スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JUMPER

SCSF20080308_jumper.jpg


車で六本木ヒルズまで。UAやAGITO、ESTNATIONで買い物をしてから、JUMPERを観るためにシネマへ。主役はアナキン・スカイウォーカーだったヘイデン・クリステンセン君。

この映画面白い。テレポーテーションって、昔からありがちな超能力が題材だけど、特に意味もなく、サミュエル・L・ジャクソンらの敵に襲われる理不尽さがw。世界中でロケをやっていたみたいで、日本でのシーンも出てくるんだけど、丸の内線のホームをあがると渋谷駅前、といういい加減なところはさすが外国。

バシュゥ、バシュゥと移動を繰り返していくのはいいなぁ。ドラえもんの道具の中でも一番人気はどこでもドアだったし、瞬間に遠くに行けるというのは、人としての強い願望なのかもしれないね^^。

---
14日に、横浜に連れてってと。どこに行きたいの?と聞いたら、「みなとみらい。でも場所がよくわからないんだけど」と。イヤ・・・、横浜で山下公園と同じぐらい有名なんですけど^^。

「JUMPER 」へのコメント

DIRTH VADER RETURNS!

『ジャンパー』面白かったっスか?
実はこの春は『バンテージ・ポイント』注目してたんスが・・・・、

舞台を変えてのマスターウインドウとダースベイダーの再戦ですよね、考えてみれば。

そして監督はD.リーマン。
突然敵がガラスを突き破って現れる、というような、見てるこっちが目をパチクリさせてしまうような演出を好んで多用する監督ですが───、

『ジャンパー』では“超能力”ってカタチでそういう演出を更に進化させちゃってんですかね?

でも、あの超能力は、
とにかく時間をほぼ100%有効に使えるようになるワケですが───、
果たしてそれで人生はバラ色になるのか、それとも色を失うのか?

SHOHEIさんはどう思ったスか?

>E.L.S
おつかれです^^。バンデージは今度見にいく予定。たぶん、一人で行くかな?
確かに、ウインドウとダースベイダーの再戦だったのかw。見てるときはきがつかなかった!

あの能力に関してですけど。映画の中でも言っていたけど、ある意味神のみが許される能力だと思うわけで。バラ色になるというよりかは、違う世界観になるわけです。それも、その能力を持つ人とそうでない人が存在することでそうなるんだろうと。自分は、その能力を持つことで色を失うことはないと思う。ある意味、究極の自由だし。ただ、それをどう使うか。犯罪に手を染めたりすることで幸せになるわけがないから、その自制心が実際に自分の中でどれだけ持つことができるんだろう・・・とか考えたり。

自分だったら。やっぱり、その特別な能力は自分だけではなく、大切な人の為に使いたいなぁと思うかな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「JUMPER 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/808-723a450d

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。