スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Probability-仕事に関しての備忘録その5

SCSF20080928_32.jpg

自分の仕事においてのスタンスは「確率論」の追求がベースにある。この考え方は、もともと自分がなんちゃってスロプロをやっていた時に身につけたもの。簡潔に言うと、「理論上勝てる台を打ち続ける」ことで、ある一定のスパン(期間)で勝ちに限りなく100%に近づけるというもの。

当然、仕事においてはその理屈が全く当てはまる訳じゃないんだが、とにかく「根拠があり、確率的に有利な方向性に進んでいる時間をできるだけ長く取る」ことが重要だと思っている。リスクを避けて、確実性の高いリターンを選択していくこと、と言い換えることもできる。

本当かよ、と思う人もいるかと思うけれど、この世の中にはスロやパチを毎日打ち、それで勝ったお金のみで生活をしている人が存在する。もちろんゴト(不正に出玉を増やす行為)をやっている訳ではない。そして、こうした人のほとんどがこうした確率論を基本に動いている。麻雀や株のデイトレで生活している人もいるのも知っているが、話を聞くとやはり同じような考え方がベースにあるみたい(みたい、というのは自分は麻雀ができないし、株のデイトレで結果を出したことがないから)。

スロット、麻雀、株・・・と一般的には博打のように思われることでも、こうした確率論を徹底的に守れば勝つことが可能、つまりお金としてのリターンを得ることができる。それは裏もまた然りで、一見まっとうに見える仕事をやっていても、実のところは博打でしかないことがある。


最近、身の回りで独立したいという人や、起業をしたいという人から、どうなんですか?という話を振られることが多くて。

・最低限の実力や知識がないならやめた方がいい。
・起業とは、つまり利益を出すこと。もしただ好きなことをやりたいというだけならそれは博打になる。
・経営者なら利益を出すことを考えるべきだが、一方でそれはつまらない仕事になる可能性もある。

というよう話になってしまう。自分は、「このビジネスがやりたい!」という形で、モデルを完璧な企画書に落とし込んで展開をしている訳ではなく、自分の持っているスキル、経験、知識が利益となる形の仕事のみを流動的に動いているだけにすぎない。だから、自由にやりたいことをやって、短い時間でも継続できていることように自分を見ている人。それは幻想です。本当にやりたいなぁ、て思うことをそのまんまやってたら赤字まみれですよ。

だからそういう衝動を抑えて、博打をしないこと、もしくは博打的要素(=精神論とか根性論で覆い隠されたものも含めて、結果としてプラスに導くことができるかわからない不確定な要素)を出来る限り排除するように仕事をこなしている。そういう部分で納得できるのが自分の強さなのかも知れない。

けれど実際のところ、ハイリスクなものは、やはりハイリターンなものが多かったりするので、たまにそれに惹かれてしまってそういうことをちょこちょこやってしまうんだけど・・・。まあ、損してしまうことが多いよね。

幸い、「身を滅ぼす博打を打たない」ことにしているので、それで大怪我することはないんだけれども、意外に冷静で賢そうな人ほどそういう博打に走ったりする。「社運を賭けて・・・」みたいに、いかにもなアツい言葉で、一見スゴく聞こえる仕事を始めちゃったりする人がいるけど、賭けちゃダメなんだって。そういう経営者ほど、最終的には固執してだんだんと根性論や精神論に偏っていくし。

現場が根性論や精神論を打ち出すのは、まだいい。なぜならそこは戦場みたいなもんだから。フィールドには想像をこえた精神的な優劣が存在するのも知ってる。ただ、頭脳であるヘッドクォーターは完全に論理的に動いていないと。熱に浮かされたり、弱気に飲み込まれたりしたら、遅かれ早かれ足元をすくわれるもの。


9月の最終日になってこんなことを思った理由は2つ。まず朝起きたら、NYダウが過去最高の下げ幅を記録していたから。-777ポイントって・・・。別にこれで自分が大損害を受けた訳じゃなくて、今回のもともとの発端であるサブプライムってやつを色々を調べていたら、博打を張っててうまくいっていたから調子に乗っていた・・・ていう個人的な結論に至っていたから。しかも世界レベルの博打なのだから、影響もデカいんだね。それから、自分の会社が今月の数字が締まった段階で、四半期ベースの売上、利益とも過去最高を一気にクリアしていたから。しかも利益は半年分を確保してたから単純に2倍。博打を打ったわけじゃなくて、必然的になるべくしてなった結果だけど、これに調子乗って博打を打たないようにしないとな、と。色々と幸運が重なっていたことも確かだし。やはり自分も人間だから、目先がうまくいっていると勘違いする。

そういう訳で自戒の意味を込めて。
ベースである「確率論」の追求を見失わないように。

あと、いい機会だからそれまでにやった博打のツケを払っちゃう予定。
ホント、その部分は反省しないと・・・。年に1、2回やっちゃうんだよな。。。

「Probability-仕事に関しての備忘録その5 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「Probability-仕事に関しての備忘録その5 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/956-2c5342b1

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。