スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サディスティック

3~4時間以上の睡眠が一度に取れなくなってきたので、しょうがないので小分けにして寝ることにしてる。

ストレス・・・っていうか、たぶん時期的な問題もあるんじゃないか、って思うようになってきた。
この冬場の時期は、どうしても乾燥するため、前から水分を取るために夜に目が覚めることが多かった。そういうことも関係しているので、短時間でもまあ寝れたかな、と思っているうちは無理に横にならないで起きて本を読んだり。


よく、「S?それとも、M?」という会話をすることがあると思うけど、自分は両方を持ち合わせていると思っている。

wikiによると、

サディズム(英語:Sadism)は、加虐性欲ともいい、相手(動物も含む)に身体的精神的苦痛を与えることによって性的快感を味わったり、そのような行為を想像したりして性的興奮を得る性的嗜好の一つのタイプである。極端な場合、精神的な障害とも見なされ、この場合は性的倒錯(パラフィリア)となる。サディズムである人間のことを「サディスト」と呼ぶ。加虐性淫乱症とも呼ぶが、これは変態性欲の通俗概念などと同様、多分に差別的な呼称である。

マゾヒズム(英語:Masochism)とは、肉体的精神的苦痛を与えられたり、羞恥心や屈辱感を誘導されることによって性的快感を味わったり、そのような状況に自分が立たされることを想像することで性的興奮を得る性的嗜好の一つのタイプである。被虐性欲とも云う。極端な場合には、精神的な障害とも見なされ、この場合は性的倒錯(パラフィリア)となる。

という風に定義されてる。これは、オーストリアのクラフトエビングという精神科医によって提唱された概念なんだけれども。
ここでの定義を見るとわかるように、両方とも「性的興奮」を得ることがそれぞれの条件であって、そういう意味では自分はこうした行為においてはそうした興奮を持ち合わせないので、正確には違うんだろう、と。もともと、自分は暴力性を持ち合わせていないし、自罰的傾向があるわけでもない。

ただ、概念というか、例えとして自分は自分を追い込むことによって次のステップにあがろうとする傾向があるため、自分では「自己完結型SM」だとか、「スパイラルSM」とか呼んでいたりするんだが。


まあ、なんでSMの話かってのは後でわかるからここでは置いておいて、眠りが浅いことは今はしょうがないってことであんまり気にしないようにしてる。決してドMだからではない。


前日遅かったせいもあって、9時過ぎにコテっと寝てしまった後、夜中の2時前ぐらいに目が覚めた。時間が良くわからんかったのだけれども、もう一度寝ようと思ったんだが寝付けなかったんでゴソゴソと起きだした。
最近、夜にiTunesのラジオでAmbientを流していることが多い。一番心地よいから。

夜に見れなかったので、RSSリーダーのブログの記事をまとめて読んでいたら・・・オチタ。

目が覚めたら8時半。。。いきなり2日目で朝走れなかったのですけども。反省。

そんなわけで、ちょっといつもより遅い時間に起きたのだけれども、昼はずっと仕事。


で、夜から知り合いとご飯を食べながらMTGをして、更に前職の友人とダーツをしに出かけた。
ダーツって、たまにやるんだけど、あれって反復練習をしないといけないタイプのゲームだからたまにやったところでうまくいくはずがない。なのでへたッピな姿を見せるだけでした。。。

***
ちょっとネタが遅いかもしれんが、なんでかわからないけど、サディスティック・ミカ・バンドが再結成していた。

少年ナイフとかラウドネスとかように、日本のバンドがなぜか国内よりも海外で評価が高いというパターンがあったりする。サディスティック・ミカ・バンドはその代表格ともいえるようなグループかも。

今回17年ぶりのオリジナルアルバムということだけど、17年前も「再結成」だった。と、いうかこのバンドのメンツは本当に凄くて、加藤和彦・高橋幸宏・小原礼・高中正義という日本の音楽シーンの歴史の中心を歩んできた人ばっか。さらに言うと、結成当初はドラムがつのだ☆ひろだったし。オリジナルのボーカルは、加藤ミカで、この加藤ミカの包丁の使い方がサディスティックだったからバンド名がついた、という話は有名。

1stアルバムの後、2ndアルバムの「黒船」という作品がとにかく有名なんだけど、これはロンドンのローカルのチャートで日本人のバンドとしては初めて1位に輝いていると思った。その後、加藤夫婦の離婚によってバンドは解散するわけだけども。

17年前に桐島カレンをボーカルに迎えて再結成。自分がSMB知ったのもこの時期で、とにかく話題になっていた。当時YMOにはまっていて、高橋幸宏がそういうことをやっているのを知って、一生懸命調べたな。桐島カレンは当時モデルで、いきなりボーカルに抜擢されたことで一躍注目を浴びていたのを覚えている。(英語の歌詞なんかが多いSMBの曲は、バイリンガルである彼女なんか合っていたのかも)。この時に発表された「天晴」というアルバムも完成度が高い。このアルバムでは3曲目のサエキけんぞうが作詞した薔薇はプラズマという曲がオススメ。

今回、木村カエラをボーカルに迎えているけど、このチョイスはなんかわかる。たぶんだけど、高橋幸宏がこのタイプの声質が好きなんじゃないかと、と。歌い方は加藤ミカや桐島カレンと比べると淡々としてる感じ。とにかく、日本の産んだ才能が溢れているバンドだけに無視するわけにはいかないよな。
NARKISSOS

appare

kurofune

「サディスティック 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「サディスティック 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/42-64899ef0

サディスティック・ミカ・バンド18年ぶりライブ

伝説的ロックバンド、サディスティック・ミカ・バンドが3月8日に東京都渋谷区のNHKホールで18年ぶりに一夜限りのライブを行うことが9日、分かった。昨年、歌手の木村カエラ(22)をゲストボーカルに迎え、17

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。