スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天然記念物 富岳風穴

SCSF20090527_lavacave1.jpg

氷穴から車で数分離れた、富岳風穴に。

◆富岳風穴
鳴沢氷穴の800mとなりに位置し、毎年大きな氷柱ができるので有名です。
天井も全体的に高く全長も氷穴より長めです。
◆富岳風穴の天然冷蔵庫
富岳風穴ではお蚕の貯蔵や種子の保存のために最深部を天然の冷蔵庫として活用しておりました。
出典:風穴氷穴


風穴と氷穴では、同じ溶岩で囲まれた洞窟でもでき方に違いがあるようで。
このページを見るとよくわかるんだけど、氷穴はマグマに閉じ込められたガスが噴き出してその空洞が穴になったもの。風穴は溶岩の流れの中で、マグマが冷えるタイミングの違いで穴になったものだそうだ。その外に大木が溶岩の中に閉じ込められて、それが穴になるものとか、いろいろなパターンがあるみたい。

SCSF20090527_lavacave2.jpg

氷穴と違って、駐車場から数分歩いたところに入口が。
青木が原樹海の遊歩道途中にある。

SCSF20090527_lavacave3.jpg
SCSF20090527_lavacave4.jpg

同じように地下への階段を降りていく。一歩づつわかる気温の低下を感じつつ、風穴の中へ。

SCSF20090527_lavacave6.jpg

氷穴と比べると、中はかなり大きくて普通に歩くことが。さらに、縦穴の氷穴と違って、横穴の風穴は歩きやすい。風穴・・・っていうぐらいだから、中は風が通っているのかと思ったら、そんなことはないのだね。。。

SCSF20090527_lavacave7.jpg

江戸時代の頃には、温度の変化がないこの場所は蚕の繭の保存場所として使用されていたらしく、見学できる洞窟部分の一番奥にその保存所が再現されていた。

まさに天然冷蔵庫。

風穴内もやっぱり気温が低くて、途中には氷が並べられていたりした。
今だからこそ、手すりが設置されて、足元はきちんとコンクリで固めて移動しやすいようになっていたりするけど、自然の創造物を何百年も昔から利用しちゃってるのは、なんかスゴイ。

「天然記念物 富岳風穴 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「天然記念物 富岳風穴 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/1068-5721520c

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。