スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組織のルールとおでん

■ルール縛り

トランスポーターにはプロの運びやの3つのルールってのが出てきて、
1契約厳守。
2名前は聞かない。
3依頼品は開けない。
ってのがルールの内容。

まあ、それはさておき、たいていプロとしての個人にはルールがあるもんで、
逆に言えばルールを守ることによってプロとして成り立っている。
ここでいうルールってのは、ゲームのルールとかと違って、
いわゆるそのものを成功させるために守る決まり事みたいなもんで、
トランスポーターでいう3つのルールは、
顧客とトラブルを起こさず、かつ自分を守るために主役が決めたもの。

以前この記事でも書いたことがあるけれど、
そのルールってのは人によって代わるものだし、
誰に強要されるものでもないし、誰かに強要するものでもない。


一方で、組織においてのルールというものがあって、
これはどちらかというと縛りと言った方がいいのかもしれん。
組織はそういうルールを内部で決めておかないと、
複数の意思や利害が交錯するために、同じ方向に向かないから。

当然、優秀な組織はこのルールを従順な人で構成されていて、
それを守るべく強制されているんだが、
一方で、このルールが縛りとなってしまうために、
何かコトが起きた時の対応が遅くなってしまう。

特に、スピードという観点から言うと、場合によっては致命的で、
何故かというと、組織の中では一番遅い人にスピードを合わせるから。
面白いことに、意外にスピードという点においては、
組織の上に立つ人ほど遅い傾向があったりして、
実力がなく上に立ったような人、例えば年功序列的な組織においては、
ルールを守ることばっかりを優先させてしまう。
結果として、組織のスピードが一番遅いトップに合わさり、
それをさらにルールで縛り、スピードが更に遅くなる。
という悪循環を生んでいく。

こんな組織に入ってしまうと、自分のプロのルールを形骸化したルールで
打ち消されてしまうので、ほんとしんどい。

そういう意味では、個人の能力さえしっかりしていれば、
個人そのものや小さい組織の方が強かったりもする。


■持って行きたい

今、セブンイレブンでおでん70円キャペーンってのがやってて、
こんな記事が出たりしているんだけど。

値下げ、だし改良、品ぞろえ…コンビニおでん熱い戦い
http://www.sankei.co.jp/seikatsu/shoku/070828/shk070828000.htm

家の近くのセブンイレブンに行ったら、








こんな風に書いてあるPOPが天井から下がってた。
















おでん、鍋の持ち込み歓迎。

すっごい持ち込んでみたい・・・。

「組織のルールとおでん 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「組織のルールとおでん 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/338-8f3e314e

slow flowのご紹介です!

slow flowerハーネス・オレンジM,L商品価格:4,620円レビュー平均:0.0trunc■一元管理 株式会社エクストーンというところがリリースしたサービス trunc(トランク) http://trunc.jp/ Gmail、LivedoorReader、楽天などなど

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。