スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピエール・ガニェール・ア・東京

SCSF20080316_pierregagnaire.jpg


青山にあるピエール・ガニェールでディナー。ドレスコードがあるので、いつもと違う格好をしないといけないのだけれども、たまにはこういうのもいいよね。ちなみに、ミシュランでは二ツ星。本国フランスでは三ツ星みたい。

表参道のサマンサの前で待ち合わせをして、トコトコと歩いてお店まで。ヨックモック手前のCartierらが立ち並ぶ一角のビルの4階まで。こじんまりとしながらも、キレイな店内の真ん中のテーブルに。

とりあえず、食前酒のミモザを飲みながら料理をオーダー。コースに。

・ブルターニュ産オマール海老のメダイヨン 爽やかなハーブとグレープフルーツのジュレ
・ヴァドゥヴァン風味のバターで調理した平目と一口サイズの“ジャコブ”キャベツソース ガルピューレのイメージ
・仔羊鞍下肉のロティとそのカイエット“ジャルダン・ディヴェール”サフランの効いたジュ クレソンと青リンゴのキューブアイス
・みかんのシロップでリエしたプロションと“アンディーブライチ”のママレードノワゼットとサントモール・ブランを添えて
・グランデセール(デザート)


以上。

出てくる料理が全て美味しくて、美しくて、とても感動した。平目とか、絶品だったなぁ。フルコースはちょっと食べきれないかも、ってことで少なめにしたんだけど、それでも最後のデザートだけでも5品ぐらい出てきちゃって、お腹もいっぱい。有名な食前のアミューズも色々な味が口の中に入ってきて、ほんとスゴイ。赤ワインで楽しみながら、夢を話たりしながら気がつけば3時間以上時が過ぎていた。コースって自分は途中で飽きてきちゃう時が多いんだけど、これだけ時間を忘れて楽しむことができたのは初めてかも^^。

>>PIERRE GAGNAIRE a Tokyo

昼間、決算の為にオフィスでバタバタしていたのでプレゼントを持ってくる時間がなかったので、一旦三宿まで。喜んでもらえたのでよかった^^。

「ピエール・ガニェール・ア・東京 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「ピエール・ガニェール・ア・東京 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/822-cdd563ec

????? ?????? by Goodor Bad

?????????????Τ????λ????????????Τ?????Υ???ä顢????

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。