スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロフェッショナル

プロ論、という本がある。先日、恵比寿のアトレの中にある書店に山積みになっているのを見て思い出した。

現在、3冊目まで出ているのだけれども、最初の一冊目だけ以前に読んだ。
色々なフィールドにおいて成功を収めた(収めている人)の言葉を集めただけで、そこにある「プロ」という言葉は語弊があるような気がしていた。

なぜならば、たぶん「仕事が好きになる」というこの本のコンセプトがちょっと違うからだと思う。プロであることと、仕事が好きというのはちょっと違うと自分が思っていたからだ。

波頭亮という人の「プロフェッショナル原論」という本を読んでいるんだけど、ここにその違和感が解消できることが書いてあった。

一般に世間で「彼はプロだ」と言う時に想定されているプロの要件は、「高度な職能によって金を稼いでいる」ことにあるようである。

なるほど。これは自分が考えているプロと近いな。
プロ論に出てくる人達は、あくまで経済的・階級的な成功者のコメントを集めただけであってそこにプロという言葉を当てはめるのはちょっと安易かもしれん。また、政治・芸能・スポーツ/芸術、経営者という、多くの人とは違う分野で活躍する、つまりマスコミなどに登場しやすく、実際に顔を知られている人ばかりというのもピンとこなかった理由かな。まあ、商業的に言うと、そういう人の言葉を集めた本でなければ、皆買って読まないだろうし、書いてあるインタビューの内容は、それぞれ面白いものもあった。


プロ、もしくはプロ意識という言葉を自分は良く使う。
なぜかというと、それが自分が仕事をする原点であるから。

先ほど出したプロフェッショナル原論という本に、その代表的名なモデルとして、

ゴルゴ13
ブラックジャック


があげられていた。そう、この2人は代表的な「プロフェッショナル」なのである。
確かに、まずプロは高い技術を持っている。ゴルゴなら狙撃、ブラックジャックなら手術。そして、お客ではなくクライアントを依頼を聞き、自分で仕事を選ぶ。内容によっては断ることもあるわけだ。そして、最後にはそれをやり切って結果を出す執着心。ゴルゴなんざ、今まで失敗したのは2回だけだったような気がする。

問題点は、片や殺し屋で、片や無免許の闇医者ってことなんだが。ただ、ゴルゴの素性はわからんが、ブラックジャックにいたってはその医師免許に関しての葛藤も描かれていて面白い。ここにもプロであるプライドのようなものが関わってくる。

まだ読んでいる最中なので、きちんと読み終わった段階でレビューを書きたい、かな。
プロ論。3 プロ論。3
B‐ing編集部 (2006/12/15)
徳間書店

この商品の詳細を見る
プロ論。2 プロ論。2
B-ing編集部 (2005/12/16)
徳間書店

この商品の詳細を見る
プロ論。 プロ論。
B-ing編集部 (2004/12/19)
徳間書店

この商品の詳細を見る
プロフェッショナル原論 プロフェッショナル原論
波頭 亮 (2006/11/07)
筑摩書房

この商品の詳細を見る


***
午後からお出かけ。

13ちゃんが無職初日につき、まずは六本木で映画を観て、広尾で沖縄料理を食べて、恵比寿でダーツ・・・と細かい移動を繰り返しながら、

4時から飲んでました。

なので翌日ですが、かなりの酔っ払い。軽く、気持ち悪いんですが。

そういえば、話の中で女の勘みたいなもののネタが出たんだけど。
自分は女の勘はかなり当たると思ってる。なぜかっていうと、女性は理論で考えないで、感覚で考える時が多いのでその時の仕草や言葉のトーンの変化をオトコよりも実に上手に拾っているのですよ。なので、勘・・・というよりかは、変化を体感的に掴むこと長けているので違和感を肌で感じることが多いのではないかなぁと。

「プロフェッショナル 」へのコメント

PORSCHE 935 TURBO.

ボクが最初にクルマに興味をもったのは実は、フェラーリじゃなくポルシェなんスよね。 '78のル・マン24h耐久レース。ポルシェ935ターボってレーシングカーを見てからなんス。

「な、何じゃ~!? このクルマはぁ~~~!!」

…って衝撃的な出会いでしたね。
極端にスラントしたノーズ、バンパーにビルトインされたヘッドランプ、地を這わんばかりのロード・クリアランス、極太のホイール(9.5Jくらいか?)を収める巨大なリア・フェンダー…、
軽トラとかしか走ってない田舎の餓鬼には、刺激強すぎでした。
オマケにその頃ボクが通ってた床屋にカー・グラフィックって雑誌のバックナンバーが山ほどあって…小学校の5年に上がる頃にはCG少年の出来上がりっスよ。

CGは今でも購読してますがー小学生の頃はレーシング・ドライバーに憧れちゃってましたね。

で、プロフェッショナル。 ボクにはちっと辛い言葉っスね。 本物のプロのレーサーなんて高度なスキルと強靭なメンタルを必要とする職業には自分は甘すぎるよな、って社会人になった今、痛いくらい自覚してるので。
プロってヤツもなれる人となれない人、あるようっスね。

>E.L.S.

935はスーパーカーブーム全盛の時の名車ですからね。
シルエットフォーミュラのグループ5の圧倒的な強さ・・・っていうか独壇場だったみたいだけど。。。

カーグラを小学校から読んでいた友人がひとりいますよ^^。当時は国産は乗れないって言ってたけど、今は確かTOYOTAに乗ってるwww

プロフェッショナルっていうのは技術も必要だけど、同時に概念的なものでもあるので、結構難しいですね。頭で理解していても実行ができないカモ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「プロフェッショナル 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/50-1d556b86

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。