スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロスペクト理論

損利大小」、という言葉がある。

これは、主に株式投資の世界で用いられているのだけれども、これを実際にわかりやすく(?)理論化したものに、ノーベル経済学賞を取ったダニエル・カーネマンの「プロスペクト理論」ってのがある。


ケースA
1 確実に80万円を貰える。
2 85%の確率で100万円貰えるが、15%の確率で何も得られない。

ケースB
1 確実に80万円損する。
2 85%の確率で100万円損するが、15%の確率で何も損しない。

それぞれのケースにおいて、どちらを選ぶかを質問すると、多くの人がケースAにおいては1を、ケースBにおいては2を選ぶらしい。

しかし。実際に計算してみると、ケースAでもらえるお金は常に85万の可能性の2を、ケースBでは損するお金が常に85万円の可能性である2より1を選んだ方が得。

これは、人間の心理的な問題で、一般的に人は得をする領域では「不確実だけど大きくなる可能性よりも、確実に入る低い利益」を取り、損をする領域では、「確実な損よりも、不確実な損をしたい可能性」を取りたがるのだとか。

なぜ、人がこういう行動をとるかというと、一般的に、少ないとしても確実な利益を欲しがり、損をすると悔しいから何とかそれを取り返そうとするから(ギャンブルと一緒だな。。。)

これは、株式投資の世界の話なのだけれども、例えば事業とかにも当てはまると思う。

例えば、うまくいっている事業とうまくいっていない事業の2つがある。両方とも絶大な自信を持ってサービスを大々的に告知をしてスタートさせた。あるポイントまで来た時に、これからの投資できるお金とマンパワーが限られていたりする時、どういう判断をするのがベストなのか。

恐らく、うまくいっている事業はそのままに、うまくいっていない事業の建て直しを頑張る、という意見が多いんじゃないかな、と。

でも実際には、極端な話でいうと、うまくいっていない事業の再建に力を入れるよりかは、限られたリソースをうまくいっている事業に集中投下していく方がいいのでしょう。

「プロスペクト理論 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「プロスペクト理論 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/10-ae84752a

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。