スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

the KLF - 3am eternal

■テクノユニット稀に見る問題児
テクノにも、音楽業界ならではの問題児って多い。野外ライブで、なんと次に登場するバンドの機材をぶっ壊したDead or Alive(デッド・オア・アライブ)とかの暴力的なものや、歌う内容が反社会的なEMFとか。

それでも、まあThe KLFには敵わんだろ。80年代後半にロンドンで結成されたユニットだけれども、808 STATE, ENIGMAといったアンビエントテクノのベースを作ったバンドでありながら、超問題児軍団である。
klf.gif


■著作権なんて、知らない。
何しろ、バンド名のKLFっつーのが、

Kopyright Liberation Front(著作権解放戦線)

って意味。(実際には、Kopyrightではなくて、Copyrightなのだけれども。)どういうことかっていうと、著作権なんてクソくらえ、ということなのである。

で、有名な事件としてあのABBAのDancing Queenを無断でサンプリングをしてABBAに直接訴えられている。さらに、ABBAの出身国である、スウェーデンのストックホルムで夜中にそのサンプリングした曲を大音量で勝手に演奏したという伝説まで残しちゃってる。

この事件の当初は、The JAMs(Justified Ancient of Mu Mu)という名前でやっていたんだけど、こうした経緯があってKLFを名乗った。
klf-ad-justifiedandancient.jpg


■ミステリーサークル、作ってみました。
KLF結成後、「What time is love?」という曲のPVのために無断でミステリーサークルを作って、BBCのニュースで報道されたりしている。

■授賞式でマシンガンと羊の死体。
さらに、1992年のブリッツアワーズ(イギリスのグラミーみたいなもの)でステージにあがった後、メンバーのビル・ドラモンドが、マシンガンを持って観客席につっこむという事件を起こして、「KLFは音楽業界と決別する」というセリフを残して解散してしまった。しかも、開場の外に羊の死体を置くという訳のわからんことまでやっている。

■それでも、すごいKLF。
他にも、格好がKKK(クー・クラックス・クラン、アメリカの白人至上主義団体)をイメージさせるなど、問題点が多いのだけれども、一方で冒頭に書いた通り才能は抜群に高かった。まあ、そういう才能を真面目に活かせなかったのは、ほんとに残念であるけれども、自分はそういう人は嫌いじゃない。

そういう訳で、3am eternalのPVが下。なんか今見るとオープニングのところとかちゃっちいが。音的には今でも十分通用するレベル。
PVの一番最後に、エルビスばりに、
「Ladies&Gentlemen,KLF has now left the building.」
と言っているとこも注目。
White Room White Room
The KLF (1992/02/20)
Arista

この商品の詳細を見る


the KLF - 3am eternal

「the KLF - 3am eternal 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「the KLF - 3am eternal 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/88-92f05a9c

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。