スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パレートの法則

パレートの法則。

イタリアの経済学者、ヴィルフレド・パレートが提唱したもので、経済においては全体の構成するうちの一部が、その全体を構成する要素を生み出しているという内容。

通常、この法則は8:2の比率で導き出されており、小売店においていえば20%の商品構成が80%の売上を稼ぎ出す、ということ。

この時に勘違いされるのが、残りの80%は不要要素なのかというとそういうわけではなく、例えば全体から80%を抜き出して20%のみで全体を構成しても、やはり8:2の売上比率を構成することが多いということである。

このパレートの法則に対しての言葉として有名なものにロングテールがある。WEB2.0のサービスモデルとして定義つけられる要素のひとつしてあげられている、ロングテール。現実的な売り場スペースの問題やなどが存在しないバーチャルなWEBならではの考え方。


で、なんでいきなりパレートの法則やらロングテールやら・・・をあげたかというと。今日、打ち合わせをしている時に、MDの話をしている時にふと思ったことがあって。

ここ最近、特にネット関連に関しての小売はロングテールを取り込まないとダメ、という考え方に支配されているような気がしたから。ティピカルなものとして、amazonがあげられるために、ECサービスにおいてはこのロングテールが必要不可欠のように思われている。

けどね。こういうことを言う人って、流通業界に精通していない人が多いことに最近気がついたから。どちらかというと、頭の中のビジネスモデルばかり追っちゃうタイプで、現場感覚(経験)のない人。


自分が考えるサービスの枠組みには、重要なものが二つあると思う。サービスとして提供する「モノ」と、そのサービスを受ける「ヒト」。ヒトはつまりお客様というわけだけども、モノは流通ならば販売する商品を表す。

そして、たぶん重要なことは「ロングテール」を選ぶか「パレートの法則」をサービスとして選ぶかが重要であって、どっちが優れているかという訳ではないと思う。一旦その自分のサービスがどちらに属すかを明確にしたら、そっからブレないよう展開していくことが大事なんだろうと思う。

amazonは、ロングテールを実現するためにMD自体を放棄している。もちろん、話題商品や季節性のイベントなどは行うが、基本的にこの世の中にあるものは全てamazonで買えることができる、というのが彼らのMDのため取捨選択をしない。その為の色々な革新的なシステムが存在している。

一方で、パレートの法則を実現するお店は、コンセプト作りから始まる。より、人の手やアイディアが介在し、MDにはセレクションが必要不可欠になる。

そして、一番大事な事は。どちらにせよ。モノとヒトを結びつけて、そこに満足を生み出すようなものでないといけない、ということだ。法則やら要素にだけ偏った枠組みを作って、満足してしまうようなマスターベーションだけはしたくない。


***
そういう訳で。最近、仕事の話を書いていませんが、準備は着々と進行中。で、平日はそっちにかまっているので、特にネタがなかったので、久しぶりにそこらへんの事を書いてみた。

実は、以前書いた仕事ブログは別に始めていて、最近はもっぱらそっちに書いている。(でも、まだナイショ^^)
社名も決まって、オフィスも決まって、名刺までできちゃった。

春二番?の強風が吹く中、恵比寿・渋谷・代官山を行ったり来たり。なんか、もう既に忙しくなることが判ってきて、ちょっとわくわくすると同時に、身体が空くか心配。なるようになるでしょ。

ああ、ちなみに、自分の目指すものは「変則型パレートの法則」タイプ。これについては、また今度。

「パレートの法則 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「パレートの法則 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/148-be78d069

パレートの法則パレートの法則とは、経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという説。80:20の法則、統計的ばらつき|ばらつきの法則などと呼ばれることもあるが、本来は別のものである。イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレ

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。