スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカデミー賞

書くの忘れてた。

アカデミー賞。作品賞は「ディパーティッド」。香港映画の「インファナル・アフェア」のリメイクだとは聞いていて、まだ観ていないのだけど、ココらへんの作品が受賞するとなるといよいよハリウッドも厳しいな、と思う。

ディパーティッドにあげるなら、本家本元にあげなよ、と。普通に感じたけど。

まあどちらかというと、マーティン・スコセッシにもうそろそろオスカーをあげようという動きのようが気がして、「ロード・オブ・ザ・リング」に作品賞をあげた数年前と似たような思惑が働いているんじゃないかと勝手に勘ぐったり。

ディカプリオが作品賞の際スコセッシにウインクをしたらしいが、「ギャング・オブ・ニューヨーク」、「アビエイター」と期待されながらも作品賞を獲得できなかったという意味では、ようやくやったね・・・といった思いが強いんだろう。

今年は、「硫黄島からの手紙」や菊地凛子がノミネートされていることで、「アカデミー賞が国際的になってきた!!」と日本で勝手に騒がれていたが、結局はアメリカの映画賞でしかないんだな、と思った。

これは、別に自分が冷めているわけではなく、純粋な感想であって、例えば自分が「いちアメリカ人」だった場合、外国の評価とか気にもしないというふうに考えたから。

そういうことで、自分が作品賞受賞を予想していたのは、なんだかんだいって「バベル」だったりしたわけで。これで、「シンドラーのリスト」で正解をしてから、13年連続で外すという快挙(?)を成し遂げた。
やっぱり、「タイタニック」を外したのが痛かったな・・・。



***
ようやく、今日の朝になって推定ノロウィルスの状態から回復。普通の体調に戻ってきた。ふぅ。

前日のコメント欄を参照して頂ければ、その原因がほぼ確定できたと思うんだけど、ノロにしても食中りにしても、ここまで直撃されたのは初めてだったのでかなり辛かった・・・。

さて、復活もしたところで用事があって午後に渋谷に行っていた。場所は、市役所。調べ物だったのだけど。

で、フリースペースのテーブルにカバンを置いて、ラックにある資料ファイルを持って戻ってきたら・・・。
なんか、人の席におじさん連中が座っている。

「先生、遅くなってすみません!ささ、こちらへ。」

とかその中のひとりが席をすすめているんだが。あの、そこの席取っているんですけど。。。

もちろん、やんわりと「すみません・・・」と声をかけると、

「ん?そうなの??...   チッ(おじさんの舌打ち)







「プチンっ」(キレる音)

と、心の中では何かが弾けたけれど、黙っておいた。その後、その舌打ちした人は「先生」と呼ばれる人にヘイコラして、他の席に連れて行ったが。

これは、前から言っているんだが。

現在の50歳から70歳ぐらいの人は、若者よりもよっぽど礼儀がなっていない人が多い。特に男性にその傾向が見られる。

ここから先は、自分の想定だが。

これぐらいの年の人は、戦後のいわゆる高度経済成長の中心だった年代だ。団塊の世代というやつか?それで、その時代は年功序列が基本だったため、実力うんぬんよりも、年や権力、階級に対しての劣等感が強いことに加えて、そうした大きな組織の枠に嵌ってきたから、個人の責任能力が弱い。それでいて、なぜか自己顕示欲が強い人が多いから、自分よりも若い人間を見ると、「なめる」傾向がある。

もちろん、傾向の想定であるから、そういう人ばかりではないのも重々承知なのだけど、今日のこうした出来事があると、その思いがより確信にならざるを得ない。

自分ができることは。

こうした人達が、社会から退場していくのを横目で見ながら、反面教師としてしっかりと自分の成長の糧にしていくしかない。


***
オリンピックのサッカー予選が始まったみたいで、試合の最後の方だけ観れた。3-0とスコア上では快勝だけど、もうちょっと取れてたんじゃないのかな、得点・・・。

こうした、どっか相手に合わせる正確なんとかならないのかなぁ。一度ぐらい、相手の心を折る様な圧勝を見てみたい。

「アカデミー賞 」へのコメント

OSCAR!

今年は珍しく当たりましたよ。
『ディパーテッド』の受賞。 と、いってもコレ以外思い当たる作品なかったってのが正直なとこなんスが…。


尊敬するスコセッシの作品が少しずつ変化してってますかね? オスカー獲ったってのは。
ボクとしちゃ デ・ニーロとコンビで映画創ってた頃の路線に戻って欲しいなって思いもあるんスよ。

でも、考えてみりゃデ・ニーロはスコセッシ作品でオスカー獲ったワケですが…。

MARVEL

去年の夏に見れる、と思ってた『スパイダーマン 3』G.W.に来るんスね。
しかも世界同時公開、と。

前作の『2』は悪役のドック・オクのマッド・サイエンティストぶりが冴えまくりでヒーローものの映画にしちゃすばらしい作品でしたが、完結の今作はどうですかね? 今度は親友と戦う事になるんスよね、たしか。
あんま、人間ドラマにふらないようにしてほしいですが。

E.L.S>
笑 確かに。スコセッシは昔の方がいい映画を撮ってたと思います。まあ、巨匠と言われるようになって、撮る作品の規模が変わったかもしれないけど。

スパイダーマン3は同時公開なんですね。最近、娯楽映画の大作はそのパターンが多いな。興行でもある程度計算できるから、配給会社も強気で行きやすいのかな。あと、ネットへの対応もあるんでしょうけど。

で、今回が完結、なの?ヴェノムが出るのはわかってますけど。。。確かに、段々話が暗くなってきているのでちょっと心配。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「アカデミー賞 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/140-45b8089d

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。