スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜松城

SCSF20090521_hamamatsujo1.jpg

浜松城(はままつじょう)は静岡県浜松市中区にある城。野面積みの石垣で有名。「出世城」という別名がある。浜松城(武家時代の名称は濱松城・一般的には新字体が用いられる。)は、前身は曳馬城(引馬城)と呼ばれる。築城者については諸説あるが、瀬名姫の先祖である今川貞相が初めて築城したという。

元亀元年(1570年)に家康は、武田信玄の侵攻に備える為、本拠地を岡崎城から浜松城へ移した。岡崎城は嫡男・信康に譲られた。当初は、天竜川を渡った見付(磐田市)に新たに築城をするつもりであったが、籠城戦に持ち込まれた際、天竜川の存在そのものが「背水の陣」となることから、曳馬城を西南方向に拡張した。曳馬という名称は「馬を引く」、つまり敗北につながり縁起が悪いため、かつて「浜松荘」と呼ばれる荘園であったことから、城名・地名ともども「浜松」と改めた。

浜松城は明治維新後に廃城となり破壊された。城址は1950年に「浜松城公園」となり、1958年に鉄筋コンクリート製の昭和の復興天守閣が再建された。1959年には浜松市の史跡として指定された。 現在の天守閣は資料館として使われており、家康を初めとした当時のゆかりの品々を見学できるほか、城の周辺は緑が溢れ、桜の名所としても名高く、シーズンには花見客で溢れ返る。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



・・・、だそうである浜松城。

簡単に言うと、家康が若い時にいた城として有名で、その家康を始め多くの城主が偉くなっているから出世城と言われているのだとか。自分程度の知識で知っている人で、水野忠邦とかがいる。日本の大きな街を回っていると、その多くがもともとは城下町や門前町であったことがわかるけど、この浜松という都市も城を中心に構成されている感じ。他の都市にもありがちで、市役所なんかの建物がすぐ横にあったりする。

静岡市に向かう前に、せっかくだから見に行こうよいうことになり、打ち付ける雨の中坂を登っていったところに天守がある。
SCSF20090521_hamamatsujo2.jpg

この天守は復元されたものなので、実際にはここらいったいは浜松城跡ということになっていて、公園として市民の皆様に利用されているみたい。それにしても、夜で雨ってこともあって他に人の姿が見当たらない。

SCSF20090521_hamamatsujo3.jpg

SCSF20090521_hamamatsujo4.jpg

駐車場への帰り道の途中、徳川家康の像が暗闇の中に立っていた。
どうも、太っているイメージがあるからピンとこないな・・・。

「浜松城 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「浜松城 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/1061-197e1981

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。