スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G.I. Joe: The Rise of Cobra

scsf20090814_gijoe2.jpg

この夏一番の注目てか、トレイラー見た時からドキドキが止まらない「G.I. JOE」。

もう、デキが完璧。
ここ最近、ターミネーター4やトランスフォーマー2もそうだけど、ここらへんのCGを駆使したメカニカルな映画は楽しくてしょうがない。やはりアメリカは、もはやストーリー性とかより、こういう「派手」さと「カッコ良さ」をわかりやすくトコトン追求した映画のみを作ってくれればいいんじゃね?と思う。

G.I.JOEっていえば、もともとはモノポリーで有名なHasbroの兵士フィギュア。トランスフォーマーもHasbroだから、この映画化がうまくいったからG.I.JOEも実写にする?という流れになったんかね。

キン消し世代の自分らはG.I.JOEで遊ぶってことはなかったけど、漫画のこち亀でよく紹介されていたので、その魅力といくつかのモデルの希少価値は知っている。今思うと、こうしたコレクターズアイテムやレアアイテムの面白さはこち亀と所ジョージに学んだような気がする。

そのアクションフィギュアには、全く興味をしめしてなかったのは、恐らく当時のテーマがリアリティの追及だったイメージだったわけで。G.I.JOEてば、もともとアメリカ兵を指す言葉で「Government Issue」、つまり官給品の頭文字と「あいつ」って意味のJoeを組み合わせたもの。Joeは日本語の太郎みたいな感じ。そんなアメリカ軍に興味がなかったわけですな。

どちらかというと、同じHasbro社のZOIDS(ゾイド)っていう、メカフィギュアの方が好きでこつこつ集めては部屋に飾ってニタニタしていた。


話を映画に戻すと、もともとは80年代にやっていたアニメがベースになっているようなんだけど、そんなアニメ知らなかったし、G.I.JOEは古い兵隊のイメージがちょっとあったから意外だった。けれど、アニメも見てないし、フィギュアに思い入れもなかったから映画自体の設定にすんなりと入れたのはいい。場合によっては原作を知らない方が楽しめる。

話は簡単で、世界征服を企む悪いやつらとそれを守る正義の軍隊が、ハイテクを駆使してガチンコ勝負という内容。あとは、それらの映像の凄さを感じとれば良し!


いろいろなキャラが出てくるんだが、両方のサイドになぜか「忍者」がいるいい加減さも素敵。

scsf20090814_gijoe1.jpg

G.I.JOEサイドの忍者、「スネークアイズ」。これが、敵側の「ストームシャドー」ことイ・ビョンホンと刀や手裏剣で刺しあうわけで。さらに、この二人には子供の頃からの因縁がある上に、その回想シーンでは場所は東京、お寺は中国、言葉は韓国語とアジアあたりでゴッチャゴチャになっているのも、こういう映画だから許される。このスネークアイズ、身体能力ハンパなく、バリバリに劇中でも活躍するんだけど、演じているのはレイ・パーク。ダース・モールで有名な人。

scsf20090814_gijoe3.jpg

上の忍者が数年前はコレである。さらにX-MENで顔が緑のトード役もやっていたから、真っ当に顔を見せて登場したことがないような気がする。スタントカッコいいから、そこはどうでもいいけど。


もう、鼻っから続編を作る気マンマンなんで、次回はさらにこっちの想像の上を行くインパクトの映像でお願いします。できれば、1年に1作のペースで撮影して欲しい^^。

「G.I. Joe: The Rise of Cobra 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「G.I. Joe: The Rise of Cobra 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/1116-d675f4c3

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。