スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Walk On The Wild Side

目が覚めると、3時半。。。午前の。

飲みすぎた。どこまで飲んでたか覚えていないが、とにかく飲みすぎた。最近、このパターンが多いな。。。

もうちょっと寝ようかとも考えたんだけど、喉が渇いてしょうがないので起き出して水分補給。

まだ明らかに体にアルコールが残っている感じがしたので、風呂に入ることにした。で、タブにお湯をはっている時にフト思い当たって体重計に乗ってみると・・・ヤバ。。。

デジタルに出た数字は64.9kg。。。1週間で3kg近く体重が増えてる。ここ数日はお酒の量がハンパないのでしょうがないのだが、これはちょっとマズイな。65kg以上になるのは避けないと。と、いう訳でいつもどおりキャンドルをつけて1時間ほど浸かっているとだいぶ気分も楽になってきた。アルコールを抜くのは汗をかくのが手っ取り早いよな。身体を流して、そのまま体重計に乗って見ると63.5kg。うーん。体重の変動が昔っから激しいが、水分のみで1kgぐらい変わっちゃうのか。とりあえず酒の量をもちっとコントロールしないといけないな。

また寝ることも考えたが、ここで横になると絶対に起きるのがお昼過ぎになるのでそのまんま起きてることにした。



PCをつけて、メールをチェックしたりして、ふとブログのコメント欄を見ると大学時代の友人の書き込みが。

奥様の方のコメントだったが、この夫婦二人とも大学時代の同級生で、確か大学2年生の学園祭かなんかがきっかけで付き合いはじめてそのまま結婚。珍しいパターンwww。
旦那様の留学の関係でサンディエゴにいると聞いてはいたんだけど、元気そうでなにより。旦那様の方は、昔から勉強家でコツコツと机に向かうタイプ。大学でも抜群に成績が良く、そういうところは全く自分と違うタイプだったのでスゴイなぁと思っていた。今でも、その勤勉な性格はそのまんまみたい。テスト・・・なんて懐かしい響きだけど頑張ってね。


午前中は仕事を終えて、その後にお昼過ぎから代々木に出かけた。髪を切ってもらうために。

フジタさんという人に髪を切ってもらっていたんだが、ファビオ・カンナバーロヨロシク、坊主頭にしてから行ってなかったんだよね。フジタさん、最近独立したらしく年明けには目黒で自分のお店開くんだと。美容師でありながら、異常に商売に興味がある人で、

「ねえねえ、シャンデリアって売れないかな?」
「ダチョウの輸入って儲かりそうじゃない?」

と色々聞いてくるんだけどね。どうしてそう、ハードルが高い物を取り扱いたがるんだ(笑)。ダチョウ、とか絶対ヤメとけ。こんな人が美容院の社長って大丈夫かな。。。

腕は確かな人なので、ヤボッたかった自分の頭もカラー&カットのみでだいぶ軽く動きのあるスタイルに。ありがとう^^。目黒のお店も今度行くね。


今日は外が寒いのでさっさと家に戻ってきてから、Delightという近くのカフェで、ちょっとお仕事の相談のために一旦外出。このお店たまにしか来ないけど、スタッフの女性がとっても美人さんだった。こんな子、いたんだな。


そんで、今晩も出かける予定だったんだけどリスケになっちゃったし、眠いし、家にいることにした。

***

loureed



iTunesで色々と古い曲を買いあさっていたんだけど、風呂につかっていた時に思い出して探してみたら、あっさり見つかった、ルー・リードの「Walk On The Wild Side」。

1965年にヴェルヴェット・アンダーグラウンドでデビューした時以来ニューヨークの象徴的名なアーティスト。ブルックリン生まれの彼は、ビリー・ジョエルとはまた違うニューヨーカーのイメージだな。

Walk On The Wild Sideは1972年に出された、恐らく彼の一番のヒット曲なんだが、一度聴くと忘れられないベースラインは最高。まあ、歌詞はロックっぽく、とてもここで訳できない内容。ゆるい雰囲気の時に聞きたい名曲だな、うん。

Holly came from Miami FLA
Hitch-hiked her way across the USA.
Plucked her eyebrows on the way
Shaved her leg and then he was a she
She said, hey babe, take a walk on the wild side,
Said, hey honey, take a walk on the wild side.

Candy came from out on the island,
In the backroom she was everybody's darling,
But she never lost her head
Even when she was given head
She said, hey baby, take a walk on the wild side
She said, hey babe, take a walk on the wild side
And the coloured girls go, doo doo doo, doo ...

Little Joe never once gave it away
Everybody had to pay and pay
A hustle here and a hustle there
New York city is the place where they said:
Hey babe, take a walk on the wild side
I Said hey Joe, take a walk on the wild side

Sugar Plum Fairy came and hit the streets
Lookin' for soul food and a place to eat
Went to the Apollo
You should have seen him go go go
They said, hey Sugar, take a walk on the wild side
I said, hey honey, take a walk on the wild side

Jackie is just speeding away
Thought she was James Dean for a day
Then I guess she had to crash
Valium would have helped that dash
She said, hey babe, take a walk on the wild side
I said, hey honey, take a walk on the wild side
And the coloured girls say doo doo doo, doo ...

「Walk On The Wild Side 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「Walk On The Wild Side 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/36-6e06f3ef

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。