スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Pianoman In Tokyo、Billy Joel

ビリー・ジョエルの東京ドームライブに。

2年前に来日した時も行ったけど、その時にたまたまそのライブの話で盛り上がったクライアントのお偉いさんがわざわざ「チケットあるよー」と連絡をくれ、前回一緒に行った同じ友達と足を運んだ。

友人が仕事でちょいと遅れたので、入場が5分ぐらい開演時間をまわっていたんだけど、アリーナに入った時にはすでにオープニングの「The Stranger」が始まってた。セットや雰囲気、ステージ上での衣装なんかも2年前と同じ感じ。グランドピアノの前で楽しそうに歌うビリーがそこに。立て続けに、「My Life」「Just the Way You Are」「Movin' Out」「Honesty」が続く。ここまで大味な構成が出来てしまうのもビリージョエルの凄いとこ。会場を見まわしてみても、ほぼ席が埋まっているのもさすが。

2年前はマイクスタンドの前で歌っていた「The River of Dreams」をピアノの前で歌ったので、やっぱり年取ったから、あんまりアクティブにはやらないのかな・・・なんて思ってたら、おもむろにステージの前に出てきてギターを手に。なぜか頭には読売ジャイアンツの帽子。さらに、次の曲が、



なぜか、AC/DCの「Highway To Hell」

まあ、面白かったからいいけど。。。ビリーは歌わないでギターを弾きならしていた。どうせなら、アンガス・ヤングばりにダックウォークとかして欲しかった^^。大好きな「We Didn't Start the Fire」とか、アップテンポの曲が続いてとりあえずいったん終了。

そして、アンコールの最後はハープをかけて「PIANOMAN」。イントロが「上を向いて歩こう」から入ったり、歌詞の一部を「It's a pretty good crowd in Tokyo」とか変えて歌ってくれたりとサービスの満点。

こうして、ほぼ2時間きっちりのライブが終了。ビリーは前回よりもおちゃめなおじいちゃんになっていた感じ。59歳だから、自分の親父よりかは年下だけど^^。

「A Pianoman In Tokyo、Billy Joel 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「A Pianoman In Tokyo、Billy Joel 」へのトラックバック

http://globalguild.blog75.fc2.com/tb.php/969-1f6eeb5f

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。