スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もはや適切な言葉が見当たらない。

もはや適切な言葉が見当たらない。
当社は2月28日早朝、前06年12月期決算発表の遅延と特別損失の発生等を発表した。前期(変則14カ月決算)の正式な発表は3月中旬になるが、最終損失が606億円に達するという。いやはや。
昨年12月には最終損失が295億円になるとしていたが、さらに拡大した訳だ。損失拡大リスクについては過去の本欄記事でも指摘してきた。それにしても…だ。



昨日、ある新興市場の上場企業(実名を隠す必要はないけど、個人的に特に関係のある会社ではないので、ここでは書かない。)の決算に対してのある記者のコメント。

すごいな、最初の下り。


もはや適切な言葉が見当たらない。


まあ、どうやらこの記者自体がかなり辛らつなコメントが多いようなのだが、それにしても。

この会社のビジネスモデルがどうであるとか、600億という巨額な損失額がどうであるとかは自分にとってはどうでもいい事なんだが。問題なのは、こうした会社の出す結果がいわゆるベンチャー企業の表向きの顔、のような印象を捉えられてしまうこと。

1年前のライブドア事件の時もそうだけど、結局のところは悪い部分がスポットライトが当てられやすい。そうなると、全く関係がないけどインターネット関連の会社・・・というだけでネガティブなイメージが広がったり。

そのライブドア事件の先日の裁判では、元社長の堀江氏がこれからの起業家に対して悪影響がないか心配、といったような事を述べているが、確かにその通りだと思う。

だからこそ、最初は志高く起業をしたビジネスであるならば、経営者の人達は、最初の気持ちを忘れずに続けていって欲しいと感じる。

ところが。

実際のところ、そうはいかないものらしく。特に新興上場企業の最大のデメリットだと思っている部分なんだが、クォーターで決算発表する為になかなか真の改善ができなくなる、ということ。

三ヶ月という短期間で情報の開示を行う為に、例えば一旦状況が悪くなったとして、なかなかその短い期間でいい結果を出すように大きく転換することは難しい。
この時に、恐らく経営者側としてはその場しのぎ的なIRなどを出すようになってしまい、それが負の連鎖のようにどんどん悪化していくような感じ。

自分の知っている範囲で言えば、企業が会計を誤魔化すのはそんな難しいことじゃない。だからこそ、粉飾決算みたいな事件がおきるわけだし、結局のところそこってその企業のコーポレートガバナンスに頼るところでしかない。

ここが崩れている会社は、自分の独断だが経営者のつまらないプライドがそうさせているケースが多いような気がする。

まあ、確かに。特に新興市場なんかに上場している会社は多くが社歴が浅い中、公開まで行ったある意味成功をおさめた会社であって、そうしたポジションまで持っていった経営者がおいそれと経営失敗してます、と認めるようなことってできないのかもしれん。

以前、プロスペクト理論について触れたことがあったけど、これは頭がよく、社会的に成功している人ほど間違って解答する傾向が強いのだとか。


※プロスペクト理論・・・人は相対的にプラス域の事象については危険回避的、マイナス域の事象については危険追求的をする傾向があるという、ノーベル賞学者のダニエル・カーネマンが提唱した考え。簡単に言うと、人は負けず嫌いの為、負けている局面では冷静な判断ができないことを表す。


たぶん、この「もはや適切な言葉が見当たらない」会社の場合、もっと速い段階で最悪の場合を想定した動きとIRをするべきで、その予想をいち早く発表するべきだったんじゃないか、と。実際に、文章中にある「過去の本欄記事」では確かに損失拡大リスクを述べていたし、今回の発表はそれを上回るものだったのだけど。

色々と言い訳があったのだろう。ただ、それができなかったことで、人間として取りがちな最悪パターンに陥ったというわけだ。一言で片付けるのなら、経営の失敗なんだけど。

自分もこうした局面に直面したことがあって。その時の経営者に、簡単に言うと「悪い事をに先に発表しておいた方がいいんじゃないんですか?」と聞いたところ「その必要はない。」という答えが返ってきて絶句した記憶がある。結局、三ヶ月後に発表せざるを得なくなっていたが。

で、自分にできることは。

この前書いた、おっさんの礼儀と一緒で反面教師として自分の成長の糧にしていくしかない、ということか。

「もはや適切な言葉が見当たらない。 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「もはや適切な言葉が見当たらない。 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/143-d6be74f4

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。