スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rocket Man

たぶん、日本ではダイアナ妃が事故死した時の追悼歌として発表した「キャンドル・イン・ザ・ウィンド」が有名なエルトン・ジョン。これまで何枚かベスト盤を出していたけど先日、再び新しいベスト盤をリリースした。まあ、たぶん60歳の還暦記念なんだろうけど。(欧米にそういう習慣があるのかどうか知らんが。)

イギリスのアーティストとしては、ナイトの称号なんかももらっていて、それこそポール・マッカートニーなんかと肩を並べるほどの地位を築いてきた人だけど、一方でゲイであることが有名で、何年か前に男性と結婚したり、口が悪いことでも知られていて、それが原因で問題を起こしたりと、イギリスのアーティストにありがちなトラブルメーカーでもあったりする。グラミー賞の受賞式で、ゲイ嫌いのエミネムとセッションしたりとわけがわからんとこもあるし。

Number Onesというタイトルどおり、なんかもう王道。これ聞いとけば、とりあえず彼の35年間のキャリアはわかるんじゃね?といった内容。

キャンドル・イン・ザ・ウィンドを聞けばわかるとおり、ラブソングのメロディーメーカーとしては天才で、このベスト盤の中でも多く名作が入っているから、夜のんびりと聞く一枚としてはいいのかも。

オススメは、「Your Song」と「Rocket Man」。Your Songは彼の超代表曲だけど、歌詞がいい。

How wonderful life is while you are in the world.

サビの部分の一説だが、初めて聞いた時に胸に響くものがあった。Rocket Manは、なんかゆるくて広がりのある音がなんとなく好きなんだけど。

ただ、このアルバムには入っていないのかな?「Don't Let the Sun Go Down on Me」というのが一番。1991年にジョージ・マイケルのライブでこの曲を歌い、2番の歌詞からエルトン・ジョンが突然登場してデュエットする・・・っていうのをシングルで出して大ヒットを記録。このライブの様子は、盛り上がりが伝わってきて、ほんとにいい曲だと思う。





Rocket Man: Number Ones Rocket Man: Number Ones
Elton John (2007/03/27)
Island

この商品の詳細を見る

「Rocket Man 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「Rocket Man 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/200-a12f6d70

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。