スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EUROその2

SCSF20080612_euro.jpg


EUROの第一ラウンドが終了。

自分が予想した決勝リーグ進出チームの第一戦の勝敗は、

■グループA
○ポルトガル
○チェコ

■グループB
○クロアチア
○ドイツ

■グループC
○オランダ
×イタリア

■グループD
○スウェーデン
×ロシア

・・・。よく考えたら、なんでグループDでスペインを外しているのかがわからん。スペイン語専攻だったのに・・・。ビジャがイケイケみたいだけど、喜びすぎて指を骨折してるってw。まあ、スポーツの種類によるけど個人的には指と鼻の骨折は怪我のうちに入らないと思っているし、大会中問題ないんだろうけど。

イタリアvs.オランダの結果は意外だった。。。オランダが強いのか、イタリアが弱いのか。どうなんでしょ。ルーマニア相手に本当の実力がわかるのかな。

先日髪を切っている時に美容師さんに優勝候補を3つあげろ、と言われて

・ポルトガル
・チェコ
・オランダ

にしておいた。これが当たれば来月はプライベートでタダで髪を切ってもらう予定^^。

United do it again

SCSF20080522_munchester.jpg


ロナウドがPK外した時点で、チェルシーが勝ったと思ったんだが。
テリーがあそこで足を滑らすってのは、不運としかいいようがない。

もしチェルシーが勝っていたら全ての責任がロナウドに集中していただろうし、それも帳消しになったということはやっぱり今年はロナウドの年なんだろうか。運も実力の内というけれども、積み重ねてきたものが崩れるのも光を放つのも紙一重なんだなぁ、と感じた試合だった。

チェルシーは特に後半バーを叩いたシュートが多かったり、直前にドログバがレッドもらっちゃたりで、勝てた試合が取れなかったってのが大きい。テリーの不運は、たまたまあのタイミングでああいう状況になっただけであって、なるべくしてなった結果なのかもしれない。

イチローの指導

20071227008_ichiro.jpg

さっきの清原の記事に合わせてイチローの記事が気になったので。

 川崎をイチ喝!! あわや福岡へ“強制送還”-Yahoo!Japanニュース

ヘッドスライディングをした川崎を叱責した、という内容。確か、野球における1塁への走塁は、ヘッドスライディングよりも駆け抜けた方が早いというのが定説。プロとして、しかも負けられない舞台においてこうした走塁自体が納得がいかなかったというのはイチローらしい。

個人的には、こうした考えとか姿勢は大好き。イチローのことを自分が好きな理由はここにある。

一方で思うことは。実際にどういう話合いをしたのかわからないけれど、イチローが指導者側に回った時、それはそんな先のことではないけれども、こうした考え方に選手がついてきてくれるかどうか。イチローは紛れもなく野球の天才で、その実力をさらに努力で伸ばしてきた人。さらに、ここにイチローと今回の叱責と前回の清原へのコメントの矛盾が生じているような気がする。実力よりも人気が先行するタイプの選手は存在するし、その最たる例の清原には前回のエントリのような内容の話をしているのだから。

ただ、どちらかが間違っているというわけじゃないと思う。清原には、ああいうタイプのプレーヤーとしてファンに夢を見せるためにがんばって欲しいという感情的な部分が表に出て、一方で日本代表クラスの現在の野球の実力として、さらに自分に近いスタイルの選手には理論的なレベルの高いプレーを求めるのは相手のおかれている立場が違えば当然かも。

ことプロスポーツの世界は勝つだけではダメ。イチローがいうように夢を持たせないといけない。両方を追求することは、意外に難しい。それを将来の歴史的な名プレーヤーだった指導者イチローがどんなふうに行うのかが今からちょっと楽しみだったりする。

何もせず1億円

20071227006_orixbuffaloeslogo.jpg


まあ、そらそうだわな。

 何もせず1億円、復帰し即1軍…清原優遇くすぶる批判

一方で、イチローなんかはこんなことを言っている、らしい。

 イチローが清原にエール「ぜひ復帰していただかなきゃ」

メディアの論調なので、どういうトーンなのかはわからないけど、イチローの発言は

1.清原の友人である
2.同じ野球人だけがわかる、清原の葛藤
3.古巣巣のオリックスが低迷している、ことの心情が入ったもの

ここらへんがあるんだろう、と。

ただ、一般的な見方からすれば、ちょっと待遇は異常。これまで積み重ねてきた実績が大きいとはいえ試合に出ていない選手に払う金額じゃない。注目度は抜群に高いから、その対価か?

一方で、昨年放出した選手が軒並み活躍をしているみたいで。中村なんかは確か日本シリーズでMVP取ってたよね?こうしたものってやっぱりフロント=経営陣の能力の問題だと思うんですが。

日本のプロ野球に対して興味が薄い上に、オリックスという球団に対して何も愛着がないから冷めた意見に終始してしまうなぁ。

梅崎司、浦和レッズに移籍へ



この梅崎司まとめ動画の鹿島戦のゴールはすごいな。


大分MF梅崎、浦和レッズに完全移籍へ

ネタフルのコグレマサト氏は熱心なレッズサポーターなので、読んでいると勝手に情報が入ってくるのがいい。

梅崎は今手薄な右サイドであたりで活躍をして欲しいが。実際には左の方が好きみたい。でも相馬や平川もいるし、何より三都主が戻ってくるからな。ポンテと山田が怪我で微妙なのでその代役という感じかも。キレキレの時はすっごい動きを見せるけど、まだムラがあるって感じがあるからレッズで成長して欲しい。

でも、攻撃的な選手もいいけどディフェンスなんとかしないとやばくね?ネネは抜けみたいだし、闘莉王が来夏は移籍しそう。ボランチも長谷部がシエナにいったら啓太と阿部の負担が・・・。何より代表戦も増えるから怪我しそう。オジェックが今年のように守ってカウンタをしかける戦略を続けるなら、まず守備的な選手が欲しい。

それにしても、レッズは「ビッグクラブ」と言われるようになったんだね。フロントや選手の頑張りもそうだけど、10年以上ガマンして応援したサポーターの力がやっぱ大きいわな。

浦和がクラブW杯3位に^^

urawa.jpg


はい、おめでとう。フットサルに行く途中まで車で試合経過を見ていて、2-2の同点のところまで確認したんだけど。バタバタと忙しかったのもあって、試合内容はちょっと把握していない。ワシントンの2得点はいいゴールだったと思うよ。

ワシントンはオジェックが残るなら辞める、ということで退団が決定的だけれども、これはプロスポーツ界ではよくある話。J1優勝を逃した時にもそういう声はあったけど、ワシントンを残す為に指揮官を変えろ、とかチームをまるで自分のようにのたまう評論家きどりの訳のわからん雑音はさておき、これもしょうがない流れとして、ワシントンには次のチームでがんばって欲しい。今まで、浦和の為に頑張ってくれてありがとう。


あ、あとミランが優勝。ボカ、ちょっとアレだったなぁ。リケルメがいれば・・・。

milan_20071217043421.jpg



FIFAクラブワールドカップ準決勝 浦和vsミラン

milan.jpg

04.jpg

03_20071214145150.jpg

02.jpg

01.jpg

00.jpg

urawavsmilan


1-0でミラン勝利。

でも、良かった。その実力にかなりの差はあるけれど、絶望的な差ではないのはわかった。後はもう少しこういう舞台の経験を積むことができれば、勝つ可能性もありうるな。これは、ヨーロッパや南米のチームに対峙した時の代表チームでも一緒。

今のミランが強いとは思えないけれど、きちんと負けないゲーム運びをしていたのはさすが。レッズにとっては敗戦という結果は残念だったけど、ちょっとした技術や、攻撃のバリエーションの違いなんかはまだまだ及ばないんだということがわかったのも大きな経験なんじゃないかな。日本のチームでプレイしている限り本当の意味で世界のトップチームとガチで勝負できることはなかなかないから、レッズの選手は日本人プレイヤーからしてみると羨ましいね。

でも、絶望的な差ではないにしろかなり大きな差があることも確か。この差を埋めるのは、数年では無理だろうから、少しづつその差を埋めていければいいかな、と思う。いつか多少運が味方したとしても、ガチで勝利をつかめればいいね。まだあと1試合あるから頑張れレッズ。


あと、解説は藤井アナから変わっていたけど・・・これって規定路線?それともなんらかの配慮?それが気になるw

FIFAクラブワールドカップ準々決勝 浦和vs.セパハン 後半

scr0712102025003-p1.jpg


はい、3-1で終了。内容は悪くなかったし、勝って当然と言える試合だったな。後半の失点は単純に気の点差による気の緩みだから、そこらへんは集中力を保つようにしてほしいけど。これで、次戦はミランとガチでやるわけだけれど、ホームの有利があったとしても相手の調子や運なんかでたまたま勝ったりはしないで欲しいな。例え負けたとしても、今季は不調といえ欧州のトップチームの差が明確にわかることの方が将来的に大事だと思う。天皇杯やリーグ戦で一旦停滞したチームをみんなでよく立て直してな、と。


あと。日テレ。ちょっと放送を考え直した方がいいぞ。何かドラマチックにしたいのはわかるが、ここ数年国内でトップレベルでやっているチームに対して今更「お荷物」だの「奇跡」だのって失礼すぎるだろ。実況のアナウンサは藤井貴彦氏らしいが、さっそくwikiにこんなこと書かれてるちゃってるぞ。

藤井貴彦 - Wikipedia_1197291408531

2007年12月10日放送の「FIFAクラブW杯 浦和レッズ×セパハン」の実況において、田中マルクス闘莉王選手の経歴を、サンフレッチェ広島を戦力外になり、帰国寸前のところを水戸ホーリーホックが拾い、活躍して現在に至るなどと、捏造して放送した。このことは、注目選手の経歴を美談化させようとする日本テレビの姿勢も垣間見える。

FIFAクラブワールドカップ準々決勝 浦和vs.セパハン 前半

51Sq-EFemmL._SS500_.jpg


前半戦終了。1-0でレッズリード。永井選手はこういう時にいい仕事するなぁ。以前通っていたジムで本人を観たことがあるけど、なんか今風の若者って感じカッコよかったですがね。まあ相馬選手がほとんどお膳立てしたようなもんだけど。

選手は疲れもあまりないようだし、ポンテや田中達也、山田ら各主力選手が不在の中よくやってるよ。頑張って後半もいい試合をして欲しい。

クラブW杯って昔っから読売TVがやってたんだっけ?なんか解説とかがイラつくんだが。自分がサポーターだからかね。結局普段レッズの試合を放送していない放送局がやっても盛り上げれないよな。どちらかというとミランやらボカやらを応援したいんじゃないかなぁ。。。まあ、今日の試合に関してはレッズが勝ってくれた方が数字が取れるからいいんだろうけど^^。


テトたんがちょっと具合が悪そうだったので医者に連れていった。まあ、大丈夫だったんだけど。初めての冬なのでくしゃみとかが出るので暖かくしてあげてください、と。戻ってきて、試合をTVで見ながらカレーを作っとります。

王様はいらない

20070904120432_lumiere2.jpg

3時間睡眠生活もボチボチ慣れてきた。時間帯が後ろ側にシフトしたけど、まあいいでしょ。

リケルメの移籍でビジャレアルとボカが合意へ!

こんな記事が。来月にクラブワールドカップがあるボカはリケルメを獲得して、(順当ならば)ミランとあたる決勝に臨みたいだろうし。日本で試合を見る自分達にとってもリケルメがいた方が見がいがある。しかし代表であれだけ活躍しているリケルメがヴィジャでなんでそんなに干されているのか理由がわからん。ので、ちょっと調べてみたが大きな理由としてはチームの戦略とプレースタイルが合わないってのが原因、みたい。王様タイプだからな。

これは何が正解とかいう問題じゃない。その組織がどういう統治をとるのか、それだけ。ただ嫌いじゃないよ王様タイプは。圧倒的な実力が伴っていれば。
« Previous Page Next Page »

My Profile

SEAN

Author:SEAN
Do, or do not. There is no try

Unicalendar

bijin-tokei

Cumulative Counter


Audience Counter

現在の閲覧者数:

Recent Articles

QR Code

QRコード

SCSF Blog Search




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。