

テトはまだパピーで噛み癖があるので、
おもちゃを与えてみた。
タオル地のくま。

070717_094838.jpg


ちょっとご満悦^^。

テトたんがやってきた(FC版)
テトたんがやってきた(ameblo版)

テトブログ、開始とアルヘンティーナ

■スニーカー好き

飼い主に似るといいますが。
我が家のお嬢様はスニーカーが大好きなようです。


070716_133126.jpg

はむはむ。



・・・こんなことを延々と書いていると、
SCSF自体がテトブログになるので、
テトにブログを書かせることにした。

テトたんがやってきた(FC版)
テトたんがやってきた(ameblo版)

ちなみに、ニコニコ動画の、
エリ○ベスたんがやってきたと題名が被っているパクリ疑惑については、
ノーコメントの方向で。


■勝てないアルゼンチン。

どうでのいいことだけれども、
アルゼンチン(Argentina)というのは、
スペイン語で銀という意味がある。

だからといって、コパ・アメリカが準優勝でいいかというと、
当然そんなことはなく。

前回のW杯でも、今回の南米選手権でもそうだけど、
予選で圧倒的な力を見せつつ、なんで大事な試合に勝てないのか。

しかも、今回の決勝のスコアは3-0。完敗。
今回のスタメンの知名度でいえば、圧倒的にアルゼンチンが上。
メッシ、リケルメ、テベス、ベロン、カンビアッソ。
加えて、これにアイマールまでいるのに。
クレスポが出場できなかったことが、
ココまでの結果の原因となるとは思えないし。

やっぱり、地力というもので、ブラジルという強国が上なのかな。

大きなタイトルを獲得して喜ぶセレステ・イ・ブランコが見たい。

テト二日目とRue Favart

■テトたんがやってきた。その2

あー。大変。

遊んで、ご飯食べて、寝て、起きて、トイレして、また遊んで。

5時間サイクルでそのループ。
うちのお姫様テトは、どうやら結構おとなしい性格らしく。

外面は。

内弁慶で2人になると、やりたい放題。
とにかく、トイレのしつけだけはしっかりやらないと、と
タイミングを見計らっているのだけれど、
意外なとこでいきなりそそうをしてしまうので、
起きている間は常に動きを目で追っている感じ。

まあ、そうでなくてもかなりの寂しがり屋なので、
常に足元をウロウロしてはたまに

「かまってー!かまってー!!」

と人のデニムの裾を引っ張るんだけど。
070716_101153.jpg

こんな感じで寝ている間は、平和なんだけどね。

あー、かわいい^^。


■Rue Favart

ホントは2回目のワクチンが済んでからの方がいいんだけど、
ちょっと用事があったので、テトをキャリーバックに入れて
近場に出かけていった。Rue Favartに。
引っ越してからは久しぶり。

tomoちゃんとご飯を食べた。
彼女はどうやら独立心が強いようだ。
言葉の端々に意志を感じる。

テトは、ずっとtomoちゃんの膝の上で、くかーっと寝てた。

まあ、そのおかげで帰ってきてから
遊んで!遊んで!!
が大変だったんだけれども・・・。

テトたんがやってきた

■お嬢様

激しい台風上陸する中、我が家にお嬢様がやってきた。

ご紹介しましょう。


070715_120438.jpg

テト。
2ヶ月(5月31日生まれ)
ミニチュア・シュナウザー♀

この子が、新居に同居する新しい仲間^^。
まだ、風雨がキツかった午前中に迎えにいってきた。


シュナの仲間は、結構やんちゃと聞いていたんだけど、
テトは緊張しているのか、結構静か。



・・・と、思ったら最初の2時間だけで、
とっとと慣れてきたのか、今はすっごい勢いで、
部屋の中を駆け回ってる^^。

・・・と、思ったら、くかーって寝てたりしてる。
少々騒がしくなりそう^^。


台風が近づく夜のハリポタとモツ鍋

■ダンブルドア、つえぇ。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団をMと六本木に。

こういうタイプの映画はダレてきてしまうものが多いんだけど、
ハリー・ポッターは回が進むたびに、
だんだんと面白くなってくる、変わったタイプの映画。
多分、内容がどんどんとヘビーになってきているからで、
なんにせよ、大人向けの内容になってきている気がする。

と、いうか。
子供が観てわかるのか?というほど重いんだが。

ロード・オブ・ザ・リングのフロドといい、
スターウォーズのアナキンといい、
ハリー・ポッターといい、
どうして、向こうのファンタジーの主人公は、
キツイ運命を背負わされるのかな。

ダンブルドアとヨーダは、その存在感と強さという意味では
なんか似てる。


■M

その後に麻布十番の匠真っていうモツ鍋屋に行った。

Mと会ってご飯を食べたりするのは、たぶん今晩で最後。
こうした他愛もない話も、次にいつできるかもわからない。

その後も2件ほど店を変えて飲み歩いていたけれど、
この一ヵ月の短い間だったけれど、
Mも色々なものを抱えていると思うのに、
自分の小さい悩み事を、延々と聞きながら、
しっかりと自分の考えを
「~、わかる?」
っていう口癖とともに、ニコニコしながら自分に語りかけて、
何回も夜に付き合ってくれて、

本当にありがとう。

この台風が去ると、Mはいなくなってしまう。

あなたの強い心と、
子犬のような瞳は、
たくさんの元気を自分にくれました。

本当にありがとう。


モツ鍋は、辛かったな。

レイアウト

■レイアウト

Let it rain, let it rain,
Let your love rain down on me.

台風4号接近中。
朝から降る雨の中、歩いて目黒まで。
引越しの時に必要な荷物を買うために。

目黒だから・・・と思ってたんだが、
結構な距離あるのな。
帰りも気合い入れて、大荷物を両手に抱えて、
歩いて帰ってきた。

さて。今回の部屋だけど、実家を出てから4部屋目になるんだけど、
今までと違う趣向を凝らしたいという想いがあるので、
ボチボチとレイアウトを考えないといけない。

N0701040-403.jpg


ちなみに、見取り図はこんな感じ。
部屋がコンクリの打ちっぱなしの為に、
全体のカラーはブラック、ホワイト、シルバーが基本。
そこに、いかに木の温かみを入れていくか、というのは
大事なポイントかもしれん。

ちなみに、トイレ&ユニットバスのとこに、
ドアが描いてないように見えますが、
そんなもん、ありません。
Mが「これ、扉ないんじゃない?ヤダー!」
とか言っていたけど、
いいんです。
デザイナーズですから。

とはいっても、まずは
Pioneer43型プラズマTV、GEの冷蔵庫、洗濯機、
それから服ぐらいしかもっていかないので、
あとは追々買っていかないとなぁ。

IKEAにでも行くか・・・。

コネホとループ

■コネホ

いつも自分に言い聞かせていたよ。

スペインのサッカーはレベルが高い。
だから簡単にはレギュラーになれないぞってね。

それに努力さえ怠らなければ、
時間が解決してくれると信じていた。

-ハビエル・サビオラ


自分は、欧州のチームだとオランダ、
南米だとアルゼンチンのファンなんだけど、
そのアルゼンチン代表のフォワード・サビオラが
レアル・マドリッドに移籍。
コネホはスペイン語でウサギって意味でサビオラの愛称。

宿敵バルサからの移籍だけど、
チームを裏切るような捉え方をされていたフィーゴと違って、
バルサを追われたような形でライバルチームに移った。

メッシみたいに、上背はないけれどスピードが速くて、
得点力のあるフォワードが好きな自分は、
サビオラも結構好きな選手のひとり。

ワールドユースで活躍をして、将来が嘱望されていた選手だったけど、
バルサでは他の選手との関係もあってあまり目立てず。
才能や能力を持っていても、環境や周辺の評価というものが、
その人を輝かせるのに必要な要素ではあるけれど、
一方で、サビオラが言うように、
常に謙虚に努力を続けていくことが大事なんだと。
そして、時間が解決してくるのだと。
自分自身も、そう思いたい。


■ループ

週末は嫌い。
必ず、思考の無限ループに入る時間があるから。

納得行かないこと、
嘘をつかれたこと、
否定されたこと、
向き合ってもらえなかったこと、

全てを消化するには、自分は時間がかかる。
どれだけ、悲しみにくれても、
立ち上がるのは自分の足でしかないから。

偽って生きるぐらいなら、死ぬ

■美のために死を選ぶ

オシム監督が記者会見でそう言ったらしい。
実際の言葉のニュアンスは、メディアを通すと日本語すら
捻じ曲げられるから、どうだかわからんが。

目の前のことを犠牲にしても、
先にある大きな目標に向かう、という意味でいったらしい。


人は、マイルストーンが目標になってしまうことがある。


小さくつまらない自分を尊厳を守る為だったり、
困難な目標を前にしてその大きさに萎縮したり、
厳しい状況から逃れるための理論のすり替えだったり、

理由はいろいろとあれど。
現実を受け止め、責任を果たし、自分らしくいることを
言葉で公の場で言うことがどれだけ勇気がいることか。

その反応は色々とあるだけろうけど、
自分にとっては、琴線に触れる。

親父と引越しとめんどくさい人の相手

■この子にして、この親あり

「俺の昔からの友人を紹介するから。」
と突然親父から電話があって、昼前に代官山まで車でやってきた。
社長車のブルーのニュービートルで。。。

助手席には、親父が信頼を置いている
女性社員の方も同行して来ていて、
なんとか、この人と自分を結婚させたいと思っているらしく。
その後にモンスーンカフェに食事に行ったんだが、
延々と、
「2人が結婚してくれると、嬉しいなぁ」
という事を話をしていた。

華麗にスルーをしておいたが。
てか、自分はどうであれ、向こうが激しくイヤだろ。


で、紹介したいという友人は、親父と30年ぐらいの付き合いで、
最近独立して広告代理店をやっている方。
そして、なんと4歳ぐらいの時の自分を知っているらしい。

名刺交換の時に、
「久しぶり!大きくなったなぁ。」
と言われたんだけど、既に大きく・・・を通り過ぎて
老けてきているんですが。。。

申し訳ないのだが、もちろん自分は覚えていない。
この友人の方曰く、

子供の頃、親父の車の運転席の横にちょこんと座って、
「SHOHEI!ギア2番!!」
って親父が言うと、
「おいっしょー!」
っていいながら、自分がギアを入れていたんだと。
4歳にそんなことやらしてたんだな・・・。
だから、俺、小学校の時からマニュアル、運転できたんだ。

・・・オトコの子が出来たら、やらせよ。(犯罪です。)


■引越し準備、開始

何分、初めてということで、
色々とそろえないといけないものが多いことに気がついた。

とりあえず、契約がすんなりと行けば来週にも引越し。
何が必要か、って相談をしながらリストアップ。
ただ、今回のテーマは、「モノのない部屋」。
だから最小限だけ持って行くつもり。
それでも、土曜日に一通りそろえないと。

ふぅ、台風が来てるのに。


■POとM

やっぱり小雨の降る麻布十番に。
その前に仕事で、POと目黒に。
打ち合わせを終えた後に、蒙古タンメン中本に。
初めて来たけど、ほんとに辛い、このラーメン・・・。
汗だくになってなんとか食べた。
胃がびっくりしているよ。

そのままタクシーで移動。
Mと待ち合わせをしてボエムに。
初めて会うんだが、この2人。
なんだ・・・、この意気投合ぐあいは。
そして、なぜそこで、
「良く私達こんな、面倒くさい人の相手をしているよねー。」
っていう会話で盛り上がってる。。。

まあ良いけど。

悩みと残酷

■決定

悩んだ。かなり、悩んだ。
機能性を取るか、デザインを取るか。

思ったのは、女性が見る視線と、自分が見る視線というのは
かなり違う。

収納が多い、明るい、キッチンの使い勝手がいい。

わかる。わかるけどね。
デザインの美しさには敵わないんだよ、その理論(><)。

そういうわけでデザインを取った。
悩んでいる・・・とはいいながら、
部屋に入った時に目にハートマークがあったから、
全然違うよ、とは言われたけれども。

まあ、いいよ。
快適に一緒に住むことができれば。
そして、たぶんできるし。
そういう訳で、来週新居に引越し。


■Because Of You

I got a problem and I don't know what to do about it
Even if I did, I don't know if I would quit but I doubt it
I'm taken by the thought of it, and I know this much is true
Baby, you have become my addiction, I'm so strung out on you
I can barely move but I like it

自分が直面しているものは、
意外に一般的なモノかも知れないと。

なんか、ケタケタ笑いながら、
「あー、わかる!わかる!!」
とか言いながら、そういう話をしていたら、

人間って結構残酷な生き物なんだな、と
思ってしまった自分がいた。

やきとんが美味しい

■物件、さらにその後

たぶん、今日決まると思うけど、
ほぼ引越し先が絞り込まれた。

候補は2つあって、内見に行ってフィーリングで決める。
まわりの環境も悪くなさそうだし、
一緒に住むだけの条件も、両方とも揃ってる。
「デザイナーズ」と物件に書いてあるのも、
ポイントが高かったりして。


■十番はいつも雨

Mと麻布十番で会う時は、なぜか雨だな・・・。
十番の駅は出口が未だによくわからない。
今回は、地上に出てみたら、交差点の真逆だった。

相変わらず傘もささずにやってくるMと、
同じように傘を持たずにやってきた自分は、
雨に濡れながらどこにしよっか、と商店街徘徊。

居酒屋っぽいとこで、あべちゃんってとこに。
本店ではなく、別館の方。
やきとんが美味しかった。

適当に頼んで、たわいもない話。
物件の見取り図を見せたら、
収納がどうだ、洗濯機置き場どうだ、日当たりがどうだ、
と、自分が全く気にしないポイントをしゃべっていた。
感性の違いなんだろうな。

その後、六本木のツタヤでDVD物色。
4本で1万円てお徳だよね!?
というMはほくほく顔。


■今日の夢

手をつないで、延々と散歩。
場所はよくわからなかったけど、たぶんシルバニア・ウォーターズ。

ありふれた世界

Came in from a rainy Tuesday on the avenue thought I heard you talking softly I turned on the lights, the TV and the radio still I can't escape the ghost of you
What has happened to it all?

Crazy, some'd say

Where is the life that I recognize?... gone away

But I won't cry for yesterday there's an ordinary world somehow I have to find and as I try to make my way to the ordinary world I will learn to survive

Passion or coincidence once prompted you to say "Pride will tear us both apart"
Well now pride's gone out the window cross the rooftops run away left me in the vacuum of my heart
What is happening to me?

Crazy, some'd say

Where is my friend when I need you most?
Gone away but I won't cry for yesterday there's an ordinary world somehow I have to find and as I try to make my way to the ordinary world I will learn to survive

Papers in the roadside tell of suffering and greed here today, forgot tomorrow ooh, here besides the news of holy war and holy need ours is just a little sorrowed talk

And I don't cry for yesterday there's an ordinary world Somehow I have to find and as I try to make my way to the ordinary world I will learn to survive

Every world is my world


ふふ。

全ての過ぎ行く日常に。
昨日を悲観せずに、
明日をまた生き抜くために。

ありふれた世界に向かってく。

雨、だね。

腰痛とマサムネ

■「にくづき」に「かなめ」と書いて腰

我が家系は間接に痛みを抱えている人間が多く、
自分も故障を経験した箇所として、
「右肩」「両足首」「首」
がある。
靭帯を伸ばしたことがある左足首は別として、
その他の箇所は激しい運動をするとすぐに痛むんだが、
この原因はアメフトをやっていた時代にトレーナーに言われていて、
筋肉量と質のバランスが悪いのだとか。

自分は細身ではないけれど、
スポーツをやっている人間からするとそれでも線が細い。
間接の痛みはこの筋肉の細さが原因。
骨格がけっこうしっかりしているから、
骨折なんかは小指とか鼻骨にヒビが入ったことがあるぐらいで、
こんなもんは怪我の部類に入らない。

ただ、こうした間接の痛みは慢性的なもんで、
しかも、原因がある程度生まれつきなもんだとどうしようもない。
ある意味一生つきあっていかないといけないとこがしんどい。

さらに、運動をしなくても痛みを伴う場所があって。
それが腰。
これは、もう体格のせいらしい。
腰痛持ち特有の背中の形をしているんだと。
中学時代から痛みを抱えてる。

最近、夜に散歩に出るんけど
この時に歩き方の矯正をしながら散歩しているんで、
戻ってくると結構痛みが腰にはしる。

とりあえず、その痛みを軽減するために、
腹筋をつけるのがてっとり早いので、
毎日100回以上のノルマで夜にハフンハフンと腹筋。


■マサムネ

「くればいいのに」のトラックは、
確かに打ち込みメインなのでKREVAが作ったんだろうけど、
実際のサビの歌詞はどっちが作ったんだろ?

「くれば」と「KREVA」は韻を踏んでるんだろか。

どちらにせよ、草野マサムネの声は、
こういうメロディーにあわせると日本最強。


■今朝の夢

深刻な雪不足に悩むメキシコで、
ガンガンにスノボを楽しんでいた。

あなたが

■くればいいのに

070709_182648.jpg

切なさ抱え 一人眠る
せめて夢の中 世界 ブリリアント
笑顔見れるだけで また好きになる
目覚めたとたん 逢いたくなってる
逢えない時に 愛が詰まってく

逢いたいと思うその時には
あなたがいない
今すぐ逢いには行けないから
あなたがくればいいのに

なれ合いじゃなく 励まし合って
支え合えたり 離れられない
出逢えた日の事 忘れられない
これ偶然じゃ 片付けられない

一人でも楽しめたとしても
何か足りない
もし今願いが叶うのなら
あなたがくればいいのに

わがままな望みってわかってるけど
あなたがくればいいのに

素であることとカムジャタン

■素

ここでは仕事の時ではなくて、あくまでイチ個人として言葉を綴る。
元々、ブログ自体を目的によって4つ書いていて、
それぞれに内容が違うんだけれども、
こうしたブログを書いている理由は、
自分は文章を書くことで頭の中をまとめることができることと、
あくまでも、その時の思考や出来事の記録でしかない。

SCSFは、書いているブログの中で一番プライベートな自分で
日々起きたことや、思ったことを書いているため、
普段会えない、遠く離れた友人や、
会ったことはないけれども、昔からこんな自分の文章を
なんとなく読んでくれている人なんかが、
ああ、こういうことあったんだコイツ、と思いながら、
目を通してくれている、と思う。

ただ。
当然、ここに書く事は悪い言い方をすれば、
上っ面だけの部分であって、
自分のもっと奥深い部分での思いや想いは、
全く異なっていたりすることも、
自分自身で読み返して感じていたりもする。

嬉しいこと、ムカつくこと、悲しいこと、楽しいこと。
そして、望むこと、イヤなこと、愛する人のこと、忌み嫌う人のこと。
全てそのまま感じたことを、
全てそのまま書くことができれば、と思うが。
それは、当然許されていない。


■カムジャタン

以前住んでいた部屋の近くにある韓国料理屋に行った。
ソナムってとこ。
有名店なんだが、なんとなくいつも人が並んでいるので、
敬遠していたんだけど。

カムジャタンがお勧めらしく。
3人で無言になりながらほおばった。

んで、その後は、近くのスペイン系スタンドへ。
スペインでは、こういう飲み屋のことを
バルと呼ぶんだけど、
こういう感じなのかな。
行ったことがないからわからないが。

そんで、今晩もまたサングリアとか飲んで。
家に帰って泥のように眠る。

美しく

■勝つときは少々汚くてもいい。だが、負けるときは美しく

-ヨハン・クライフ

思考の無限ループに迷い込んだ時は、
カラ元気だろうが、なんだろうが、
とにかく笑顔で、声を出していかなきゃ。

これだけ、LOSERな気分だからこそ、
美しく立ち振る舞わないと。

毎晩見る悪夢や、目が覚めた時の張り裂けそうな想いも、
美しく立ち振る舞うことで、
きっと時間が解決してくれる。

ファイトいっぱつ。


■ある夜

世の中には絶妙なタイミングやら、何やら。
久しぶりに共通の友人2人から別々に電話がかかってきて、

「飲みましょうよ。」

たまたま、自分をそれぞれが誘ってくれたので、
それぞれに、じゃあ3人で飲もうよ、と
に集まった。

車の中とか非常階段とか、
訳のわからん話で、一通り盛り上がって。
きゃっきゃ言いながら

ビールとサングリアをしこたま飲んで。
じゃーねー、と恵比寿駅でバイバイをして、
オフィスに戻って泥のように眠る。

Muchas gracias amigos.
Next Page »

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。