スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉の定義とアデージョ

■ストックとフロー

ウェブ進化論の著者、梅田望夫氏の記事にこんなものがあった。

七年を経て実を結んだ「ストックのビジネス」に思う

最近、仕事をやる中で「ストック」と「フロー」という
言葉の意味においての違いを考えていたんだけど、
結構明確にその差異を記している内容で、
パァっと目の前が開けたような気がした。

「フローのビジネス」とは、案件ごと短期的に仕事のけりがつき、その都度報酬が入ってくる、成功や失敗が小刻みに確認できる事業のこと。一方「ストックのビジネス」とは、さまざまな努力を一つの大きな穴の中に放り込み続け、いつかその穴の中で化学変化が起き、何かが大きく噴き上がってくるのを待つような事業。

なるほど。
言葉の定義ってのは、結構難しいものがあって、
提唱者の意図みたいなものをきちんと汲み取らないと、
その言葉が元来持つイメージのようなものに縛られたりする。

例えば、ストックという言葉においてだけれども、
自分の中では「在庫」という印象が強い為、
その対となるフローにおける解釈を、
「無在庫」というふうに理解をしてしまう。

しかし、この記事を見ているとこういうビジネスシーンにおいては、
全く違う意味を持っていて、

ストック=蓄積、フロー=回転

という風に理解した方がしっくりくるような気がする。
だから、流通の事業において、

ストックのビジネス=在庫を持つ
フローのビジネス=無在庫で動く

というような解釈をすると、それは全く的外れであって、
こんな意味で理解をしていた自分がちょっと恥ずかしく思う。


梅田望夫氏のような仕事の規模においては、
適正を判断してどちらかを選択するようなこともできるけれども、
自分は、完全にフローのビジネスが合ってるな。



■艶女

家のすぐ近くにSAVOYっていう
結構有名なイタリア料理店があって、
駅の方から戻ってくるときにこのお店の前を通る。

麻布十番にもお店があって、以前tomoちゃんとランチを食べたんだけど、
ピザはやっぱりとても美味しい。

んで、先日夜にテトたん連れてお店の前を通ったら、
オープンテラスのところにいた人にテトがじゃれにいった。





「オー、カワイイネー!」



























pt03.jpg

パンツェッタ・ジローラモ登場

奥さんとお食事中だったらしく、
テトはジローラモにご乱心。ちょい悪にやられたの?
家でラブラドールを飼っているらしく、
そんな話をお2人と少しして、
お礼をいってその場を立ち去った。

テトたん、艶女って感じじゃないよなぁ。

「言葉の定義とアデージョ 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「言葉の定義とアデージョ 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/349-970f4b27

ピザカプリチョーザ

八重の山吹 一輪だけ咲きました。ミントの花 長持ちしています。ピザカプリチョーザピザのドウの作り方ピザ専用の小麦粉ですイタリアでピザに一番使われています。ファリーナ TIPO”00” (イタリアの小麦粉...

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。