スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世代別の考察

最近、ブログ自体を短くまとめている時が多かったのだけれども、これは理由が二つあって。

1.長いと読む気にならん・・・という声が友人からあった。
2.単純に忙しい。

1は特に気にしているわけではないけど、それなら、もうちょっと読みやすいようにしてみようと適度な長さがどれくらいなのかを模索してみている。個人的な意見ではスクロースせずに1分以内に読めるものがいいのかな。

2は、これはどうしようもなく、長く書こうと思えば延々と綴れるので自分で簡潔にしようという意志が働いているのか。


気がつけば、今日は世の中は祝日らしく。体制に属しているわけではないので、前日になってその事がわかった。なので、自分も仕事自体がデスクワークのみになっているので、精神的にゆとりを持った夜を過ごしている。

んで、たまにはちょっと長めに文章を書いてみようと思って。最近、なんとなく考えたことをつれづれと。


いきなりの爆弾発言なのだけど、個人的に50歳以上の日本人男性を自分は毛嫌いする。俗に言う団塊の世代というヤツだ。
何度か過去にも書いたけど、理由はいくつかあって。

・年功序列的な思想が強く、年下を舐める傾向が強い。
・それでいて、組織的なしがらみが強いので、訳のわからない協調性を求めつつも、低レベルの競争意識が過度に強い。
・なのに、劣等感も強く、自らの過ちを認めることができない。

こんな感じなんだけれども。もちろん、そんな世代にも個々で見ると、自分が一生敵わないと思うような、人間的に素晴らしい人々も多い。ただ、「前述した世代」を森に例えると、そういう素晴らしい木もあるっていうだけで、全体的な森にイメージはなんら変わらないものがある。

団塊の世代・・・は高度経済成長時代に働き盛りを迎えている。その時代って、今の中国みたいなもんだから、何かしら働きゃ上に行けた時代なんだよ。今よりも生活水準が低く、競争も激しくなかった(と、いうかレベルが低かった)から何かやりゃぁ、それなりの結果になった。言い換えると、別に頭を使わなくても、身体を動かせば結果が出た時代。そんな人達の価値観を押し付けられると困るんだよね。裏をかえすと、頭を使える人を認められないかわいそうな世代でもある。

ライブドアの判決を見て、その思いがさらに強くなったことも以前書いた。堀江氏が実刑を受けることにはなんら問題もないし、ある意味当然という気持ちがある一方で、過去のカネボウなり、日興コーディアルなりの事例はじゃあ、どうなるのかな・・・と強く思う。こんな事をOKにしてしまっている世の中にしているのが、この世代だと思うと、激しく萎えてしまうのだけれども。



で、その下の世代。今、だいたい40歳ぐらいの人達。いわゆるバブルを若いときに経験した世代だが。傾向からいって、二極化されている。

まずは、頭のいい人。社会に出て、旨い部分も辛い部分も経験している人が多く、それをしっかりと糧にして自分を確率しているタイプ。キレ者って感じかな。

もうひとつが、まだバブルな人。一度味わった蜜の味が忘れられず、その思想から抜け出せないタイプ。良くも悪くも楽観主義・・・。

両方とも共通しているのが、人付き合いが日本人的に上手ということ。一方で、その中で前者は思慮深く、後者は衝動的。前者は控えめで、後者は派手好き。もっと言うと、前者は秀才で、後者は馬鹿。

問題は。後者のタイプは「大風呂敷を広げる」ことが多いので、訳のわからんテンションがある。あと、人脈が命の人が多い。人脈は確かに重要なファクターの一つであるけれども、それだけで、本人に中身がないんだよ。。。

話す内容にやたらと「この人はスゴイ」とか「こんな人と自分は知り合いです」的な部分が見えたら、疑っていい。本人は空っぽの人の可能性が高いから。



そして自分達の世代。まだ若い事もあって、結構世の中を舐めている人が多いかな。自分も含めて。ただ、とても甘いところがあると思う。良く言えば、楽観的、悪く言えば、何も考えてない・・・。これ以上はちょっとわかりにくいんだよね。やっぱり同世代だから、客観的に成りきれないのか。



個人的には、若い世代に行くほど、頭がいい人が多い。これは情報や教育方法などのレベルが上がっているからだと思うし、やはりなんだかんだいっても、より国際的になっているので、視野が広がっているんだろう。

だから、自分よりも若い今20代や10代はもっと頭が良く、素晴らしい人々がこれから登場してくるんだと思う。そういう人に負けないように自分も切磋琢磨していかないと。

「世代別の考察 」へのコメント

私は今20代前半ですが自分でも「生意気だ」って思う事多いですよ。
私だけでなく、周りの子も自分を生意気だと自覚してる子が多いかな…。
イコールするかは分からないけど、その分自己否定が激しい人がほとんど。
そんでもって反論とか意見しない人が多いのは、大人に対して絶望しちゃってるからっていうのがあるなぁ。

SHOHEIさんが前にブログに書いてたと思うんですけど、「根性」とか「気合い」とか曖昧な表現しかできない大人って、下からの意見とか反論を意味の分からない理由で叩くんです。本当に言ってる事が支離滅裂だから反論できないと「そら見ろ。大人をバカにするなよ」みたいな顔をするので、諦めちゃうんですよね。
ああ、この人何言っても無駄だわ。って。

今回の人間考察、とても感慨深いですね…。

>chikaさん
10代~20代前半は、基本的に生意気だと思いますよ^^。これはいつの時代も一緒だと感じています。ただ、裏を返せばその怖いもの知らずの姿勢が魅力的なんですよね。自己否定が多いのは、先行きに対する不安が先立っているので、それが生意気な態度として出ちゃっているのかも知れませんね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「世代別の考察 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/186-17f211aa

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。