スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事に関しての備忘録その10

子供の時から「集中力のムラ」というものにかなり悩まされていて。

「集中力がない」わけでなく、「ある時」「ない時」の落差が大きいということが問題で。その為、どんな分野でもパフォーマンス自体の出来の落差もめちゃめちゃ大きい。


こんなこと言うと経営者として失格だけど、6月はとにかくその集中力がなくて、モチベーションを上げるのに四苦八苦をしていた。5月末までに、前期の決算の対応なんかに追われてしまい、なんとか確定をさせて税金の納付したらば、どっと疲れが出て何やら大事な感覚が麻痺してしまった。

ルーティンっぽい仕事は普通にこなせるけど、向上するアクションが全くできてなくて、自分の中ではこれじゃあダメだな・・・なんて思いながら、ダラダラと日が過ぎていくだけ。


ところが、7月に入ってから「今年も半分が終わったな・・・」なんて思ったら、そのモチベの問題が勝手に解決されて、徐々に気持ちが高い集中力にシフトをしてきた。そんな訳で今月は各事業ごと軒並み好調で、月半ばで全部の仕事が過去最高の数字。当然全体でも底上げになって、それなりに意識していた節目の大台もサクサクっと超えたので結果だけ見ると満足感がある。

ただ、どうやらこれから仕事をやっていくにあたって数字の目標のみを掲げているだけでは、この女心と秋の空のような我がモチベーションと集中力をキープすることが難しい。数か月前にも同じようことで迷っていたけど、あの頃はとにかく数字にフォーカスを置くことで解決をしようと決めていた。ところが、その数字目標の達成(今年ならコミットメントラインの売上1億/利益5000万)が前倒しになると、その後を流してしまいそうな自分がいる。

なんの迷いもなく、「飽くなき向上心」を持ち続けることができればいいのだけど、わりと節目を何んでも意識する性格の自分は、途中でその目標を上にも下にも変えることが案外受け入れられないし、かといってまず理論的に達成不可能な要素が絡んだ目標を最初から設置することも受け入れられない。


だから、こういう要素に左右されることのない表現方法かつ不変的なマイルストーンと、もうちょっと長期的なスパン(例えば3年ぐらい)での数字目標を組み合わせていく時期に入ったのかな、とも思う。


そしたらば、この「集中力のムラ」みたいなものを安定させることができるかもしれない。

「仕事に関しての備忘録その10 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「仕事に関しての備忘録その10 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/1097-95d94227

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。