スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mixi: Japan’s social network(ミクシィ 日本発ソーシャルネットワーク)-Asiajinエントリ翻訳

mixilogo001.gif

Mixi: Japan’s social network

Mixi is the biggest social network service in Japan. It has 11 million users so far. It’s a phenomenon. Before Mixi, the Web was not attractive enough for non-techie people. Mixi changed that. Mixi changed the daily social life of Japanese people.

Batara Eto - an intern from Indonesia - proposed the project to clone Friendster in 2003. He developed the site in the next few month. The site was named ‘mixi’. It’s quite a remarkable example which shows the diversity of the workforce is the key to success.

Mixi is not very different from Friendster, but there is a small but significant difference from Friendster or Orkut. Mixi has a blogging feature. It really helps to keep users visiting the site. Mixi is actually a social blogging tool.

The company’s name is ‘mixi’ too. Its former name was ‘e-mercury’ but the name was changed to ‘mixi’ after the huge success of the service. Initially, the company was founded as an Internet job agency. The job agency service, ‘find job’, is a quite profitable business too.

The founder Kenji Kasahara is a young quiet person. He looks like an introvert ‘Otaku’ kind of person. Probably he’s a much more acceptable role model for the younger Japanese generation than aggressive Livedoor or Rakuten founders.



ミクシィは日本最大のSNS(ソーシャルネットワークサービス)である。現時点で、1100万人のユーザーを抱えており、まさに驚くべきことといえる。以前はウェブは技術者以外の一般の人達には魅力的とはいえなかったが、ミクシィの登場によってそれは変わったと言える。ミクシィは日本人の日々のソーシャルライフを一変させたのだ。

インドネシアからのインターンであった衛藤バタラ氏は2003年に「クローン・フレンドスター」と言えるプロジェクトを提案した。2~3ヶ月後に、彼はあるサイトを立ち上げる。それが「ミクシィ」だった。これは、社員の多様性が成功への鍵であることを示す、顕著な例ともいえよう。

ミクシィーはフレンドスターと大きな違いはないが、フレンドスターやオーカット一方で小さいけれども特筆すべき違いが存在する。ミクシィーはブログ機能を持っていることだ。この機能がユーザーをサイトに引き寄せているといえよう。実際のところミクシィーはソーシャルブログツールなのである。

社名の「ミクシィ」という名前も然りである。以前は「イーマキュリー」といったが、その大きな成功によって「ミクシィ」に社名を変更した。当初はインターネットの人材派遣会社として設立されている。その人材派遣業務である「Find Job」もまた非常に有益なビジネスである。

創立者の笠原健治氏は若く物静かな人だ。内向的な様子は、いわゆる「オタク」のようにも見える。恐らく、笠原氏はライブドアや楽天といった強引ともいえる企業の創立者達よりも、若い世代のロールモデルとして受け入れられやすいだろう。


先日、その衛藤バタラ氏の取締役の退任のニュースが流れた一方で、さらにミクシィ自体は日本のSNSの第一人者としての地位を確立していっているわけです。

最初にミクシィを知った時の、気持ち悪さ(SNSの概念が当初自分は理解できなかった)からしてみれば、こういう時代をミクシィの経営者達は見越していたとすれば、ただ感服せざるを得ないと思う

「Mixi: Japan’s social network(ミクシィ 日本発ソーシャルネットワーク)-Asiajinエントリ翻訳 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「Mixi: Japan’s social network(ミクシィ 日本発ソーシャルネットワーク)-Asiajinエントリ翻訳 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/551-f0fc30bf

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。