スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決別

ここ数日、何回か記事を書きかけて止めた。

先日、強い怒りや憤りを覚えることがあって、それが自分個人のものならばまだしも社会的に少なからず影響があって、その責任の所在や対応などにも驚いたから。「大人って」という思いが昔からあったけれど、もう十分大人となる年齢において、自分とさほど変わりない世代の人間が行ういわゆる「大人」ならではの醜さを見せられてしまったことが一番残念だ。

自分のこの事態に関しては想定の範囲どころか、半年ほど前から確実に予想をしていたものでそれが現実になって直視することがイヤだった。できれば、自分の予想が大きく外れることを望んでいたのだが。残念ながら、予想以上の悪い結果として表面化してしまった。書きかけて止めた記事には、かなり具体的な事を書き込んだ。実際に発表されていることと、現実に起こっていることの違い。個人的に考える、原因と責任の所在。そして何よりも、それによって被害を受ける人々の心情。ただ、どれもあまりに生々しく書き上げてはアップを悩んだ末に止めた。

で、最終的に自分はこの問題と決別することに決めた。決別、である。2つ理由があった。ひとつは、その責任に関係していると思われるであろう3人の人間のブログを読んだ。内容が酷い。反省のひとつもなく、わるびれる様子もない。その人らに悪評が自分の耳に届いている理由を受け入れることができた。もうひとつが、これによる自分への悪影響。良くも悪くも、自分は勝利に餓える。負け試合とわかって臨むことはしない。それは、勝利の確率が0%であるということだ。1%でも確率があり、その数字が増えていく可能性と、高いモチベーションを保つことができればどんな逆境にも耐えられる。その状態ならば、最終的に勝率100%に限りなく近づけることができるから。でも、今その可能性は0%だ。何かが大きく変わらないといけない。ただ、その可能性も0%だ。

それに対して、自分が色々と考える必要がない、と思った瞬間にひとつ楽になれたから。だから、ここで次のステップに進めるような気がした。経験上、この判断の時は間違ったことがない。この問題について触れるのはこの記事が最後になると思う。自分の中では決別をしてしまうが、唯一の救いは希望は見ることができている。ほんとに小さいけど。0%を1%に変える希望は。だから、その希望を消し去ることだけはしないで欲しい。それが最後の望みだ。

「決別 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「決別 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/229-31a38f77

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。