スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謝罪会見が若干うざい件

d4.jpg

TVをつけっぱなしているせいか、さっきから謝罪会見を繰り返しやっている。メディアは鬼の首を取ったように嬉しそうだ。しかもなぜかその判断を勝手に下した編集をメデァア側がしているのはちょいと面白い。

まず今日会見をした、朝青龍と亀田大毅。両方ともこの状況にまで追い込んだのはメディアなんだと思うんだが。両者に共通しているのは一般的な知名度の高さと自己中心的な発言。ただね、スポーツの世界では自己中心的じゃないといけない部分もあるんじゃないの?特に両方とも格闘するものなんだから。

どちらかというと、年齢的なものと立場からすれば朝青龍の方がそういう部分はしっかりしないといけないんだろうけど。ただ、根本的に言うと彼はモンゴル人ってのが違う。外国人は環境も常識も違う。そうした人に門戸を開いたのであれば、相撲界が望むような人材以外横綱にしたのがいけないんじゃね?と思う。そんな横綱を選ぶ審議会に海老沢NHK前会長が居たのは苦笑したが。

亀田大毅の謝罪会見は記者の浅はかさが鼻につく。どうしたいのかね?後悔処刑をしたいのかなぁ、と。恐らくボクシングを理解していない(自分も理解していないけど)記者が大挙して押し寄せてるからああいう雰囲気になっちゃうんだろうな、と。

むしろ、責任がないって言い切った官僚とかを公開処刑にした方がいいと思う自分がどうにかしているのかね。

「謝罪会見が若干うざい件 」へのコメント

この謝罪会見見て思ったのは、ど~でもよくね?
って。
つ~か、日本って平和な国だよね。
こんなアホな会見にメディアはクギ付けv-10って感じだし。
もっと取上げるべき事があるんじゃない?って思うよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「謝罪会見が若干うざい件 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/467-78b0c45e

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。