スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fight with the gloves off

   ■真剣勝負
manning_sack1_041128.jpg

そういえば、亀田親子の問題って「セコンドで反則を指示した」とかいうのがひとつの原因としてあるみたいだけど。個人的な感想で言えば、ボディコンタクトがあるスポーツ、特に殴りあうようなボクシングならば、ああいう言葉が飛び交うのは当たり前だと思っているんだが。

自分はアメフトをやっていた時にディフェンスをやっていたんだが、コーチの指示として良く。

「なんでもいいから、QB(クォーターバック)を殺せ。」

と言われていた。物騒な内容だけれどもね。アメフトにおいて、QBってのはなかなか代理のきかないポジションだから、試合中に敵のエースQBを怪我させて退場させてしまえば、こっちの試合展開が有利になるわけですよ。そういう訳で、QBがボールを持って走ったらば、これチャンス!とばかりにみんなで一斉に襲い掛かっていく。多少のファールならば構わんとばかりに、怪我しそうなところにヘルメット入れてタックルしてたけどな。

そもそもね。普通の頭だと殴りあいだの、タックルだのって出来ないですよ。だから人それぞれの形でテンションをあげて、アドレナリン出していくんでしょ?

あんな感じの親子だから、そういう雰囲気でしゃべったんだと思うが。見れば見るほど、ただ周りに翻弄されて可哀相だな、と。


   ■真剣勝負2

昨晩は代表のサッカーの試合が2つあって。ひとつはA代表のエジプト戦で、もうひとつがU-22代表のオリンピック予選のアウェーのカタール戦。

試合を見ていて思ったんだが、やはり代表戦ってのは何か大きなタイトルや大会の予選とかじゃない限り面白くないですな。A代表は親善試合ということもあるし、正直なところ国内のリーグ戦が佳境に差し掛かっているところで、言い方悪いがテストマッチで怪我なんぞしたくないだろうし。

だから、夜中にやっていたオリンピック予選の方が両チームの必死感が伝わってきて面白かったんだが、3時過ぎまでビール片手に応援しながらロスタイムに逆転負けはさすがにちょっと萎える。ちなみに、こうなると日本のメディアっては総悲観になるから「オリンピック出場は無理かも!!」とか騒ぐんだろうけど、残り2試合圧倒して勝てばいいんでしょ?それぐらいできないと、オリンピック出てもいい成績残せ無いんだから前向きに考えていけばいいのにね。

「Fight with the gloves off 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「Fight with the gloves off 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/379-bd954705

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。