スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

a brave step

2年ほど前に、外資系のヘッドハンティングから突然電話がかかってきて、転職の打診を受けたことがあった。どうやって自分の事を調べたのかわからんかったが、そこは敢えて聞かないでおいた。

某アメリカの有名企業のモバイルコマースの責任者・・・としての話だったんだけど、とりあえず、初めての経験ということもあって、無下に断ることはせず、とりあえず話を聞いてみることにした。当時、前の会社を辞めようかどうかと思い始めていた時期だったことも理由のひとつだったのかも。

それで、新宿の近くにある本社に行って、その企業の事業責任者と面接をした。日本人とアメリカ人2人の前で英語と日本語交互で話をしないといけなかったので、頭がこんがらがったのを覚えているけれども、元々興味のあった会社なので色々と勉強になった。ただ、翌日にはそのヘッドハンティングの会社に申し訳ないけれど、お断りする電話を入れた。(事前にその可能性は高いということを前提の面接だった。)

その会社自体は、とても有名だし、魅力的なところなんだけれども、規模が大きすぎて自由度が低いことと、やはりアメリカ本社の影響がデカイというのが主な理由だったと思う。この時に、やはり自分にあった組織の規模感みたいなものを初めて意識したような気がする。


そのヘッドハンティングの会社から、先日再び電話がかかってきた。担当者は変わっていたけれど。これまた、ある企業のeコマースのプロジェクトマネージャーの話だったんだけれども、とりあえず今回は自分の状況を説明してお断りするつもりだった。「独立するので申し訳ない。」と。

ただ、別件で協力できることがあったので、じゃあ、とメールアドレスを教えたところ、来た文章の中にこんなことが書いてあった。

「Congratulations on starting up your own business. I know it's not the easiest thing, but it's certainly a brave step, and I wish you the best of luck.」
(起業おめでとう。楽なことでないのはわかっているけど、間違いなく勇敢な一歩ですね。幸運を祈ります。)


a brave step.

この一言が、とても気に入った。意味の捉え方は色々あると思うけど、とても前向きな言葉。ちょっと胸に刻み込んで進んでいこう。




それで、会社設立の役所側の手続きが全て本日終了。渋谷区、思ったより速いじゃん、仕事。と思いながら、登記簿なりを受け取りに行ってきた。なんとか、今月の設立が間に合って良かった^^。

夕方に、Q-FRONTのカフェでPOと打ち合わせをしながら、来月からの予定を色々とまとめつつ、あぁ、いよいよスタートしたなぁという実感が徐々に湧いてきた。不思議と不安はない。別に失うものもないし、あるのは希望だけ。つまらない悔いはないように。

震えるぞハート、燃え尽きるほどヒート。

社名は「オフィスハッシュ株式会社」になりました^^。

「a brave step 」へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「a brave step 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/199-d6b282ba

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。