スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金刀比羅宮

SCSF20090510_shikoku14.jpg


金刀比羅宮(ことひらぐう)は、香川県仲多度郡琴平町の象頭山中腹に鎮座する神社。こんぴらさんと呼ばれて親しまれており、金毘羅宮、まれに琴平宮とも書かれ、明治より前は金毘羅大権現と呼ばれた。全国の金毘羅神社(金刀比羅神社・琴平神社)の総本社である。
長く続く参道の石段が有名で、奥社まで登ると1368段にもなる。海の守り神として信仰されており、現在も漁師、船員など海事関係者の崇敬を集め、海上自衛隊の掃海殉職者慰霊祭も毎年、金刀比羅宮で開かれる。境内の絵馬殿には航海の安全を祈願した多くの絵馬が見られる。金毘羅講に代表されるように古くから参拝者を広く集め、参道には当時を偲ばせる燈篭などが今も多く残る。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


そんなわけで、その1368段をえっちらおっちら上り始めた。

SCSF20090510_shikoku15.jpgSCSF20090510_shikoku16.jpg

初めの方はこんな感じでお店が両側に並んでいて。

SCSF20090510_shikoku17.jpg
SCSF20090510_shikoku18.jpg

最初の門をくぐるあたりから、神社っぽくなってきて。

SCSF20090510_shikoku19.jpg
SCSF20090510_shikoku20.jpg

途中で神馬なんかとご対面して。

SCSF20090510_shikoku21.jpg

SCSF20090510_shikoku22.jpg

こんな景色になるまで上ってきて、ようやく本宮に到着。

SCSF20090510_shikoku23.jpg

なんていうか。。。wikiにもあったけど、そのちょっと手前にあった重要文化財の旭社の方が造りが豪華なんだね。

▽旭社
SCSF20090510_shikoku28.jpg

とはいえ、30分ほどの「ほぼ登山」を終え、お参りもしっかりと済ませる。

SCSF20090510_shikoku24.jpg

SCSF20090510_shikoku25.jpg

SCSF20090510_shikoku26.jpg

本宮では、神前式が行われていて白無垢のお嫁さんが注目を集めまくってた。
ちなみに、ここは崇徳天皇が祀られているそうですよ。

なんとなく、成田山とかを思い出したけど向こうの方が規模感が大きいので、より森と山に囲まれたこんぴらさんの方が個人的には趣があるように感じる。

同じ石段を今度は下っていって、往復2時間ほどの参拝も終わり。

そして、ふもとで再びうどんを食べる。

SCSF20090510_shikoku27.jpg

今度は天ぷらと半熟玉子をトッピング。やっぱり美味だなぁ。

SCSF20090510_shikoku29.jpg

ちなみに、タクシーの上も「うどん」になっているのか、香川は。


初日の工程はこれで終了。
翌日は高知に。



「金刀比羅宮 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「金刀比羅宮 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/1040-f81e7b64

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。