スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格調を謳うNHKとガリアーノ

   ■格調

今年の紅白「権威ある格調高いものに」

 大みそかの「第58回NHK紅白歌合戦」の番組概要が10日、東京・渋谷の同局で発表された。昨年はDJ OZMA(年齢不詳)のバックダンサーが裸に見えるボディースーツ姿で出演し苦情が殺到。その反省を踏まえてか、NHK側は「日本一権威ある歌番組」「格調高い紅白に」と強調した。

 番組の三溝(さみぞ)敬志プロデューサーは、今年の抱負について「日本一、権威ある歌番組として愛されるようにしたい」と説明。内容については「視聴率を取るため何かをするのはやめる。30代後半から50代までの大人がじっくり聴ける紅白、格調高い紅白にしたい」とした。

 昨年はリハーサルで水着姿だったDJ OZMAのバックダンサーが本番で裸スーツに変更して登場。説明を受けていなかったNHK側は何の対応もできず騒動を招いた。

 こうした不測の事態への対応についても「問題以降、生番組の時は出演者に“品位ある番組を作りましょう”と同意を得ている。カメラワークを含め突発的事態にも対応できるようになった」と万全であることを強調。DJ OZMAの今年の出場については「何も決まっていない」としたが、「ノーモアDJ OZMA騒動」というNHK側の強い意志がうかがえた。



個人的に、紅白もDJ OZMAも興味がないので、
年末にどういう番組を作ってもらっても構わないのだけれど、
この番組プロデューサーの発言には苛立つ。

30代後半から50代までの大人がじっくり聴ける紅白、
格調高い紅白にしたい


ほう。じゃあ、それ以外の年代の人は格調が合わないとでも?
たぶん、そういう意識があって発言したわけではないだろう。
しかし、潜在意識の中にそういう考えがあるのはわかる。

紅白が今でも、日本一の番組であるという、
つまらないプライドと幻想に捉われている間は、
どこまでも落ちていくんだろうな、紅白って。

権威、という言葉は強制されるものではなく、
自発的な同意関係にあることを指す。
それだけに、相手があって(この場合は視聴者だが)こそ
成り立つのが権威というもの。
特定の世代を指して、格調高いなどと言っていることが
いかに低俗であさはかなのかをわかって欲しい。



   ■Diorの方ではない。

本日はGalliano。
Acid Jazz人気の中、既にデビュー時から注目されていた彼ら。
UKクラブミュージックシーンの中心にいた
Talkin' Loudを支えていたバンドとして、
Brand New HeaviesやIncognitoなんかと頑張ってた。

音楽性は、よりJazzを超えたミクスチャーな音作りなのだけど、
ソウル・ブラック色がより強いってところかな。

Welcome To The Story、Prince Of Peaceあたりが
かなり有名で名曲と言われているけれども、
個人的には、Long Time Goneという曲が大好きで、
ギターのリフがかっこいいのですよ。

フリー・ソウルMEETS トーキング・ラウド(1) フリー・ソウルMEETS トーキング・ラウド(1)
ヤング・ディサイプルズ、K-クリエイティヴ 他 (2001/07/25)
ユニバーサル インターナショナル


残念ながら、amazonではオリジナルアルバムの方が
見つからなかったんだけど、
自分も持ってるこのコンピなら美味しいとこどりできる。

「格調を謳うNHKとガリアーノ 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「格調を謳うNHKとガリアーノ 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/372-856c4d58

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。