スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

To Be With You

Mr. Big - To Be With You


Hold on little girl
Show me what he's done to you
Stand up little girl
A broken heart can't be that bad
When it's through, it's through
Fate will twist the both of you
So come on baby come on over
Let me be the one to show you

I'm the one who wants to be with you
Deep inside I hope you feel it too
Waited on a line of greens and blues
Just to be the next to be with you

Build up your confidence
So you can be on top for once
Wake up who cares about
Little boys that talk too much
I seen it all go down
Your game of love was all rained out
So come on baby, come on over
Let me be the one to hold you

I'm the one who wants to be with you
Deep inside I hope you feel it too
Waited on a line of greens and blues
Just to be the next to be with you

Why be alone when we can be together baby
You can make my life worthwhile
And I can make you start to smile


***
Lean into It Lean into It
MR.BIG (1991/03/26)
Atlantic

この商品の詳細を見る

1991年に発表された、MR.BIGの名盤。その中でも永遠の名曲のひとつと思われる、To Be With You。単純にメロディとしての美しさが魅力と思っていたけれども、最近この歌詞の本当に意味が理解できた。

I'm the one who wants to be with you.
Deep inside I hope you feel it too.


13に対して想い、そして13に純粋に願う。
それだけで、本当にありがとう。あなたが今、全てだ。
070108_231715.jpg


追記:
Mr. Bigは既に、2002年に解散をしていて、6枚のオリジナルアルバムを発表している。

MR. BIG (1989年)
LEAN INTO IT (リーン・イントゥ・イット) (1991年)
BUMP AHEAD (バンプ・アヘッド) (1993年)
HEY MAN (ヘイ・マン) (1996年)
GET OVER IT (ゲット・オーヴァー・イット) (1999年)
ACTUAL SIZE (アクチュアル・サイズ) (2001年)


この他に、ベスト盤を2枚ほど出しているが、商業的に大きな成功を集めたのは、このTo Be With Youが全米1位になった以外にあまり無く、実際には世界レベルで見ても日本での人気がずば抜けて高いバンドだった。(こういう現象ってば、音楽業界では珍しくない。)

ギターのポール・ギルバートや、ベースのビリー・シーンがピックを取り付けた電気ドリルで演奏をする、ドリル奏法をすることで有名で、この時に必ず日本のマキタ製のドリルを使用することで知られてた。
それが縁か知らないが、マキタ社の社歌はMR. BIGが作曲している。

MR. BIGが生きた90年代は、音楽シーンが混沌としている中で、80年代後半からの「アメリカンハードロック」というカテゴリが淘汰されてしまう時期であっただけに、時代の流れに乗れなかった・・・というところが大きいかなぁ。

「To Be With You 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「To Be With You 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/71-052c76dc

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。