スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編集部はプロではないの?と思う

20071223001_magabaka.jpg

マンガ雑誌「週刊少年マガジン増刊 マガジンドラゴン1月11日増刊号」に掲載された作品に、大ヒット作品「デスノート」(大場つぐみさん原作、小畑健さん作画)などからの盗用が多数あったとして、発行元の講談社が謝罪していたことが22日、分かった。

問題となっているのは同誌に掲載された豪村中さんの「メガバカ」。

講談社によると、掲載誌発売直後から登場人物のポーズや構図が「デスノート」や「多重人格探偵サイコ」(大塚英志さん原作、田島昭宇さん作画)、「エア・ギア」(大暮維人さん作)などの人気作品に酷似しているとの指摘が噴出。盗用とみられる部分は作品36ページの大半を占め、編集部が調べたところ盗用の事実が確認され、さらに作者の豪村さんも認めたことで、公式ウェブサイト上で謝罪した。

「メガバカ」は新人マンガ家10人が週刊少年マガジンへの掲載権を競うマンガ賞「ドラゴンカップ」の参加作品。編集部では「メガバカ」を選考から除外、「新人漫画家への指導を厳にする」としたうえで、「読者や関係者の方々にご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます」と謝罪した。-産経新聞


この漫画が掲載されたときから2ちゃんねるなどのまとめさいとで話題になっていたけれど、正式にパクリがわかって謝罪ですか・・・。

ちょっと思うんだけど、これって投稿があって時点でなんで編集部側で判断がつかなかったのかな?少年マガジンの編集部といえば日本で最大のマンガ編集部であるはずだし、そこが読者に指摘されないとこの盗用がわからなかったのは、プロの編集としてどうなんだろうと。しかも、どこかのマイナー作品や海外のものであるならばわかるんだけど、めっさ有名なデスノートや自分のところで連載しているエア・ギアのパクリに気がつかないって・・・。

自分は日ごろから思っているんだけれど、それを生業としている以上プロに徹するべきであって、そのプロとはまずプロとして持つべき知識があると思っている。今回はその最低限として持つべきプロの情報の範囲だと感じるんだけど。担当者がプロ意識がなければそれで論議は終わりだけど。

それにしても、このエントリ。みんな良く調べたな・・・。

「デスノート」などのパクリで少年マガジン編集部謝罪 36ページの大半が盗用と判明…豪村中さんの「メガバカ」-痛いニュース(ノ∀`)

「編集部はプロではないの?と思う 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「編集部はプロではないの?と思う 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/570-9934dcf8

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。