スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Digable Planetsと300

  ■Cool Like Dat

41S76FMKNDL.jpg

Reachin' (A New Refutation of Time and Space) / Digable Planets

いやぁ、割と感激した。
iTunes StoreでAcid Jazz特集やってて。
The Brand New Heaviesやら、Ronny Jordanやら、Uraban Speciesやら、UFOやら、OmarやらKyoto JAZZ massiveやら・・・。
素晴らしいメンツが集まっていたんですよ。
そんな中に、Digable Planetsの名前が。
こいつらの雰囲気大好きだったなぁ。
Rebirth Of Slick (Cool Like Dat)って曲で鮮烈にデビューしたんだが、
Art Blakey&the Jazz Messengersっていうジャズグループの
「Stretching」をサンプリングしているんだけど、
独特なリズム感がもう最高。

ボンボンボンボン♪
ってなイントロのウッドベース、
タッタラ~、タッタラ~♪
ってなトランペットの音。あぁ気持ちいい。
そういう訳で、しばらくヘビーローテ。



  ■THIS IS SPARTA!

300を観た。DVDで。
300 <スリーハンドレッド> 300 <スリーハンドレッド>
ジェラルド・バトラー.レナ・ヘディー.デイビッド・ウェナム (2007/09/26)
ワーナー・ホーム・ビデオ


これ、やばいワ。

Sin Cityのフランク・ミラーを作品をベースにしているんで、
雰囲気が似ているのはそのせい。
監督はDown of the Deadのザック・スナイダー。
Down of the Deadも結構面白かったんだよな。

で、とにかくスタイリッシュ。
ストーリーに余計な脚色とかないのもいい。
Sin Cityのような映像効果をさらに進化させた感じ。
血は飛び散るし、生首は跳ねるし、
女の子からしてみるとあまり心地いいものではないかもしれない。

学生時代に世界史で習ったペルシア戦争の話だけど、
実際にはギリシア側には、
スパルタ重装歩兵300人の他に1100人の兵がいたとか。
それでも相手は210万人ほどいたみたいで・・・。
この戦闘でギリシア側は全滅したらしいけど、
ペルシア側は2万人が戦死したんだと。
一人あたり14人を倒した計算になる。
すげぇ。

オトコのカッコ良さを感じると同時に、
この時代にスパルタに生まれてなくて良かったと思う
違う種類の身震いを感じた。
久々に、あんまり長さを感じない映画だったな^^。

「Digable Planetsと300 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「Digable Planetsと300 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/359-287c39aa

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。