スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェアレディ

13がハナを実家に預けるというので、高崎まで行くことに。

高速道路に乗るちょっとした距離なので、ここは「ドライブスルー」は欠かせねぇ、と思い、環七の板橋付近のマクドナルドでハンバーガーゲット。

横でピタマックを食べる13とそれに嫉妬するハナを見ながら、関越自動車道を北上すること1時間ほどで富岡に到着。全体的に交通量が少ないので運転は快適。ただ途中、上里PAに寄った時に感じたんだけどとにかく寒い。。。

13が実家にそのまま寄ってハナにお別れを告げた後、まずは高崎市役所に。21階の展望台から、妙義山や浅間山、榛名山なんかを眺める。既に、正月休みに入っている工場なんかも多く、前日の雨でかなり空気が澄んでいて遠くまで見えた。

その後は、横川までドライブ。碓氷峠のふもとまで行って、おぎのやの釜めしを買いに。日本で最初の駅弁である釜めしは、明治18年の創業から120年の歴史を誇る。

上信越道が開通したことで、碓氷峠のふもとの18号線のドライブインは通りが少なくなってしまったが、昔ながらの風情を残しているのがとてもいい。子供の頃、良く両親に軽井沢に連れていってもらったけれども、その頃から全く変わらないよなぁ。

お土産も買って、来た道を戻る。再び13の実家に寄ってから高速に乗って車を置きに今度は我が実家に。前橋から乗って、普段は渋滞するポイントもスイスイ走れて、1時間ほどで到着。

マクドナルドが苦手で、釜めしもちょっとしか食べなかった13の機嫌が悪くなってきたので、恵比寿に戻ってきて荷物を置いたらそのまま家の近くのHITSUJI-YAへ。
ラムを食べて、お酒が入ったらだいぶ満足したみたい。オーストラリアに行ったら好きなだけ食えるぞ、ラムは。


自分は、フェアレディZ Z33に乗っているんだけれども、ご存知の通り、コイツは世界で一番売れたスポーツカー。
NISSANのプロダクトの中でも、スカイラインに次ぐ人気を誇る車(だと思っているんだが)だけに、その歴史も栄光に輝いている。
プロジェクトXのコミック版でも紹介されているが、1969年に発表された初期Z、S30はその独特のロングノーズとショートデッキのスタイルで世間を驚かせた。スタイルはもとより、GT-Rと同じS20エンジンを搭載していたこともあり、当時の国内のレースを総ナメする強さを誇った。

元々、NISSANが好きだったオヤジが買った初めてのZは二代目のS130のTバー。西部警察に登場するタイプのベースになったモデルである。(西部警察モデルはガルウィング仕様になっている。)その後、Z31、Z32ともに親父は乗り換えをしていて、子供の頃からフェアレディZにはかなりの愛着を持って乗っていた。特に、Z32は生まれて初めて公道で運転をした車。

スポーツカーというカテゴリは、それ自体が特殊なため、景気によってかなり生産が左右される傾向が強い。当然、バブル崩壊後に苦戦を強いられていたNISSANが2000年の生産終了後、Zの歴史はもう終わりかな、と感じていたファンも自分以外に多かったと思う。

その復活を指示したのが、外国人のカルロス・ゴーンだったというのも皮肉な話だけれども、それだけこのフェアレディZという車が海外からの評価が高い車、だということだと思う。ゴーンはNISSANの復活の象徴して、Z33を世に送り出した・・・って言ってたような気がする。

現在のZ33は、ルノーの影響からかそれまでのシェルビーコブラのようなアメリカンテイストから一転、BMWのZ4やアウディTTのような丸みを帯びたデザインになってしまっているけれども、時代の流れの中ではしかたのないことなのかな、と感じている。ただ、細かいパーツのデザインや素材のこだわりは、近年、国内外の車と比較しても抜群に美しく、乗り心地も悪くない^^。

最近は、再び不調が伝えられるNISSANだけれども、来年はGT-Rの復活と、ゴーンが表明しているし、頑張って欲しいもんだ。

コミック版 プロジェクトX挑戦者たち―運命のZ計画“フェアレディZ”世界一売れたスポーツカー伝説 コミック版 プロジェクトX挑戦者たち―運命のZ計画“フェアレディZ”世界一売れたスポーツカー伝説
横山 アキラ、NHKプロジェクトX制作班 他 (2003/09)
宙出版
この商品の詳細を見る
All about Fairlady Z―初代から最新型まで All about Fairlady Z―初代から最新型まで
(2005/01)
モーターマガジン社
この商品の詳細を見る

「フェアレディ 」へのコメント

貴婦人とケンさん。

ケンさんがZに乗ってるのは知ってましたけど、32に乗ってると思ってましたよ。
古いクルマっスけど、現行のZよりはるかにオトコっぽいクルマなんで、ケンさんらしいかな、って(偏見)。


P.S. で、フェラーリはまだまだ夢のまた夢のクルマなんスが…、

最近の成功者で、貞本とかいう人がTVで自宅を公開してましてね。
自宅ガレージも公開してたんスが…、

ガレージの壁にスクーデリア・フェラーリのフラッグ、貼ってあったんスよ~~~。
実はボクもアレやろう、と思ってたんスよ。
でも、実際やってるの見て「げっ…オ、オレこんな恥ずかしいコトやろうとしてたのか…」と。
何か、金持ちの浅ましさ丸出しって感じで…、 しかも自分でそれを実践しようとしてたっていう…かなりショックだったス。


真のエンスージアストになりたきゃ、ガレージの演出なんぞにゃこだわらねぇ方がイイな、と。

>E.L.S

32はご存知の通り、生産期間が長かったので、結構長く乗ってましたよ^^。赤のボディでした。妹のだんなに上げてしまったけど。最後はエンジンが逝ってしまって廃車となりました。

エンスー・・・、さすがはCG愛読者。でも、ガレージって、ほら、基地みたいなもんだから、そこにはある意味是非こだわりたいもんですよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「フェアレディ 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/59-2dd497d6

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。