スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボージョレーを飲んだ週末

2039657544_4dced46fb6_b.jpg

日本は、ボージョレーの消費最大の国らしいが、それはこのワインの解禁が国レベルでイベント化している文化を持っているのがここだけということであって、あんまり重要なことではないんじゃないか、と思う。まあ、それを輸出している国や業者からしれみればとても大事な書き入れ時であって、さらに平凡な日常を持て余しているちょっとしたワイン通はその業界においてはそのイベント化がとても大事なんだろうな、とか。

そんな冷めた目で見てしまうところが、ボージョレー自体に興味がさほどない証なんだけれども、まあ機会があれば飲んでしまうのはその日々の凡庸さを自分もちょっと感じているからで。金曜日の夜に恵比寿で友人の誕生日会とやらに顔を出しにに。お店においてあったボージョレーで乾杯。まあ、味は・・・ね。なんだかんだと閉店までいて、お店を出たのは店員と一緒。よくしゃべった。

テトが待っているので、タクシーで家まで帰ってから散歩。特別な人から着信があったので電話をすると、近くで飲んでいるというので、学芸大学の方までテクテクと。ちょうどそのお店が閉めるところだったので、テトとその友人の愛犬を連れて、ワンコOKの友人いきつけのダーツバーまで。なんだかんだと6時ぐらいまで飲んでた。

そんなわけで、土曜日に目が覚めたのはお昼過ぎ。昼は色々と出かけていて、夜に戻ってきた。サッカーの五輪予選を見ながら、いつも思うんだけどなぜこの世代の試合にはそんな辛口なんだ松木。と、いうかメディア全体がそういう傾向か。むしろ、若い世代ほど褒めるべきだと思うんだが。可能性を秘めているんだし、経験は少ないし。一方で、可能性も低く、経験も積んでいるのに威張っている40以上の世代をもっと厳しく叩いた方がいい。まあ、この世代は責任のがれと言い訳の経験も積んじゃっているので、都合のいい自論をぶちまけていたりしていて。ある意味、人間の出来に差が開ききっているので、高みの違いに驚くことも多いけど。

そんなことを考えていたら、コテンと寝てしまって起きたのが夜中の2時。いくつかやっておかないといけない事を思い出したので、PCの前でキーボードをカタカタ。

淡々と毎日が過ぎていくけど、色々と学ばないといけないことも多くて、自分の実力不足を認識する毎日だなぁ。

「ボージョレーを飲んだ週末 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「ボージョレーを飲んだ週末 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/436-a812f980

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。