スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DRAGONBALL EVOLUTION

SCSF20090318_dragonball.jpg

気がついたら、もうすでに公開されていたドラゴンボール。。。

公開前の段階で、ここまで期待感が薄く、それも世界レベルで疑問視されている映画もそんなにないだろ、というほど前評判が酷評されている空気だったけど。


そんでもって、ここ以降は思いっきりネタバレで感想を箇条書きで書く。

・やっぱ、すでに悟空(GOKU)が白人の段階で感情移入はムリ。
・さらに悟空がハイスクールに通ってるって・・・。
・ストーリーはピッコロとのバトルなんだが。もはや細かい設定や原作の違いは基本ムシ。
・例えば、悟空にシッポがないとか、ピッコロが蘇った理由とか、そもそもナメック星人て何?とか。
・ピッコロの手下が大猿で、大猿はそのままOZARUって英語で。大猿が手下とかいう設定だとサイヤ人はどうするつもりなのかと。
・で、大猿に変身する悟空は、UNDERWORLDのライカンスロープを彷彿とさせて。やはり、西洋人の固定概念から脱出するのは難しいのかな。
・そんな粗い作りならいっそ好きにやればいいのに、天下一武道会なんかを無理やりストーリーに絡めてるから、途中から話の内容がもう何がなにやら。
・それでも、時間軸とか、状況の説明とか、意も介さずに話を進める強引さで90分程度に収めるのはスゴイ。
・チチ役のジェイミーチャンは必要以上に乳を強調していて。
・田村英里子は存在意義がよくわからんのだが・・・。
・亀仙人よりも、悟空の方が女にうつつを抜かしていて、なぜか亀仙人は「ナマステ」と挨拶する。
・最終的に、ピッコロの存在が何だったのかよくわからんまま。
・そんなピッコロは、最後に日本人女性にベッドで看病されているっていうのは、二作目の伏線?
・地球を滅亡させる可能性のある悪のボスにとどめを刺していないってのは、どういう了見なのかと。
・というか、作る気なのか?二作目を。
・個人的には、エミーブロッサムは好きなタイプ。


色々な意味でスゴイ映画。オリジナルの世界観を保ったフリをして、文化の違う視点で解釈するとこうなりました・・・みたいな。なんか、もともと軽く原作自体が舐められているんじゃないか、とすら思ってしまう。

まあ、そのまま実写化するのには無理がある設定なんだから、別にこれでもいいでしょみたいな感情もあるけど。ただ、もうちょっとCGとかグラフィックとか頑張って欲しかったなぁ。なんか、見たことない映像・・・みたいな衝撃がなかったのは残念。

一方で、原作を全く知らなければ逆に楽しめるらしく、見終わるなり

「これ、面白くない!?ぜんぜん、アリなんだけど!!!」

とはしゃぐ人もいたりする。受取り方は人それぞれなのだね^^。

「DRAGONBALL EVOLUTION 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「DRAGONBALL EVOLUTION 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/1008-0926167a

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。