スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機会損失、パスポート、初代チョロ松

■商いは飽きない。
流通の業界においては、よく言われる言葉だ。「商いは飽きない」
そのまんまを受け取ると、商い、つまり商売は飽きることがないほどに面白い、という意味になるけれども、実はこの言葉はもうひとつの意味がある。

いい変えると、たぶんこうだ。

商いは飽きている暇などない。

商いとは、完成することはなく飽きるなんて余裕がないほどに動き回らないといけない、ということ。ただ、商いをするために動き回る・・・というのは、あまりに表現が抽象的でわかりにくい。自分のところによく相談がある、「売上を上げたい」という内容のものに対して、まず自分が手をつけるのは、今ある売上をあげることではなく、ロスを減らすところにある。

つまり、機会損失に着目をする。


■インターネットだとわかりにくい機会損失。
例えば、あなたが今あるスーパーに入るとしよう。入り口のドアをくぐると、通常そこには棚があって、その端の部分は「エンド」と言われて、陳列においては重要な場所である配置になっていることが多い。ここには、新商品や特売商品など、そのお店にとって重要なものを置くのが定石となっている。
華やかなPOP(Point Of Purchase。華やかにデザインされたは店頭の販促広告のこと)で目を引き、場合によっては高く積まれて存在をアピール(ボリューム陳列という。)されている・・・はずなのだけれども、人気があるのか、全て売れてしまっていて商品が一個もない。店内を歩いてみると、ところどころの棚の商品が売り切れていて商品が並んでいない。しかも、あなたがお目当ての商品も売り切れている。

こんなお店にあなたが行くだろうか?

リアル店舗(ネット系のショップをやっているところは、ヴァーチャルのネットショップと、普通のお店を分けるためにこういう表現をしたりする)においては、こうした棚枯れや完売においての機会損失は視覚的な違和感が感じるので、実際のところでは店員が品出しといって、バックヤードから在庫を出して空の棚を補充していく。これは店員の一番大事な仕事といっていい。ただ、それでも某大手スーパー4社を対象にしたある調査結果によると、こうした空の棚が放置されているのを見て「売れて良かった!」と答えた店員が半分以上を占めた店は3社において見られたらしい。つまり1社しか機会損失に対する危機感を持っていなかった。

機会損失というものは、言い換えた言葉だと「売り損ない」にあたり、本来ならば作ることができた売上が、何かの理由で作ることができないことを指す。なので、必ず過去を振り返ることによる仮定においての架空の数字であるために、実感を伴うことが少ない。そして、一言に機会損失と言っても色々な種類があるのだけれども、上にあげたようなものは、一番わかり易く、対処をしやすく、そして一番身近に体感することができる実例である。

ところが、こういうパターンでもヴァーチャルのショップにおいてはなかなかわからない。完売していたとしても、販売ページ自体に大きな変化が起こらないからだ。多くのネットショップのシステムにおいては、その商品が買えない状態になると「この商品は完売しました。」という表記が出るようになっている。ただし、ページ自体の閲覧はできるし、カートに入れることができないだけで見た目の大きな変化ないのである。一番いいのは、ページが表記できない、もしくは閲覧できなくなるのがいいのだけろうけれども、それだとSEO的な観点から良くない・・・などネットならではの問題が発生したりする。


■実は、リアルよりも手がかかる。
一方で、品出しというのは、その重要度とは裏腹に主にアルバイトなどがやる軽い作業のうちのひとつとなっている。これは経験がない初心者が見ても簡単に対応できる作業であるからだ。リアル店舗であるならば、お店が空いている間にこうした作業を延々と続けていくのだけれども、ヴァーチャルのお店においてもそこは変わりがない。むしろ、24時間365日システムで注文をとり続けるヴァーチャルの方が大変のはずだ。

あるモバイルの女性向け大手ファッションサイトでは、一番商品が売れる時間が夜の9時から午前3時までの間だという。つまり、この時間帯に売り場にトラブルが発生するとそれがそのまま機会損失に繋がることになる。もし、自分がその売り場担当だった場合、完売などの機会損失を無くすように、その時間には必ず人を端末の前に配置しておくだろう。某有名TVショッピングは24時間体制でコールセンターを動かしているが、これはTVショッピングという業態においては、時間が関係なく注文が入る、ということで24時間動かすことで、そこに発生する機会損失を抑えていると考えることができる。


■機会損失は0にならない。だから、飽きてるヒマもない。
これは勘違いされやすいのだけれど、機会損失というのは結果論の為、それが0になることは決してありえない。もし、何か商売をしている組織において、ミーティングの席で「機会損失はありませんでした。」という人がいたら、その人は商売の世界から身を引いた方がいい。

じゃあ、どうすればいいんのか?機会損失は限りなく0に近づけることはできるのである。常に自分の行っている商売を見直し、仮定を立て、施策を行い、またその結果を見直す・・・という一連の流れが延々と続けることで、少しづつ機会損失を0に近づけていくのである。そこに飽きている余地などあるはずもない。

「商いは飽きない」を実践する為には、まず機会損失を0に近づける努力をする・・・と考えてもらうと、今ある商売の見方が変わってくるはずだ。

***
午前中は9時からデスクワークとストックジョブ。ボチボチと2時間ほどで終えて、家を出て恵比寿駅から埼京線に乗り込んだ。前回話をした通り、パスポートの期日が切れてしまうので、未だ住民票のあるさいたま市に。

一旦実家に戻ってから、車で大宮駅にあるパスポートセンターに向う。ここで色々と手続きをしたんだけど、初めて住基ネットを利用した。2002年に導入された時には、訴訟問題だの、不参加を表明する自治体が出るなど物議を醸した同システムだけれども、今回はわざわざ住民票を取りに行く必要がない・・・という部分で便利なもんだ、と素直に感じた。確かにセキュリティなどの課題などはあるが、登録を選択制などにするなどすれば情報管理としてはいい制度だと思うな。

その後に、クライアントのところに寄ってミーティング。現状の問題点を聞ききながら、とりあえず年末に立てた予定のキャッチアップと、予算達成の為の施策を指示。

車を実家に置いて、そのまま再び電車で恵比寿に戻ってきた時には夜も日が暮れていた。

そういえば、帰りの電車の中でちょっと驚く迷惑な乗客を見た。

かなりの音量を出して、アクオスケータイで相撲を観ているおじいちゃん。

たぶん、ヘッドフォンとかじゃないからいいや・・・とか思っているのか。3駅ほど乗っていたんだが、ずっと音量を外に漏らしまくって相撲を観戦。面白いのは、ドアのところの角に隠れてTVを観ているんだが。

人様に迷惑をかけないというのは当たり前だが、これって世代は関係ないのかね。

***
■気になる記事
最近、空耳ネタが多いので、ちょっと今日は趣向を変えて。
夜はブログをまとめてチェックしていたんだけど、こうした記事が自分にとっては興味があった・・・というのを紹介してみる。
■50 CENTがニュー・アルバム『BEFORE I SELF DESTRUCT』を3月にリリース
■イデー新店舗、2月表参道エリアにオープンへ-新体制後初
■シーランド公国を訪問したムービーや写真いろいろ
■炎を吹き上げるスケボーを乗り回すムービー
■Wiiリモコンが刺さったTシャツ
■会議に頼り過ぎない会議術
■ドーナッツ大戦争勃発!?
■日本のアクセス数上位サイト by Alexa
■sony walkman commercial

WiiリモコンTシャツ、欲しいな。ソニーのコマーシャルのサルは初代チョロ松というらしいが、先日亡くなったらしい。あのコマーシャルが放映されていたのが1987年。当時はすんごいインパクトがあった。ご冥福をお祈りしますm(_ _)m。
walkman_t.jpg

***
■おまけ
ぐだぐだしているところ、主人が出かけるのにビックリしているハナ byカメラマン13
photo.jpg


「機会損失、パスポート、初代チョロ松 」へのコメント

機会損失

確かに流通業界、特にファッション業界は
「早く売り切れて万歳!」という風潮がありますね。
どんどん売り切れた方が
「売れてる店」
「色々な商品が頻繁に新入荷してる」
感が出るといった意見です。
機会損失と在庫のバランスは永遠の課題であり、
そこが仕入担当や会社の個性となると思います。
商売は飽きないですな。

>和尚
確かに。扱う商材によって考え方が違うのを忘れていた。自分の書いたケースは単品のリピーターが多い消費材に当てはまりやすいですな。

ただ、売り切れてOKの店は、在庫管理がしっかりしてますよね。常に新鮮な商品を供給しているという点においては、基本的な考え方は一緒ですね^^。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「機会損失、パスポート、初代チョロ松 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/70-8b586b44

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。