スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テトたんがやってきて1年後

SCSF20080716_teto1.jpg

台風の中、テトが我が家にやってきて早いもので1年が。ガクブルでびびりまくっていた娘も1kgちょっとから現在7.3kgとすくすく成長。駒沢公園ドッグランの深夜のアイドルとして、夜な夜なパグのまるちゃんに追いかけまわされる日々を過ごしております。

まあ、そんな記念日ってこともあっていつものサロンに朝からいってトリミング。夏なのでいつもより若干短め。もしゃもしゃ生えている耳毛も抜いてもらってさっぱりしてきた。相変わらずのプードルカット。

SCSF20080716_teto2.jpg

さらにおめかしをするために、近くのワンコ用の洋服屋に。この時期は犬の服もSALE中。LeeやらFIORUCCIの服をしこたま買い込んだ。商品にあったブタのクッションが気に入ったらしく、ちょこんと座って動かないでやんの。

買ってはやりませんでしたがね。

店員さんに「お店のアルバムに飾ってもいいですか~?」と写真を撮られて、それをニコニコしながら横で見ている、親バカ全開の一日でした。

テトが来てから1年、とても幸せだったよ^^。ありがとう、テト。そして、これからもよろしく。
スポンサーサイト

もろもろ

長雨のせいで、我が愛車ブランコ(DELICA SUPER EXCEED/ホワイト)の汚れ、特にその水汚れが酷く。ただ、車体がバカデカイために(ほんとに視線がバスやトラックと同じ高さにある)ので、一気に洗う時にはスタンドでお願いしちゃってるんだが。パーツを買うついでに某大型カー用品店に行ったら、ポリマーコートが通常の半値ぐらいのキャンペーンをやっていたので、ついでにお願いをしてみた。

塗装面をコーティングすることによって、汚れをつきにくく、さらにその後の手入れを簡単にする技術なんだけれども、正直施工後にこんなに効果があるとはおもわなんだ。。。まあ、ピットで、しかも専用のツールを使ってやるから、個人がポリマー剤を買ってきてやるのと比較できないが、プロにまかせればそれなりに以上になるもんだ。

とはいえ、効果は持ってブランコとお別れする予定のあと半年程度。間のメンテもきちんとやっておかな。次の車はガラスコーディングを施してみる予定。

---

いまさらだけどお財布ケータイ関連の機能を試してみるために、わざわざDCMXカードに申し込んで、iDとモバイルSuicaをSH906iに設定。ここ数週間コンビニやらマックやら駅の改札やらでピッピやってたんだけど。。。

これ、便利すぐる。

もう、最近はほとんど現金を使うことがなくなってしまった。自販機ですらわざわざiD使ってますから。こうなってくると、色々ある電子マネー自体の互換性に目が行くようになる。まあ、少なくともなにかと不便なプリペイド型のEdyとかイラネとか思ってしまうんだが。

---

SCSF20080714_DISCOVERY925.jpg


車での移動が多いため、ケータイの着信が取れないのでBluetoothのヘッドセットを購入。

PLANTRONICS DISCOVERY 925

数日前に正式に日本で販売されたものらしいが、以前のモデルは「24」でジャック・バウアーなんかが使っていた・・・そうだ。聞いた話なのでなんともいえんが。そして、このモデル「925」は、The Black Eyed Peasのファーギーやデスパレートな妻たちのエヴァ・ロンゴリア・パーカー、そしてブルック・シールズと今を時めくセレブ達が愛用、なのだとか。ブルック・シールズのどこが今を時めくのかがわからん。。。

こいつのいいところはまず、軽量なところとデザイン。ボッテリとした印象のヘッドセットが多い中で、カフスのようなVフレームは、耳につけていてもあまり違和感ナシ。8gしかないし。それと、マルチポイントテクノロジーを搭載しているから、ペアリングを2つ同時にできちゃう。つまり、SH906iと今後購入予定のiPhoneを同時に接続できちゃう(PRADA Phoneは残念ながらBluetooth非搭載)。

そんな訳で両手が使える状態で話せるのが楽しくて、一日中イヤーピース着けっ放し。代官山駅でもそのまんま話をしていたら、対面のホームにいた人がいぶかしげにこっちを見ていた。。。髪に隠れてイヤーピースが見えないから、大きな声で一人言を言っているヘンな人に見えたのかもな・・・。

---

引越す・・・って言ってたんですけど。

予約を入れた物件が他に押さえられてしまって、振り出しに戻る。


よかったよー、今のオフィスまだ解約申し込みしてなくて!

危うく、住所不定の会社になるとこだった。
なんか嫌な予感がしてたんだよなぁ。

iPhone 3G (アイフォンでも、アイフォーンでも。) その4 祭不参加の報告

SCSF20080711_iPhone.jpg


個人的に心がけていることがあって、

社会現象になるほどの祭には不参加の方針

ということ。つまり、なんかを手に入れたりする時に、並んだりしないようにしてる。
性格的な問題もあるんだけど、並びを入れることが異常に苦痛に感じるから。なので、よほどのことじゃない限りそういう祭には参加をしない。

ヨドバシカメラが事前予約について色々と口を濁していたから、問い合わせも含めて対応が難しくなってるんじゃね?と思ってた。二日前ぐらいに、先行販売を行う表参道店に並びができ始めているというニュースが流れた時には、へぇと思っていたが、前日夜に1000人規模になったという話にはさすがにドン引きした。そして、思った。

この祭の参加はムリ、と。

PRADA Phoneだって、並ぶぐらいなら買わなかったし。ガソリン価格があがる時にも、15分ぐらいだけ並びが堪能できるスタンド選んだし。一番並んだ時で、EPISODEIIIの試写会だからね。あの時は、ダースベイダーのお面をかぶっていたから、苦痛じゃなかった。あ、でもほんとにAppleが好きな人なら苦痛じゃないんだろな。そういう意味じゃ、そこまでの愛情を持ってないよ・・・、あのリンゴには。

そんな訳で、当初朝っぱらからお店に並ぼうという意欲もすっかりなくして、本日も朝はゆっくりしてたよ。TVで流れるiPhoneを求める行列を見ながら。

それにしても、バッテリーの持ちが悪いとか、ネット環境の確認がうるさいとか、既に色々とblog上でリポートがされているから、この祭が落ち着くまで、それでも読んでおこうかな、と。


こうやって書くとここまでの人気化することに対する予見が甘くて、入手失敗した言い訳に聞こえるかもしれませんがね。









すいません、その通りですorz。

屋上から

SCSF20080711_daikanyama01.jpg
SCSF20080711_daikanyama02.jpg


会社がある代官山駅の真横の6階建てのビルはなんと築40年。ロケーションの良さと、家賃の安さ(個人で借りると10万以下)で即決をしたんだけど、窓がピタっと締まらず猛暑と極寒に苛まれ、大雨が降ると雨漏りがして、いつくるかわからない大地震にビクビクするオフィス環境はやっぱり長続きせず。。。

近々引っ越しをすることになった。

そんな時、ちょっと用があってこのビルの屋上に初めて行ってみることに。カメラ片手に上っていくと、なかなかの景色が広がってた。代官山でも一際高い場所にあるこのオフィスは眺めがいいんだよね。もうすぐここを出るのかぁ、と思うとちょっと切なくも。

POが仕事をしている業界(ライター、編集)やアパレルでは、結構有名なビルらしく。いまや大手と言われているところがこのビルから巣立っていったんだと。だから、仕事をしやすかったんだけどな、ってPOは言ってた。漫画界におけるトキワ荘みたいなもんか?

そんな会社のひとつとして、この先も活躍していきたい。

もう一度

SCSF20080711_mouichido.jpg


もう一度会いたいよ
声聞きたいよ
Tell me why you had to go
その手離せないよ

あの頃のように
笑っていたいよ
I just wanna hold you close
ずっと忘れないよ

もうすぐ夏だったあの日一目見て
生まれて初めてヒトメボレ
今、何してる?
まだ起きてる?って
毎日送りあった
たわいないメール
初デートの夜海岸で花火
光照らす横顔なぜか悲しい
いつも感じてたお前の孤独
近づいても急に距離が遠くなる
もっとこっち来い
心配すんじゃねえ
ぜってえ守るだから泣くんじゃねえ
一人だったらつまんねえ日常も
一人だったらわかんねえ生きる意味も
寄り添えば少しずつ変わっていく
一歩ずつゆっくり進んでいく
そんな風に思えたお前となら
このままって信じてたあの頃はまだ

それから色々あっても笑顔が見れた
全部じゃないけど寂しさ消えた
鼓動早まった初めてのキス
別れ際必ず会えるのはいつ?って
小さな声でうつむいた
家の近くまで送るといつも振り向いた
忘れない二度とない経験
止めたい時間 願った永遠
いっぱいしたくだらねえケンカも
愛しいふてくされた寝顔も
自転車乗って借りに行ったDVD
よく聞いたお前好きだったあのCD
買い物はいつも長くて
照れ臭くて待った店の外で
買ってやった安物の服持って
すげえはしゃいで 掴んだ俺の腕

出会って
信じて
好きになり過ぎて
苦しくて
いつも泣いて
一人で
寂しくて
失うの怖くて
強く抱きしめて
永遠に
Close to you

2年経って
何か変わって
好きだけど気持ちすれ違って
毎日の当たり前に慣れて
優しさに甘えて
こんな日が目の前に来るなんて
思いもしなかった
離れるて
出会った頃に戻れるなら
戻りたいもう一度会いたい

for all brokenhearted.

バブルな世代の痛い子達

正直なところ、いわゆるバブル後期の世代の方々、自分より10歳程度年齢が上の40代前半の人達はひどく仕事ができない人が多い。仕事ができないなら、まだいい。

・プライドだけはやたら高い。
・ミスを認められない。
・謝れない。
・責任は取れない。取らない。
・勉強する気がない。自分は頭がいいとすら思っている。
・安っぽい根性論が大好き。
・すぐ甘える。
・すぐすねる。
・すぐ逆ギレする。
・派手なことが好き。
・基本、なぜかへらへらしている。

・・・。時代の産物なのか?と思うほどに、こういう人が多い。もちろん、他の世代にもいるんだが、なぜかここに集中しているのは面白い。しかも、それなりの社会的立場の人がこの傾向が強いのも事実。
しかも、この世代はネット文化がギリギリ浸透しているかどうかの瀬戸際の人達なので、WEBスキルにやたら個体差があるのもやっかいだ。それこそ20代の人達なら当たり前のことが、できない人もいて。ほとほと困ることがある。

まあ、今日はそんな40代前半のひとりが自分の目の前でぎゃぁぎゃぁ騒いでいるのを聞いている苦痛な時間を過ごさないといけなかったわけで。哀れな人だなぁ、と思いながらその人を見ている自分がいたりして。必死に精神的優位に立とうと頑張っている相手を見ながら、なんでこんな痛い子に育っちゃったんだろ、とか思ってた。ひとまわり近くも年が違う自分に、不条理な部分を指摘されて逆ギレしちゃってるんだろ、とか。そういえば、前の会社の社長もこんな感じだったなぁ。自分がいかにすごいか、という事を一生懸命に話している姿がとっても可哀相な人だった。。。

そんな人が本を出せるんだから、もっと読む本は選ばないとな。無駄な時間を過ごしちゃう。

一方で、なぜか自分がこの人頭いいなぁ、とか、すごいなぁ、と思う人もこの世代に多いんだけど。
両極端だな。やはり、時代の産物なのか?

THE PENINSULA TOKYO

SCSF20080707_peninsula1.jpg
SCSF20080707_peninsula2.jpg
SCSF20080707_peninsula3.jpg


前から行ってみたかったペニンシュラ東京にステイ。コンラッドよりもこじんまりとしているけど、部屋の感じとか、ホスピタリティ全般こっちの方が個人的に好きかも。特に、TVのついた広いバスルームはここから出たくない、というほどに快適だった。ネット環境もしっかりしてて、仕事をするのにも便利。

部屋が有楽町駅側だったので、部屋からの眺めは残念ながら×。逆側だったら皇居とか見えてキレイなんだろな。今回は部屋を指定してなかったからしょうがないけど。

最上階にあるPETERというレストランは、眺望はいいけど、味はイマイチ・・・というか、もうちょっと頑張って欲しいかも。併設されているBarに来るだけで十分、かな。

ウィンブルドン

SCSF20080707_nadal.jpg


実は、テニスとかゴルフとか、イギリス発の個人競技はこれといって興味がないのであんまりTV中継を見ることがない。ウィンブルドンもやってるのは知っていたけど、EUROのようにアツくなるわけでもなかった。

けど、今日の決勝はすごかった・・・。なんとなく点けていたTVを横目で見ている内にすっかり朝ですよ。ナダルの気迫が押し切った感じだけれど、それよか自分が感動したのがフェデラーのメンタル。3回マッチポイントのピンチを全て跳ね返すって、どんだけだと。

試合中の機微や技術的なものが全くわからないけど、それを超える凄みがあるのはやはり世界トップレベルの一戦だからだろうね。

スペイン、サッカーといいテニスといい、スポーツ界でイケイケだね、今。

仕事に関しての備忘録その3

6月の数字のまとめ、ほぼ終了。

月次の決算よりか1年の半分が終了することもあって、クライアントとの契約の更新などもあってバタバタしてたんだけど、ちょっと落ち着いたかな。

まあ相変わらず月次で利益を確保しながら動いているわけなんだけれど、タンタンとしているだけで何もここらへんに変化があるわけじゃない。一方でモチベーションを保つ為の何かしらの刺激を加えていかないといけないなぁ、と。第2Qの黒字化も確定しちゃってる今は、そういう部分が尚更。

つくづく思うんだけど、たった2人の会社を黒字化することなんか造作ないので、経営者としての技量とか必要もない。すでに、会社設立からの累積の黒字も達成済みで、ドライな言い方をするとHASHに関わる投資分は既に回収してしまっているから後はどうにでもできる感じなんだよなぁ。つまり、自分のビジネス(という表現はキライなんだけど)を実現する為の箱と捉えることもできる。

どういうアクションを取ろうが、売上が支出よりもmuch than zeroであればいいわけで。なんか大義名分も必要かな、と思う。ある、クライアントの受付に、

「21世紀最も感動する会社になる」

みたいなことが掲げてあって(ちょっと間違ってるかもしれないけど)、こういう精神論も必要なのかな、と感じつつ、こういうのを毛嫌いする自分の性格からも抵抗があったりも。

明日ちょっと気分転換も兼ねてホテルにステイするので、のんびり考えてみる、そこらへんのとこ。

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。