スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間宮兄弟 フットサル 小さい組織で家業家を

13と明け方まで間宮兄弟を観ていたので、起きたのもかなり遅かった。

間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産) 間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産)
佐々木蔵之介 (2006/10/20)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る

直木賞作家の江國香織の小説の映画化。どちらかというと、東京タワーが有名なんだろうけど。実際に、ここ数年は小説を読んではいないので原作は知らないけど、ほのぼのとした雰囲気がとても面白い。男ならではの心情の変化や描写が細かくて、観ていて「あぁ、あるある」と思う。日本映画ってこういう良質な映画が多くなると、今盛り上がっている以上に楽しくなるのかな。

明け方にハナが嘔吐。どうやら、いたずらで食べたリップスティックのせいじゃないか、ということなんだけど、突然ベッドの上で「ゲェ」ってやったからびっくりしたよ。

***
夕方から、フットサルで八幡山にあるフットサル東京コートに。二ヶ月ぶりだったから、ちょっと動きに不安があったが。

不安的中。

いつもどおりキーパーから入ったんだが、ボールへの反応が悪くて最初の試合で2失点。。。その後は、交互にフィールドとキーパーをやっていたんだけど、1時間ほどたってから体もあったまってきて、2点得点。キーパーも最後の方はかなり体が動いてきたので、6~7試合で2失点で済ませた。

ただ、相変わらず・・・というか、以前にも増して足の筋肉が硬くなってしまっているので、すぐに痛む。寒いからストレッチを長めにやったんだけど。こればかりは普段のトレーニングをやってないからしょうがないか。
070121_185141.jpg


***
それから電車に乗って、新宿へ。POと仕事の打ち合わせをしながらの食事。13と、POの彼氏も合流して焼き鳥屋でわいわい言いながら仕事の話。

とりあえず、役割分担の話を中心だったのけど、どういう形であれ小さい組織で小回りが効く体制で動いていかないといけない。とはいっても、あまりに小さいと一人にかかる負担があまりに重くなるので、そのバランスを取りつつも最速のスピードで動くことができるようにしていかないといけない。

個々人の意識をスピードに最重点を置いて動く為には、「考えながら動く」技術が必要になる。つまり、仮説・検証を机上でいちいち検討するのではなく、今やるべき事をこなしながら、常に先の事を考えて動く必要がある。
小さい組織の中では流れの中で判断をしていかないといけないので、例えば上からの指示を待っているだけの人はキツい。さらに、ルーティンをまわすことが仕事だと思っている人もキツい。規模が大きくなると、こうしたタイプの人間がどうしても加わるので、そこをうまく調整していくことが重要になると思う。

以前、YUASA君にコメントで以下のようなサイトを教えてもらった。

会社が小さいことは、いいことだ
http://nvc.nikkeibp.co.jp/free/COLUMN/20070116/107681/

この記事の内容は、とても自分に合っていると感じる。個人的に、仕事をするにおいて赤字営業というのは存在価値がないと思っているので、いかに利益を生み出すかに重点を置いた場合、上のような記事のように考えを完全にシフトしてしまうのもありだ。

で、記事の最後に個人の能力を発揮しやすい小さい会社、この記事で言うところの「家業家向き」の人のチェックリストがあったのでやってみた。

○オフィスに独りでいても寂しくなく、むしろ仕事がはかどる
○飲み会の幹事をやることはあまりない
○人に物を教えることはあまり得意ではない
×プライベート(家族や自由時間)の方が会社よりも断然大切だと言い切れる
×会社の経費で私物を買うことがある
○外見上も人と同じでいたくない(車や時計などにこだわる)
○自分ひとりで仕事をやっても年収2000万円は稼げると思う
○財務には疎い
○会社の仕組みづくりは苦手
○好き嫌いが表に出るタイプだ


7項目以上当てはまる人が「家業家向き」だというのだけど。
8項目該当。家業家向き、なのかな、自分。

「間宮兄弟 フットサル 小さい組織で家業家を 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「間宮兄弟 フットサル 小さい組織で家業家を 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/93-b555af86

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。