スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜松餃子 むつぎく

SCSF20090520_mutsugiku1.jpg

■浜松餃子 消費量「日本一」宣言
 「浜松餃子」を通した街づくりに取り組んでいる「浜松餃子学会」が19日、浜松市の「餃子消費量日本一宣言」を行った。浜松市ではかねてからご当地グルメとして「浜松餃子」が知られ、市内には餃子を扱う店が300店以上あるなど消費量は全国でも1、2を争うほど。
 しかし総務省の家計調査では県庁所在地と政令指定都市が対象で浜松市は対象外のため、ライバル・宇都宮市に日本一の座を許してきた。浜松市は去年9月に独自調査を実施した結果、市内1世帯あたりの平均年間消費量が1万9400円と、日本一とされている宇都宮市の4710円を上回ったことが分かった。
 浜松餃子学会では引き続き市長にも応援を要請し学会では今後、政令市版の「餃子マップ」を作るなどさらに「浜松餃子」を売り出していく方針。 (2007/2/19静岡新聞)


餃子といえば、関東では圧倒的に宇都宮が知られている訳なんだけど、静岡おでんを調べていた時に浜松餃子ってのがあることを知る。

ソースはココ。

消費量日本イチってのは、浜松の独自調査なんでなんともいえないけど、

・浜松市内には全国シェアナンバー1の餃子製造機械メーカーがある。
 (東亜工業株式会社、というところらしい。全国のシェアの60%だって。)
・餃子専門店が約80軒ある。

あたりは、確かに餃子王国の信憑性がある。


そんな訳で、「東京から一番遠いから」という理由で最初に食すことになった浜松餃子。駅前から歩いていける有名店があるってことで、雨の中ケータイの地図を眺めながらテクテクと向かった。そのお店は飲み屋が軒を連ねるところに。

「むつぎく」
昭和37年創業。餃子専門店がほとんどなかった時代から安くておいしいギョーザを出してきました。フライパンで丸く焼き、真ん中に茹でもやしを付けるスタイルは創業当時から変わっていません。むつぎくのギョーザはニンニク控え目、女性にもおすすめです。今日食べてまた明日食べたくなる、そして、いくつでも食られるそんなギョーザです。ランチにはお得なセットもご用意しています。(静岡新聞社アットエス編集室)


SCSF20090520_mutsugiku2.jpg

ぱっと見は中華の定食屋な感じ。さっそく入ってみると、5時をまわったばかりで開店した直後というのに、お店には既に数人のお客さんの姿が。カウンター席の奥に座ってメニューを眺め、餃子だけじゃぁなんだねと、ラーメンとライスのBセットを注文。

SCSF20090520_mutsugiku3.jpg

これで950円。

SCSF20090520_mutsugiku4.jpg

主役の餃子の横には、浜松餃子の特徴であるゆでもやしもしっかり添えられていた。
中身は野菜がメインで、パリっとした歯ごたえとさっぱりした味で美味しい。確かに、美味しい。

お店は、家族経営っぽくて一眼レフを持ち込んでパシャパシャ写真を撮っているのを、微笑ましく見ていてくれた。モグモグと餃子を堪能して、ラーメンとライスも完食して御馳走様。ラーメンは普通の味だった・・・。


これなら、次のお店も期待できるねー、と車に乗り込み餃子を梯子することに。


「浜松餃子 むつぎく 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「浜松餃子 むつぎく 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/1059-4b93fde6

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。