スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤独感

一日、家でPCの前に座ってた。

目の前のベランダには雨に濡れた洗濯物が。。。天気予報が思いっきり外れて、ほんと憂鬱。これで、雨にやられるの3回連続ですよ。

夜は、中目黒の方に出て鍋。今日はほんと寒かったので、むしょうに「鍋食べたいっ!」という気分。なのでキムチ鍋を食していい汗かいてきた^^。



友人のブログに、ブリトニー・スピアーズのことが書いてあったので、何気に関連のニュースをまとめて見てみた。髪の毛を剃ったのは知っていたけど、なんか離婚をした後に彼氏がいたみたいなんだね。

で、その彼がインタビューに答えていた。

ブリトニー・スピアーズと交際2ヵ月で破局したアイザック・コーエンが、彼女との関係を英タブロイド誌に赤裸々告白した。先週末のNews Of The World紙のインタヴューで、アイザックはブリトニーとの破局の原因を、「彼女が離婚から立ち直っていなかったから」と語っている。

「相手が誰であれ、まだ新しい恋愛ができるような状態じゃなかったんだ。彼女が離婚から立ち直っていないのは明らかだった。初めて自宅に招かれた時、彼女の部屋にはまだウェディングドレスが飾ってあった。その夜、セックスしながらも、まるでケヴィンが一緒にベッドにいるような気がしたよ。彼女はまだ自分の人生をリセットできずにいたんだ」。

ブリトニーはずっと不安定な精神状態で、セックスに溺れ、「なぜみんな私を放っておいてくれないの? なんで私がこんな目に遭わなくちゃいけないの?」とよく口にしていたという。

「彼女はセックスが大好きで、あらゆることを試したがった。体を重ねている時はすごく幸せそうだった。でも、セックスが終わると、まるで小さな子供のように途方に暮れていた」。

アイザックはやがてブリトニーの多大な要求に応えきれなくなり、2人の短いロマンスはピリオドを迎えた。彼は最後にこうコメントしている。「ブリトニーのことは大好きだよ。別の場所で、別のタイミングで出会っていたら、きっと上手くいっていたんじゃないかな」


アメリカというのは面白い国で、著名人がセックスが好きだのという内容を普通に語る。以前、アンジェリーナ・ジョリーも「私は性欲が強い。」などと言っていたし。一方で、ドラマでベッドシーンをやった女優が思い悩んで自殺をしてしまう文化を持った韓国という国があったりして、性の倫理は場所が変わるとこうも違うんだね。

で、思ったのはブリトニーのセックスはどうでもよくて、25歳という若さで、名声とお金を得ながらも、私生活でうまくいかなくなるケースっていうのは、アメリカのショービジネスではよく聞く話。特に子役時代から活躍している人なんかに顕著な傾向で、ハイウッドではマコーレ・カルキンやドリュー・バリモアなんかが代表的。どちらも、ドラッグや酒におぼれたりしている。ちょっと違うけど、感覚がずれているという点では、マイケル・ジャクソンなんかはそうだ。ブリトニーも、ブレイクしたのは16歳だったけれども、8歳から芸能界に身を置いているので、芸歴は長い。

こうした、スターを押しつぶす一番大きな原因は孤独感なのかな。この孤独感ってのは、お金で解決できる問題じゃないし、たとえばふとした日常の瞬間に訪れる孤独感ってのは誰にでもあるものだ。

ただ、若くから成功を収めている人からすると、こうした孤独感ってものに耐えられるようにできていないのかも知れない。お金を持っていれば大抵の問題は解決できるけれど、こうした情に絡んだものは、メンタル面の成熟度が鍵だから、対処法を知らずに大人になってしまうと押しつぶされてしまうんだろうか。実際に、今回のブリトニーの件では、子役からスターダムに押し上げておきならが、そうしたメンタル面でのケアをしていない業界を非難する声もあがっている。

自分はこうした孤独感を18~24歳ぐらいまで感じていた時がある。まあ、若い時に誰もよく経験するようなものだけど。症状がひどい時には、いわゆるうつ病の一歩手前ぐらいまでなっていた。恋愛がらみが原因のひとつでもあったりした。ただ、その対処を自分の中で見つけることができたから、これからああいった状態になることはない。

そういうところでは、ブリトニーの元カレが喋っている内容から、彼女の気持ちの状態が推し量れるので、ちょっと同情をする。

「孤独感 」へのコメント

かわいそう、としか言えないのです。胸が痛くなるって事は、少し自分とダブっているのかもしれないなー。って思いました。

chika>
あら。でも、大丈夫ですよ、まだ×はついてないでしょ・・・。
慰めになってない?(笑)

でも、近い痛みを知っている人からすると共感するのかもしれないね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「孤独感 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/132-b835ca54

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。