スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Phone call

20081229001_ancient.jpg


雨が強くなってきた夜中の1時過ぎに着信。

「あいよ。」

寝ようと思っていたけど、テトを膝の上に乗せてブログ巡りなんかをしていて起きてた自分が答えると電話の向こうはタクシーの中。ぼちぼち飲んでいたようで。

少々嫌なことがあって凹んでいるのか、前日の「何だかわからんけど上から目線」のおもろいトーンとは違う。

「何してたん?」

と、自分もデスクの上に新しいビール缶をプシュっと空けて、マシンの前でブラウザをくるくる変えながら話を聞く。頭の中で整理しながら、家に到着する頃まではずっと聞いていた。もうちょっと話が深いところになると、だんだん感極まってきたのかグスグスと泣き出してしまった。よく泣くなぁ、と言いながら自分も話を始めた。至極、あたり前で客観的で、自分の意見もちょっと挟んでみながら。

1時間後。テトは自分のベッドでフガーって寝ていて、自分はiTunesでJazaatronikを聴きながら確率論って何?の話をしてた。それでいて最後に、

「自分は仕事なんかだと、常に確率が高い方を選択するよ。でもそうじゃないところでは感情を挟まないと生きていけない。」

と。既に向こうは泣き止んでいて、何についてもフラットで論理的に考えているように見えて、最後はそれかい!?とかいいながらケタケタ笑っている。

「そういうもんだよ。ちょっとはスッキリした?」

と聞くと、うんって。


明日は何してるの?、なんて聞かれた頃にはさらに1時間後。

「体調がまだ万全でないからはやく治すよ。」

そう答えると、じゃあさっさと寝なよとか言われて、おいおい電話をかけてきたのはそっちだろ、とかやり取りをしつつ、おやすみと電話を切った。

「Phone call 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「Phone call 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/619-d4268a24

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。