スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇都宮餃子 正嗣 宮島町本店

SCSF20090606_masashi1.jpg

みんみんを後にして、今度は徒歩1分ほどしか離れていない「正嗣(まさし)」に。

SCSF20090606_masashi2.jpg

えぇ、ここでも行列が出来ていてやはり40分ほど待たされましたがね。

途中、お店の人が出てきて、

「当店は、餃子専門店なのでご飯もビールもございません!それでもいいって人は是非お待ちください。ありがとうございます。」

なんてことを言っていた。店内がとっても狭く10人ほどしか入れないので、回転が早くても時間がかかるのだね。親子らしき3人で切り盛りしているみたいだし。

やはり、ぼけぇと待つこと2時前にようやく入店。
みんみんに並び始めたのが12時ぐらいだったから、餃子の店2つに入るのに2時間かかっていることになる。やはりディズニーランドばり。

SCSF20090606_masashi3.jpg

メニューは「焼餃子」「水餃子」「冷凍餃子(お土産用)」の3つ。店内では焼と水の二つのみ。お値段はみんみんよりもさらに安く、餃子の王将の231円すら下回る。ちなみに、これでも昨年の原材料の高騰で値段があがったのだとか。本日は混雑しているので、追加の注文はナシ。焼と水を一皿づつオーダーすることにした。

SCSF20090606_masashi4.jpg

はい、登場。

SCSF20090606_masashi5.jpg

まずは焼。みんみんよりちょっと大きめ。浜松餃子よりはちょっと小さめ。薄皮なんで、パリっとした食感。タレのつけ方を変えてみながら食べたんだけど、ちょいと酢を多めにしたぐらいでさっと醤油につけるぐらいが美味しい。

SCSF20090606_masashi6.jpg

次に水。皮の関係か、みんみんのようなもちもち感はあんまりなく。箸でつかむと、中がこぼれちゃったりもして、少し食べにくい。それでも、茹でた独特の水餃子の口当たりはきちんとあって、美味しい。となりの席に座っていた地元っぽい女の子三人組は途中でしょうゆをどんぶりの中に入れて全体的に味をつけて食べていた。女性にはこっちの方が人気が高いみたい。


案内された席が入口に一番近く、目の前のガラスから入店待ちの行列が見えるので落ち着かなかったけど。無言でモグモグと12個の餃子を完食してお店を出た。

「宇都宮餃子 正嗣 宮島町本店 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「宇都宮餃子 正嗣 宮島町本店 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/1073-3206f8a4

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。