スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天のネタ、2つ

rakuten_english_top

先日、台湾進出を発表した楽天が、英語のトップページのみ公開。トップページのみなので、どれかをクリックすると日本語Ver.に飛んでしまうのですが。英語になるとそれっぽく見えるのが不思議。台湾で展開する時には台湾語に対応したページになるんだと(当然だけど)。

「楽天市場」トップページだけ英語版を用意、台湾語版も予定-INTERNET Watch

それにしても、それなりにそれっぽく見えるのが不思議。sekaimonがやっている見たいに機械翻訳で、海外の人が自由に買い物ができれば面白いけどね^^。ただ、楽天は商品情報をベンダ(卸業者のこと)が画像として作成して、各店舗に配っているパターンが多いからテンプレートの関係上ちょっと難しいかな。

IR上、海外からのアクセスが多いからとりあえず作ってみた・・・、とあるけれど、海外進出を印象づけるための投資家向けなどのアピールが強いと思う。


myrakuten.jpg

さらにRubyを使ったMyRakutenページを公開。ウェブ時代をゆくでも紹介されていた、まつもとゆきひろ氏が開発をした言語Rubyを使用しているところが注目を浴びている。カカクコムが2ヶ月前にRubyを使ったサイトの構築を行ったことがニュースになっていたけど、恥ずかしながらこの時初めて知りました・・・Rubyって。これによって、さらに注目を浴びるんだろうか。

これからまだ自分はPHPを勉強しようって段階なのに。。。急がないとなぁ。

「楽天のネタ、2つ 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「楽天のネタ、2つ 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/529-352dbdac

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。